Staff BlogTokorozawa

volvo
所沢店

volvo(nakanouchi)

こんにちは、中之内隼です。
ライフスタジオではvolvo(ボルボ)と呼ばれています。

なぜボルボと言うのかはお会いした時にお話ししましょう。
あまり楽しくないかもしれませんが(汗)

転勤族です。
6年間の間に10店舗以上異動しています。

私がどこにいるかはこのブログのありかを探していただければわかります(笑)

ちなみに今は所沢店にいます。

写真と旅とサッカーが好きです。
写真はフォトグラファーなので当たり前ですが(笑)内容はポートレートでも風景でも撮ります。
今では人を撮る事に楽しさを感じていますが、写真を始めるきっかけになったのは風景写真でした。

23歳の時に一人旅で行った京都がきっかけでした。
紅葉が満開の嵐山を見て「これは記録に残すべきだ」と直感的に感じたのがはじまりです。
しかしその時は寒く、懐から出したデジカメが結露してしまい、一枚も撮る事なく壊れてしまいしばらく呆然と山を見ているしかなく焦ったのを未だに覚えています。
結露は1時間ぐらいで奇跡的に治り、写真を撮る事ができたので感動を収める事ができました。

もしその時デジカメが治らなかったら、私はここにはいなかったかもしれません。

関係あるかわかりませんが(笑)
だからこの仕事では一期一会で唯一無二の感動をいつでも見れる写真へと残す事にやりがいを感じています。

ライフスタジオの写真はスタッフがやりがいや生きがいを感じていなければ美しく残す事はできません。

だから私たちは自分自身の発展に重心を置き、本を読んだり、旅行に行ったり、自分たちも経営に参加したりしています。

私もフォトグラファーですが、写真と同じくらい時間ほかの事もしています笑

そんな私ですが、少し「写真」そのものの話を・・・。
持論ですが笑

写真とは、私は撮影者と被写体の人生のリンクポイントだと思っています。

他人である私たちが写真館という場所で出逢い写真を撮るという事は、その場だけの接点ではなく、お互いがそれぞれ生きてきた人生が一枚の写真に現れると思っています。

撮影者の人生がシャッターチャンスを作り、被写体の人生が写真に生命力を宿す。

だからこの仕事には「やりがい」があります。

こんな私ですが、撮影は全力がモットーです。
汗くさかったら言ってください(笑)

Butterfly〜H Family〜

2018/8/18

662 4

それは2012年の9月ごろでした。

「湘南プロジェクト」という仕事を請け負っていた私は、週に2日は越谷店、2日は湘南店という日々を過ごしていました。

ある日、湘南店にいた私のもとに一本の連絡が来ました。

 

 

「あるお客さんが私に埼玉方面で撮影欲しいと言っていたが、湘南店にいることなどからお断りをしました」

という事後報告的な連絡でした。

 

入社2年目、血気盛んだった!?私はまずこの対応に疑問を感じ、どのお客さんからの連絡だったのかを確認しました。

それが、Hファミリーでした。

 

私がHファミリーと出会ったのは2011年の10月。恵比寿店で1歳記念のときでした。

私はまだ入社して3ヶ月ぐらいで、とにかくがむしゃらにやっていた時期。

その時の事をHファミリーは覚えていてくれたんだと嬉しくなったと同時に、なぜ指名を断ったのかさらに疑問を感じながら

どのような過程で今回の指名に至ったのかを確認してみたら、さらに驚きの内容でした。

 

なんと、すでに2歳記念の撮影が2週間ほど前に終わっていたのです。

 

流れを整理すると、Hファミリーは2歳記念でも撮影をしにライフスタジオに来てくれていたのだが

残念ながらその時の撮影にご満足していただくことができず、もう一度私との撮影を望み

私がホームページ上所属していた越谷店での再撮影を希望しての連絡だったのです。

それを知って私はなおさら指名を断った事を疑問視しました。

 

その時、そのまま終わる事も出来ましたが、瞬間的になんだか

「このまま終わってはいけない」気がしました。

 

入社2年目、血気盛んだった!?私は、すぐに自分からママさんに電話をし

今回の顛末をトータルで謝罪をし、もしまだ間に合うのであれば撮影をさせて欲しい

と伝えました。ママさんは快諾してくださり、越谷店で再撮影をしました。

 

その際に、ママさんの心うちを聞かせてもらいました。

再撮影が叶わなかった時、正直「もういいや」と諦めの気持ちが強かったとママさんはおっしゃったのを未だに覚えています。

 

Hファミリーは3人ともとても穏やかで、心優しいご家族です。

一緒に撮影をしているととても優しい気持ちになります。

そんなママさんですから、こちらに電話をして思いを話してくださるだけでも大変な事なのに、

「2歳は難しいよ」という話がママ友の間でもされていたり、再撮影ができることになっても

ボルボが来れる、これないといったやりとりがされ、最終的には来れないとなれば

「もういいや」となるのも当たり前の感情でした。

 

 

私はその時の顧客情報にこのように書いていました。(当時は随分熱い男w)

 

『そんな残念な気持ちのまま2歳という「今」が終わってしまうのは申し訳ないので、再撮影をプッシュしました。』

 

 

もしあの時、一本の電話をしていなかったら、恵比寿店で会ったきり、私とHファミリーは二度と会わなかったかもしれません。

もしあの時、一本の電話をしていなかったら、彼女は二度とライフスタジオには来なかったかもしれません。

 

 

それ以来、毎年、誕生日の近い時に撮影をさせていただいています。

七五三を撮り、入学を撮り・・・あっという間に8歳です。

時にママさんとカメラの設定の話をしたり、パパさんとベイスターズの話をしたり・・・。

 

あれから7年が経とうとしています。

こんな風に当たり前のように毎年会う事ができるのは、ママさんが勇気を出して声を出してくれたからです。

 

ママさんの勇気が、私に【店員としてではなく、人としての判断をさせてくれた】ライフスタジオ人生の中で転機になった瞬間でした。

約束通り、二十歳まで撮影しましょうね。

 

 

 

 

 

 

この記事をシェアする