Staff BlogTokorozawa

Satsuki Kudo
所沢店

工藤 さつき

こんにちは!
工藤さつきです。
2018年で7年目を迎えまして、ベテランを通り越してお局になってしまいました(笑)。

出身は神奈川県横浜市。
海が近く、港があり、何より坂の多い街です。
良いお店たくさん知っています。

好きなものは、様々で読書・映画・野球・猫・パンクロック好きです。

読書は、文学系・時代物・哲学書などが好きです。
好きな作家は和田竜さんです。
歴女なもので、時代物大好きなのです。
また、哲学だとハンナ・アーレントが好きです。
かっこいいですよね、彼女。
生きざまも尊敬しています。

映画はメジャーも好きですがミニシアター系が好きで、横浜だとジャック&ベティ、都内だとuplinkに出没したりします。
お気に入りの映画は、「seven years in tibet.」、「世界の果ての通学路」など。

野球は、毎年忙しくても観戦に行きます。
27年以上横浜ファンで大洋ホエールズ時代からのファンです。98年は、優勝パレードに行き感動で泣いていました。
今年は、横浜にいい逸材がたくさん入りましたね。
野球ファンのパパさん、語らいましょう(笑)。

猫は、写真集を出すくらい好きです。
台湾に行って猫を撮ったときは至福でしたね。
ゆくゆくは、イタリアやトルコへ行って猫を撮ってみたい。
猫カフェ一緒に行ってくれる方募集です。

パンクはマイナーなアイリッシュパンク系が好きです。
Flogging Mollyとか来日してくれないかなぁ。
知っている人います?

結構多趣味なので、こんな私に興味がある方、お話しましょう。

ライフスタジオでは主に写真を撮っていますが、私がカメラを始めたのは15年前。
学生の頃に、フィルムカメラを趣味で始めたのがきっかけです。
風景や猫、日常を切り取ることに夢中でしたが、いつしか「生きた写真」を撮りたいと思うようになりました。
その対象が「人」です。

その「人」を撮りたい、「人」に触れたいという思いから、ブライダル写真を経て、ここライフスタジオに来ました。

そんなこんなで最初の店舗は横浜店でした。
私は横浜店でライフスタジオの多くを学び、たくさんのご家族に触れ、人との繋がりの大切さを実感しました。

そうして、横浜店から横浜青葉店へ。
横浜青葉店では、写真をじっくり学び、ここで初めて哲学に触れることになります。

そのあと、数々のプロジェクトを通し、横浜のライフスタジオだけではなく、草加店・浦安店・越谷店と、地域にかかわらずライフスタジオはライフスタジオだということを経験してきました。

そんな経験を通し、スタジオや環境でスタイルが変わることなく、「私」は「私」としてここにいます。

ライフスタジオは「人」が「人」として存在し、「人」として生きる場所。
そんな当たり前のことすら、この社会で生きているとできなくなりますよね。
ここではそんな「当たり前」を写真を通じて感じてもらいたいと思います。
偉そうなことをいいましたが、ただ私がここにいる理由は、私と出会った人たちの温かみを感じたいと思っているからかもしれません。
寂しがり屋なもので…(笑)。

そのとき、その瞬間でしか、出会えないOnly Oneの時間を、一緒に過ごしましょう。

今は所沢店で、皆様との出会いをお待ちしております^^

Cinderella Project: For Junior…

2018/6/29

265 0

Cinderella Project: For Junior…

 

6月は、シンデレラプロジェクトの撮影を2件ほどしました。

シンデレラプロジェクト…。何だか知っていますか?

知らない方は社長のブログとボルボさんのブログを読んでもらえればわかると思いますのでそちらをご熟読ください。

 

私が解釈しているシンデレラプロジェクトの核心とは、「日本の写真文化を変える」ことだと考えています。

 

10年前は珍しかったハウス型写真館も、今や溢れかえるほどの数がオープンしている。写真館とはストロボがあって、背景紙の前で、三脚を使って、写真を撮ることがかつてのスタンダードだったことを思い返してみると、ライフスタジオは日本の写真文化を少し変えたかもしれません。写真も現像された紙の状態ではなく、データCDで渡すようになったし、データだから枚数も75カット渡すことができます。価格も二面台紙の写真で20,000円だったことを考えたら75カット28,000円は破格と言えます。私の子供時代では、写真館へ行った記憶があるのは2回ほど。しかし、今では年に1回は通ってくれるご家庭がほとんどです。

 

こういったよい文化がスタンダードになれば、市場は賑わい他の写真館も同じような形態を取ることは当然だと言えます。同じような形式の写真館が増えれば増えるほど、顧客は写真館に通いやすくなります。

 

しかし現状は、同じような写真館が溢れかえっていて、こういった内容の写真館は珍しくないように思います。もちろん、ライフスタジオの強みはいまだ健在だと思っています。スタッフ一人ひとりが考え、人と接し、その人とともに関係を築き上げることを目的としている写真館はそうそうないでしょう。でも、新規の顧客から見れば写真館のパッケージは同じように見え、どうしても内容よりも価格の安いほう・コスパの良いほうを選んでしまう。

 

哲学にもあるように、物事の発展には変化が必要です。正しくは、目的から今の現状を考慮した変化ですが…。

 

 

シンデレラプロジェクトが撮影する内容は、まだそんなに写真館業界では見たことのないように思います。かつ、撮影者も必然的に能力の変化を求められるのでレベルの向上を余儀なくされます。

 

私が考えるシンデレラプロジェクトの核心は先ほども述べたように「日本の写真文化を変える」ことですが、それは今の時代に合うような形式であるべきです。それが10代を中心とした撮影です。

 

ライフスタジオの顧客は、開業以来のファンの方で10年通ってくださる方もいて、お子様も10代の方が増えてきました。10代のお子様の撮影となると重要なのは、親御さんの希望よりも本人の意志が大きくなってきています。そういう傾向から、10代になると恥ずかしくなって嫌がって写真館から遠のいていってしまう現状があります。

 

そういったお子様の現状から、また写真を撮ってもらいたいと思ってもらうには、10代の世代からも撮られたいと思われる写真を撮ることです。それは、「見られたいけど、見られたくない」という10代の揺れ動く心に絶妙にアプローチすることになります。そこに必要なのは、いつもキッズと接しているコミュニケーションよりも、さらにしっかりと人の心をつかむ力だと思っています。

 

 

今の10代はInstagramやTik Tokなど気軽に簡単に写真や動画を上げられるSNSが盛んです。それは一種の自己表現であり、意志表示でもあります。多くは私生活や自分の姿を上げる人が多く、そこに現れている欲求は「自分の中にある自分のイメージを伝えること」だと思います。10代は複雑です。自分の姿を誰かに見られて反応が欲しい。だけど、その姿は自分が好きな自分の姿じゃなきゃ嫌だ。願望と現実のはざまの中で揺れ動く10代は、まるで自分の主観と客観を一致させるために動いているように思うのです。

 

だったら、ライフスタジオで実際に人と一緒にその願いを叶えていけばいいと考えました。自意識を超える美しさを本人に伝えること。これが「another me fron LIFE STUDIO(もう一人の私)」です。ライフスタジオのカメラマンが撮影をして、専用のインスタグラムアカウントに写真を上げていきます。もちろん万単位の相当数のフォロワーがいないと影響力はありませんが、まずはサンプル撮影をしています。

 

10代の心とつながることを挑戦すること。これが新しい価値につながると信じています。

 

 

実際に6月は2組を撮影しました。

シンデレラプロジェクト:ジュニア部門の詳しい方法は、行動をしながら形にしていく段階です。

この記事をシェアする