Staff BlogTokorozawa

Rempei
所沢店

鎌田 廉平

こんにちは!鎌田 れんぺいです。
日本の北は、北海道出身の道産子です!

好きなものは、バイク、車、お笑い などで、スポーツなどは全般、かなり苦手です。。。(見るのは好き。)
ですが、スキー、スケートだけは小さい頃からやっていて、初心者の前を ドヤ 顔で滑れるくらいには 得意です(笑)

そして、北海道出身の人間は自分たちが標準語でしゃべっていると思っていて、どれが北海道弁でどれが標準語なのか把握していません。
なので、もし方言が出た際には、すかさず スパンッと ツッコんでください! 

皆様にお会いできるのを、楽しみにしております!

空間をまるごと切り取る

2020/6/30

260 2

Tokorozawa Photo
Photo: Volvo
Coordinate: Yoko Moriya & Rempei Kamata

 

 

「空間をまるごと切り取る」

 

 

この写真を見てあらためてその言葉を身に沁みて感じます。

彼は、三兄妹の長男で撮影前も兄妹の面倒をみてくれたりと

長男というのがすっかり板についているかなり落ち着いた少年でした。

 

三兄妹の写真の際には、妹ちゃんと協力して弟君に声がけしてくれ兄妹をまとめ上げてくれていました。

そんなしっかり者の彼ですが、いざ自分のみの撮影となった時は、撮影前に「緊張してきた」と声をもらしていました。

 

そして、撮影場所のガレージに着き、「まず、そこの壁によしかかってみて!」

というと、体をくねらせながらも腕を組みポージングを取ってくれました。

そこには、恥ずかしがりながらもちゃんと私たちのお願いに答えてくれる優しくしっかり者の彼がいました。

 

次のお願いで、そのまま帽子の鍔を持ってもらいました。

すると、雰囲気がガラリと変わり、

あどけなく優しい姿と、兄としてのしっかり者のかっこいい彼の姿がありました。

 

そして、この写真の明暗のグラデーションも相まって彼のかっこいい雰囲気とあどけない優しい雰囲気が混じり合った、

今この時にしか作れない空間が切り取られた写真となりました。

 

空間をまるごと切り取る写真というのは、時が経ち見返した時に、

その時の撮影の雰囲気や想い、情景そして 匂い までが思い出せるような写真だと私は思います。

私はこの写真を見返した時にその時の情景はもちろんのこと、この時のガレージの錆びた鉄や古い看板の木の匂いまで伝わってくるような感じがしました。

 

彼と彼の大切な家族が、成長し大きくなりこの写真を見返した時、同じように想い出してくれたなら、この上なく嬉しいですね。

 

そしてまた、そんな成長した姿の彼らにお会いしたいです。

この記事をシェアする