Staff BlogTokorozawa

volvo
所沢店

volvo(nakanouchi)

こんにちは、中之内隼です。
ライフスタジオではvolvo(ボルボ)と呼ばれています。

なぜボルボと言うのかはお会いした時にお話ししましょう。
あまり楽しくないかもしれませんが(汗)

転勤族です。
6年間の間に10店舗以上異動しています。

私がどこにいるかはこのブログのありかを探していただければわかります(笑)

ちなみに今は所沢店にいます。

写真と旅とサッカーが好きです。
写真はフォトグラファーなので当たり前ですが(笑)内容はポートレートでも風景でも撮ります。
今では人を撮る事に楽しさを感じていますが、写真を始めるきっかけになったのは風景写真でした。

23歳の時に一人旅で行った京都がきっかけでした。
紅葉が満開の嵐山を見て「これは記録に残すべきだ」と直感的に感じたのがはじまりです。
しかしその時は寒く、懐から出したデジカメが結露してしまい、一枚も撮る事なく壊れてしまいしばらく呆然と山を見ているしかなく焦ったのを未だに覚えています。
結露は1時間ぐらいで奇跡的に治り、写真を撮る事ができたので感動を収める事ができました。

もしその時デジカメが治らなかったら、私はここにはいなかったかもしれません。

関係あるかわかりませんが(笑)
だからこの仕事では一期一会で唯一無二の感動をいつでも見れる写真へと残す事にやりがいを感じています。

ライフスタジオの写真はスタッフがやりがいや生きがいを感じていなければ美しく残す事はできません。

だから私たちは自分自身の発展に重心を置き、本を読んだり、旅行に行ったり、自分たちも経営に参加したりしています。

私もフォトグラファーですが、写真と同じくらい時間ほかの事もしています笑

そんな私ですが、少し「写真」そのものの話を・・・。
持論ですが笑

写真とは、私は撮影者と被写体の人生のリンクポイントだと思っています。

他人である私たちが写真館という場所で出逢い写真を撮るという事は、その場だけの接点ではなく、お互いがそれぞれ生きてきた人生が一枚の写真に現れると思っています。

撮影者の人生がシャッターチャンスを作り、被写体の人生が写真に生命力を宿す。

だからこの仕事には「やりがい」があります。

こんな私ですが、撮影は全力がモットーです。
汗くさかったら言ってください(笑)

私達は、ライフスタジオだッ!

2019/12/27

264 3

 

関係性とは、生きる目的である

そう教えてくれたのは、ライフスタジオ 

 

ライフスタジオは

 

とにかく人に無関心だった私に

人と関係を作らずに人生を生きることなどできない事を教えてくれた

 

とにかく人と関わりたくなかった私に

関係性こそが良い写真を撮るための条件であると教えてくれた

 

ただ、写真がやりたくて入ってきた私に

写真はツールであって、目的ではない事を教えてくれた

 

自分が、自分の人生を豊かに生きたいのなら

もっと自由に生きたいのなら

人と関わらない事だと思っていた私に

 

本当の自由は

人と人の間にある事を教えてくれた

 

苦しい事が不自由じゃない

本当に不自由なのは、何も知らない事

知らないうちに死んでいく事

自分が不自由とすら感じない事

 

自由とは、苦しみから逃れる事じゃない

自分勝手にやる事でもない

 

自由とは、良い事も悪い事もひっくるめて

自分を自分のものにする事

自分が生きるこの社会の中で

 

ボタンのかけ違いは

最初はほんのちょっとした出来事

いつの間にかずれたところから入ってきた隙間風が、私達に腹痛を起こした

 

痛い事にも全然気づかなかった

気づいた時には

病院に行かないといけなくなっていた

 

私はライフスタジオから学んだ事を活かせているだろうか?後輩に伝えられているだろうか?

 

 

ライフスタジオが大切にしている事

 

人と人の関係

 

聞き飽きてるかもしれないけれど

喜びも悲しみも、充実も後悔も、楽しさも悩みも、これらが感じる事ができるのは、人とどんな関係性を作ってるかどうかだって事

感情は人と関わって初めて現れるもの

ライフスタジオが存在する理由

 

それは、写真というツールを利用して、日本中の人と繋がる事

お客さんも、仲間も、区別なく

 

まだ、できるはず

まだ、失っていないはず

 

だってこの会社にはこんなに素晴らしい仲間が沢山いるのだから

 

 

この記事をシェアする