Staff BlogTokorozawa

volvo
所沢店

volvo(nakanouchi)

こんにちは、中之内隼です。
ライフスタジオではvolvo(ボルボ)と呼ばれています。

なぜボルボと言うのかはお会いした時にお話ししましょう。
あまり楽しくないかもしれませんが(汗)

転勤族です。
6年間の間に10店舗以上異動しています。

私がどこにいるかはこのブログのありかを探していただければわかります(笑)

ちなみに今は所沢店にいます。

写真と旅とサッカーが好きです。
写真はフォトグラファーなので当たり前ですが(笑)内容はポートレートでも風景でも撮ります。
今では人を撮る事に楽しさを感じていますが、写真を始めるきっかけになったのは風景写真でした。

23歳の時に一人旅で行った京都がきっかけでした。
紅葉が満開の嵐山を見て「これは記録に残すべきだ」と直感的に感じたのがはじまりです。
しかしその時は寒く、懐から出したデジカメが結露してしまい、一枚も撮る事なく壊れてしまいしばらく呆然と山を見ているしかなく焦ったのを未だに覚えています。
結露は1時間ぐらいで奇跡的に治り、写真を撮る事ができたので感動を収める事ができました。

もしその時デジカメが治らなかったら、私はここにはいなかったかもしれません。

関係あるかわかりませんが(笑)
だからこの仕事では一期一会で唯一無二の感動をいつでも見れる写真へと残す事にやりがいを感じています。

ライフスタジオの写真はスタッフがやりがいや生きがいを感じていなければ美しく残す事はできません。

だから私たちは自分自身の発展に重心を置き、本を読んだり、旅行に行ったり、自分たちも経営に参加したりしています。

私もフォトグラファーですが、写真と同じくらい時間ほかの事もしています笑

そんな私ですが、少し「写真」そのものの話を・・・。
持論ですが笑

写真とは、私は撮影者と被写体の人生のリンクポイントだと思っています。

他人である私たちが写真館という場所で出逢い写真を撮るという事は、その場だけの接点ではなく、お互いがそれぞれ生きてきた人生が一枚の写真に現れると思っています。

撮影者の人生がシャッターチャンスを作り、被写体の人生が写真に生命力を宿す。

だからこの仕事には「やりがい」があります。

こんな私ですが、撮影は全力がモットーです。
汗くさかったら言ってください(笑)

最近の娘と息子

2019/10/27

474 2

息子が歩くようになりました


 

1歳2ヶ月がたち、ようやく歩くようになってきました。

歩き始めたら歩き始めたで抱っこが嫌になり、逆にめんどくさくなってきました。

 

娘のお遊戯会


 

娘が一生懸命発表している姿を見るのは、何回見ても泣けるものです。

保育園で見れるこうしsた姿もあと数える程。時間が経つのは早いものです。

 

娘、映画館デビュー


初めて子供映画館に行ってきました。

見たのはもちろん「スタートゥインクルプリキュア」

公開2ヶ月前からチケットを用意し、公開初日だったので事前に席をしっかり確保し

どこで買ったら特典がたくさんつくかなど色々調べまして購入し・・・。

 

周りを見たら保護者は100%ママでした。

当の本人は映画よりポップコーンに夢中でしたが、

初めての映画館、楽しんでもらえたでしょうかね。

 

ガールスカウトに仮・参加


最近よく参加させてもらってるガールスカウト。

ボーイスカウトの女子版かと思いきや、専用カリキュラムなどもあって

結構本格的。もちろん目的は自立。

まだ仮参加ですが、今回はある保育園のバザーでの売り子

お手伝い。最初は緊張して後ろの方にいたくせに、いつのまにか「一個だといくらで、2個だといくらで〜」とか言い出して。典型的な調子乗りタイプです。

小学生になれば、キャンプに参加したりいろいろあるみたいで、塾とかに通うよりいいのかなと個人的には思ってます。

 

子供の自立を見届けながら、自分も自立しないとなと思った今日この頃です。

この記事をシェアする