Staff BlogTokorozawa

volvo
所沢店

volvo(nakanouchi)

こんにちは、中之内隼です。
ライフスタジオではvolvo(ボルボ)と呼ばれています。

なぜボルボと言うのかはお会いした時にお話ししましょう。
あまり楽しくないかもしれませんが(汗)

転勤族です。
6年間の間に10店舗以上異動しています。

私がどこにいるかはこのブログのありかを探していただければわかります(笑)

ちなみに今は所沢店にいます。

写真と旅とサッカーが好きです。
写真はフォトグラファーなので当たり前ですが(笑)内容はポートレートでも風景でも撮ります。
今では人を撮る事に楽しさを感じていますが、写真を始めるきっかけになったのは風景写真でした。

23歳の時に一人旅で行った京都がきっかけでした。
紅葉が満開の嵐山を見て「これは記録に残すべきだ」と直感的に感じたのがはじまりです。
しかしその時は寒く、懐から出したデジカメが結露してしまい、一枚も撮る事なく壊れてしまいしばらく呆然と山を見ているしかなく焦ったのを未だに覚えています。
結露は1時間ぐらいで奇跡的に治り、写真を撮る事ができたので感動を収める事ができました。

もしその時デジカメが治らなかったら、私はここにはいなかったかもしれません。

関係あるかわかりませんが(笑)
だからこの仕事では一期一会で唯一無二の感動をいつでも見れる写真へと残す事にやりがいを感じています。

ライフスタジオの写真はスタッフがやりがいや生きがいを感じていなければ美しく残す事はできません。

だから私たちは自分自身の発展に重心を置き、本を読んだり、旅行に行ったり、自分たちも経営に参加したりしています。

私もフォトグラファーですが、写真と同じくらい時間ほかの事もしています笑

そんな私ですが、少し「写真」そのものの話を・・・。
持論ですが笑

写真とは、私は撮影者と被写体の人生のリンクポイントだと思っています。

他人である私たちが写真館という場所で出逢い写真を撮るという事は、その場だけの接点ではなく、お互いがそれぞれ生きてきた人生が一枚の写真に現れると思っています。

撮影者の人生がシャッターチャンスを作り、被写体の人生が写真に生命力を宿す。

だからこの仕事には「やりがい」があります。

こんな私ですが、撮影は全力がモットーです。
汗くさかったら言ってください(笑)

Butterfly〜Nファミリー〜

2019/9/12

188 0

【逆に、私の成長を見てくれてる人】

 

Nファミリーがスタジオに撮影に来てくれるのは、昨年で8回目になりました(75cでの撮影も含めて)

今年の秋にも来てくれますので、9回目になります。

その全ての撮影で、私はカメラマンを担当させていただいております。

 

全ての撮影のカメラマンがボルボということ、それがどういう意味になるのかというと、

Nファミリーはこれだけライフスタジオに来てくれていながら、私の撮影、私の写真しか味わったことがないということです。

それ自体はとてもありがたいことでもありますし、常に思い出作りに携われているのは嬉しいことです。

 

しかし、毎年撮影に入るたびにどうしてもひとつの思いがよぎってしまいます。

また今年も私でいいのだろうか?という思いです。

私は変な人間なので、自分ならできるという自信もありがながら、同時にもしかしたら違うカメラマンが入ったらもっと大きな感動が生まれるんじゃないかと

いう臆病さも出てきてしまいます。

私だけがずっと入り続けることで、Nファミリーにとってライフスタジオの全てを味わうことができていないんじゃないか?とか・・・。

 

最初にライフスタジオに来てくれたのは2011年8月恵比寿店。

一番上のお姉ちゃんが1歳記念できてくれた時でした。

 

私がライフスタジオに入社したのが2011年7月。

入社して1ヶ月足らずでカメラマンを担当させていただくことになり、今と比べれば

いろんな面で力不足だった私にとっては、正直毎日が緊張との勝負でした。

 

今でもその時のことを覚えています。

Mちゃんは人見知りの赤ちゃんでした。

 

私が近寄ることもままならなかったため、撮影時、きっとママさんは心配されたと思います。

力の足りない私は、Nファミリーに喜んで帰ってもらいたい一心で、とにかく汗をかいて最善を尽くそうと

した記憶があります。

 

そこから約1年後。

恵比寿店が独立し「75C」となってから、またママさんから予約がありました。

「マタニティを撮って欲しい」という内容でした。

 

このご予約は2つの意味で嬉しかったのを覚えています。

ひとつは「前回の撮影を喜んでいただけていたんだ」という感情と

もうひとつは「ライフスタジオから独立したのに、75cに来てくれた」という感情でした。

 

マタニティをとりにきてくれた際にこちらから先にお礼をいいました「また来てくれてありがとうございます」と。

そしたらママさんはこう仰いました「人見知りで大変だったけど、みんなで頑張って、最後に笑顔が撮れたのが感動した」と。

「最後にいちごのおもちゃを持ちながら両手をあげて笑っている子供の姿が本当に印象的だった」そうです。

 

その人見知りだったMちゃんがお姉さんになり、弟が生まれました。

その頃は私自身も異動となりまたライフスタジオに戻っていましたが、それに合わせてまた

ライフスタジオに予約をとってくださいました。

その後も、私が異動になるたびに店舗をかえてくださり。

 

とにかくがんばるしかない時代。私はNファミリーからこれを教えてもらいました。

 

「撮影で感動を生むためには、どれだけ子供が笑ったかではなくどれだけ自分が汗をかいたかだ」

 

パパさんは撮影にいらっしゃることはあまり多くはありません。

どうやら写真が苦手なようです。

でもお会いするたびに思うのは、メンズたちはパパさんにそっくりということです(笑)

 

ママさんはなんと5姉妹。

紹介していただき、いとこさんのご家族ももう3回撮影させていただいております。

いつも一緒に見学に来てくださるママさんの別のお姉さんのソロ写真を撮影することもありました。

 

そのお姉さんもエピソードが色々あります。

浦安店で撮影の時、横浜からいらっしゃるので前日にディズニーランドに泊まってきたという

お姉さんとNファミリー。

夜はホテルでしこたま飲んだということで、次の日撮影にいらした時にはおもいっきり二日酔い。。

恒例のソロ写真を予定していたお姉さんは子供たちの撮影終了を待たずして帰られました(笑)

 

でも、お姉さんがソロ撮影するのを見ていたママさんも「自分も撮ろうかな」といって撮り始め

それ以来ママソロ写真は毎年恒例となっています。

 

3姉弟そろっての七五三撮影の時、私は完全にカメラを構えた親戚のおじさんのように

「あの人見知りのMちゃんが・・・」とファインダーの中でこっそり感動していました。

 

昨年、所沢まで来てくれた時に「わざわざ横浜から来てくれてありがとうございます」と

言ったらママからはこう返事をもらいました

 

「子供たちはライフスタジオに行くというより、ボルボさんの家に遊びに行くと思っているから」と。

 

その言葉を聞いた時、私の不安は吹き飛び8年間の関係性が「これでよかったんだ」と思うことができました。

結婚式まで写真を撮るという約束は絶対守りますよ!

この記事をシェアする