Staff BlogTokorozawa

volvo
所沢店

volvo(nakanouchi)

こんにちは、中之内隼です。
ライフスタジオではvolvo(ボルボ)と呼ばれています。

なぜボルボと言うのかはお会いした時にお話ししましょう。
あまり楽しくないかもしれませんが(汗)

転勤族です。
6年間の間に10店舗以上異動しています。

私がどこにいるかはこのブログのありかを探していただければわかります(笑)

ちなみに今は所沢店にいます。

写真と旅とサッカーが好きです。
写真はフォトグラファーなので当たり前ですが(笑)内容はポートレートでも風景でも撮ります。
今では人を撮る事に楽しさを感じていますが、写真を始めるきっかけになったのは風景写真でした。

23歳の時に一人旅で行った京都がきっかけでした。
紅葉が満開の嵐山を見て「これは記録に残すべきだ」と直感的に感じたのがはじまりです。
しかしその時は寒く、懐から出したデジカメが結露してしまい、一枚も撮る事なく壊れてしまいしばらく呆然と山を見ているしかなく焦ったのを未だに覚えています。
結露は1時間ぐらいで奇跡的に治り、写真を撮る事ができたので感動を収める事ができました。

もしその時デジカメが治らなかったら、私はここにはいなかったかもしれません。

関係あるかわかりませんが(笑)
だからこの仕事では一期一会で唯一無二の感動をいつでも見れる写真へと残す事にやりがいを感じています。

ライフスタジオの写真はスタッフがやりがいや生きがいを感じていなければ美しく残す事はできません。

だから私たちは自分自身の発展に重心を置き、本を読んだり、旅行に行ったり、自分たちも経営に参加したりしています。

私もフォトグラファーですが、写真と同じくらい時間ほかの事もしています笑

そんな私ですが、少し「写真」そのものの話を・・・。
持論ですが笑

写真とは、私は撮影者と被写体の人生のリンクポイントだと思っています。

他人である私たちが写真館という場所で出逢い写真を撮るという事は、その場だけの接点ではなく、お互いがそれぞれ生きてきた人生が一枚の写真に現れると思っています。

撮影者の人生がシャッターチャンスを作り、被写体の人生が写真に生命力を宿す。

だからこの仕事には「やりがい」があります。

こんな私ですが、撮影は全力がモットーです。
汗くさかったら言ってください(笑)

求心力

2019/6/15

167 0

Lifestudio TOKOROZAWA

 

photo:volvo

codi:kudo

 

 

誕生日を祝うという行為は、その人が生まれた事によって出来た人の輪の集合であり、それはその人が

生まれた瞬間に発生した、その人を中心とした新たな関係性が生まれる事である。

 

バタフライエフェクトという言葉がある。

蝶の羽ばたきが回り回って何の関係もなさそうな大船を動かすということわざだが、私はこの言葉がとても好きで、教訓として信じている言葉でもある。

 

彼は、3年前に生まれた。

私はそんな事は知る由もない。

その頃私は草加店や越谷店をいったりきたりしていたころだろうか・・・。

 

知らないはずの彼の誕生がある事で、私たちは新しい取り組みを始める。

BPP(バースデーパーティープロモーション)だ。

 

もちろん彼だけにやっているわけではないが、結局は一人ひとりの為にやっていることだ。

私たちは試行錯誤した。「どうすればもっと誕生日を楽しくお祝いできて、喜んでもらえるだろうか」

最初はブース作りから始まった。

 

SNSなどで見ていると、家でも簡単にブースが作れる時代になっていて、上手な人はスタジオより

綺麗なのでは?とおもうほどかわいくて楽しい。

 

しかし、ブースで撮影している私たちは次第に違和感を感じ始めた。

そのきっかけは「私たちはなぜ75枚を渡しているのか?」という根本的な問いだ。

 

ブースで決めたカットが撮影できるのはどんなに頑張っても5枚だ。

それ以上は撮ったとしても質が維持できない。

 

なによりブースで撮る事が「らしくない」のだ。

らしくないには二つの意味がある。

ひとつは「彼らしくない」。定位置に座っていてもらわないと撮れないので、被写体は

必ずその位置にいることになる。

 

もうひとつは「私たちらしくない」。

人と人が動きながら噛み合い撮影していくのが私たちのやり方であるならば、壁に背中をつけた被写体

を毎回同じように撮る行為には限界があるのだ。

 

しかし、実際には「ハッピーバースデー」とか書いてないとお祝いをしている感じがしない・・・

ライフスタジオらしく誕生日をお祝いするには、どうすればいい写真にそれが表現されるだろうか?

 

それは、面から空間へと思考の転換をする事だった。

せいぜい横幅2メートル程度の壁を使用したブースのみを誕生日とするのではなく

そのインテリアのどこにいても、統一感をもって誕生日らしさがわかる空間にする事。

 

そして一番大切なのは、被写体である彼の表情から「お祝いされているんだ」という気持ちが見える事。

それには「私たちは君の誕生日を心からお祝いしているよ」という空間作りが必要であり、それは形式的ではなく

人と人が意思疎通される事であると考えます。

 

人と人の間に新しい活動が生まれ、いつしかあなたをとりまくすべてのことが動き、変わり、確定し、過去になっていく。

私はライフスタジオの写真を撮影者と被写体の人生のクロスポイントと考えていますが、

自分が作ったと思っていたクロスポイントが、元を辿ればあなたがこの世に生まれたから私達は出会うことができたのだと

思いますし、このBPPを試行錯誤する過程は、彼の誕生日を祝うために生まれた過程であり、人が誕生するという事が

私たち写真館の人間にとってのバタフライエフェクトであると確認させてもらえました。

この記事をシェアする