Staff BlogTokorozawa

volvo
所沢店

volvo(nakanouchi)

こんにちは、中之内隼です。
ライフスタジオではvolvo(ボルボ)と呼ばれています。

なぜボルボと言うのかはお会いした時にお話ししましょう。
あまり楽しくないかもしれませんが(汗)

転勤族です。
6年間の間に10店舗以上異動しています。

私がどこにいるかはこのブログのありかを探していただければわかります(笑)

ちなみに今は所沢店にいます。

写真と旅とサッカーが好きです。
写真はフォトグラファーなので当たり前ですが(笑)内容はポートレートでも風景でも撮ります。
今では人を撮る事に楽しさを感じていますが、写真を始めるきっかけになったのは風景写真でした。

23歳の時に一人旅で行った京都がきっかけでした。
紅葉が満開の嵐山を見て「これは記録に残すべきだ」と直感的に感じたのがはじまりです。
しかしその時は寒く、懐から出したデジカメが結露してしまい、一枚も撮る事なく壊れてしまいしばらく呆然と山を見ているしかなく焦ったのを未だに覚えています。
結露は1時間ぐらいで奇跡的に治り、写真を撮る事ができたので感動を収める事ができました。

もしその時デジカメが治らなかったら、私はここにはいなかったかもしれません。

関係あるかわかりませんが(笑)
だからこの仕事では一期一会で唯一無二の感動をいつでも見れる写真へと残す事にやりがいを感じています。

ライフスタジオの写真はスタッフがやりがいや生きがいを感じていなければ美しく残す事はできません。

だから私たちは自分自身の発展に重心を置き、本を読んだり、旅行に行ったり、自分たちも経営に参加したりしています。

私もフォトグラファーですが、写真と同じくらい時間ほかの事もしています笑

そんな私ですが、少し「写真」そのものの話を・・・。
持論ですが笑

写真とは、私は撮影者と被写体の人生のリンクポイントだと思っています。

他人である私たちが写真館という場所で出逢い写真を撮るという事は、その場だけの接点ではなく、お互いがそれぞれ生きてきた人生が一枚の写真に現れると思っています。

撮影者の人生がシャッターチャンスを作り、被写体の人生が写真に生命力を宿す。

だからこの仕事には「やりがい」があります。

こんな私ですが、撮影は全力がモットーです。
汗くさかったら言ってください(笑)

<プロスピa>無課金ユーザーによるオールSランク純正オーダーの旅〜その2:リアタイ編〜

2019/1/24

1107 2

こんちには、無課金で純正オーダーを作っているボルボです。

今回は、純正というよりは無課金ユーザーがリアタイ(リアルタイム対戦)でどのように戦い

勝利をもぎ取ればいいかを私なりに考えてみましたので、ご紹介します。

前回の投稿はこちら<プロスピa>無課金ユーザーによるオールSランク純正オーダーの旅〜その1〜

 

ちなみに私は、リアタイをする時は純正オーダーではないです

なぜかと言うと、実は我が横浜DENAベイスターズの投手陣は・・・リアタイにすこぶる弱いのです。

その理由ものちに書こうと思いますが、まずは無課金ユーザーがどのようにしてリアタイで戦っていけばいいかを書いていきます。

 

1:スライダーとカットボールを持ってる投手を使え!!

コンピューターを相手にするのと、リアタイで人を相手にするのとでは、攻め方が異なります。

コンピューターの場合は緩急ゲージに気をつけながらできるだけ違う場所に投げていれば大体抑えられますが

人を相手にする場合は「実際の野球と同じくらい配球を作る」必要があります。

相手も特徴があるので必ず押さえられる配球というのはないですし、相手の心理を読みながら裏をかく必要があります。

それがやりやすいのが、スライダーとカットボール二つの球種を持った投手です。

 

こちらは昨年の新人王を獲得した東(あずま)投手です。彼は両方を持っています。

では、この二つを持っているとどうなるかというと、同じ方向に曲がりますが、曲げ幅が違うために相手は

混乱します。

このふたつを持っている投手は必ずしも一流投手だけではないので、自前の投手で戦える可能性も高くなります。

 

2:ツーシームは本物同様、捉えにくい

またまた東投手です笑

このゲームでのツーシームのぶれ方は、打者の直前で斜め下に曲がります。

ストレートと同じくらいのスピードで曲がるので対処が難しいです。

ストレートだと思って降ったらちょっとぶれて凡打・・・なんてことだらけです。

結論:スライダーカットとツーシームがあれば大体戦える

それでも上手い人は打ってくるので、あしからず・・・

 

3:アベレージヒッターより、パワーヒッターで一発必勝!

リアタイは基本2イニング制です。

2イニングということは、ヒットが出なければ6人で終わりです。

6人の中でホームランを打つというのは至難の技です。

しかし、私の体感上、ヒットを2本以上連打するのはもっと難しいです。

2イニングの中で残塁が起きるのは限りなく負けに近くなります。

それなら、5人凡打でも1人ホームランの方が勝率は高いです。

ちなみに私は9人中6人がパワーAですw

 

他にもリアタイで有効なテクニックがいろいろありますが、今回はこれくらいにしておきます笑

 

 

ちなみにtop画像は、最新イベントで手に入れた打点王「バレンティンさん」です。

 

 

 

↓↓↓そんな私とプロスピの話をしながら子供の撮影をしたい方はこちら笑↓↓↓

ライフスタジオ所沢店

〒3591145
埼玉県所沢市山口1267-1
TEL:0429292555
E-mail: tokorozawa@lifestudio.jp
営業時間:09:30~17:00
定休日:火,水

この記事をシェアする