Staff BlogTokorozawa

volvo
所沢店

volvo(nakanouchi)

こんにちは、中之内隼です。
ライフスタジオではvolvo(ボルボ)と呼ばれています。

なぜボルボと言うのかはお会いした時にお話ししましょう。
あまり楽しくないかもしれませんが(汗)

転勤族です。
6年間の間に10店舗以上異動しています。

私がどこにいるかはこのブログのありかを探していただければわかります(笑)

ちなみに今は所沢店にいます。

写真と旅とサッカーが好きです。
写真はフォトグラファーなので当たり前ですが(笑)内容はポートレートでも風景でも撮ります。
今では人を撮る事に楽しさを感じていますが、写真を始めるきっかけになったのは風景写真でした。

23歳の時に一人旅で行った京都がきっかけでした。
紅葉が満開の嵐山を見て「これは記録に残すべきだ」と直感的に感じたのがはじまりです。
しかしその時は寒く、懐から出したデジカメが結露してしまい、一枚も撮る事なく壊れてしまいしばらく呆然と山を見ているしかなく焦ったのを未だに覚えています。
結露は1時間ぐらいで奇跡的に治り、写真を撮る事ができたので感動を収める事ができました。

もしその時デジカメが治らなかったら、私はここにはいなかったかもしれません。

関係あるかわかりませんが(笑)
だからこの仕事では一期一会で唯一無二の感動をいつでも見れる写真へと残す事にやりがいを感じています。

ライフスタジオの写真はスタッフがやりがいや生きがいを感じていなければ美しく残す事はできません。

だから私たちは自分自身の発展に重心を置き、本を読んだり、旅行に行ったり、自分たちも経営に参加したりしています。

私もフォトグラファーですが、写真と同じくらい時間ほかの事もしています笑

そんな私ですが、少し「写真」そのものの話を・・・。
持論ですが笑

写真とは、私は撮影者と被写体の人生のリンクポイントだと思っています。

他人である私たちが写真館という場所で出逢い写真を撮るという事は、その場だけの接点ではなく、お互いがそれぞれ生きてきた人生が一枚の写真に現れると思っています。

撮影者の人生がシャッターチャンスを作り、被写体の人生が写真に生命力を宿す。

だからこの仕事には「やりがい」があります。

こんな私ですが、撮影は全力がモットーです。
汗くさかったら言ってください(笑)

『マルクス・ガブリエル 欲望の時代を哲学する』を見て

2019/1/14

269 3

 

最近注目されてる哲学者がいるらしい。

マルクス・ガブリエル。

哲学者でマルクスと言えば資本論でお馴染みのカールマルクスを誰もが思い浮かべるが、最近は違うらしい。

若干38歳。私と3つしか違わない。

 

たまたまNHKを付けたら特集されていたので試しに見ていたら面白くてつい見入ってしまった。

 

哲学とは1つ前の思想を否定する所から発し、新しい思想を生み出すことの連続です。

歴史を見てみると、哲学者が注目される時というのは大抵の場合時代が混沌としてる時が多い。

例えば、有名なカントが登場したのが18世紀後半、ちょうどフランス革命やアメリカ独立が起きた時だった。

 

では、これまでの歴史よりは幾らか平和な現代においてマルクスガブリエルが唱えたかったのは何か。

 

その1つが資本主義と民主主義の再考です。

我々現代人は生まれた時から資本主義のプールに浸かっていて、民主主義という泳ぎ方だけを知ります。

 

しかし、いくら民主主義という泳ぎ方を覚えようとも!資本主義というプールの中で上手に会得する事は難しく、大抵の人は間違った泳ぎ方をしてしまいます。浅いプールで背泳ぎしてるような感じでしょうか笑

 

私は彼の本も読んでないし、たかだか1時間ほどの番組を見ただけなので、彼の考えを充分に熟知してるわけではありませんが、マルクスガブリエルは、人のためにあったシステムがいつのまにか目的化し、人とシステムが逆転した姿が今の資本主義であるとして、もう一度倫理観を取り戻す事を唱えているように感じました。

 

その象徴的とも感じた1つの言葉が

『(現代の)多様性は無関心の裏返し』でした。

 

多様性を認めようと言われて久しいですが、その裏では無関心が生まれていると言います。

 

確かになと思いました。

昔こんなことがありました。

ある人が、自分の好きな音楽を私に勧めてきて、私は彼のイヤホンを借りて一曲聴いて「いいね、貸してくれる?」と伝えました。

その後、私も「私はこれが好きなんだ」と言ってイヤホンを渡そうとしたら「あーそれもいいよね、でも聞くのはいいや」と言われました。

 

…。

 

これは多様性自体認めてない例ですね笑

 

例がこれしか出てこなかったので質問に変えます。

 

皆さん、同じ職場にいる人とどのような関係性だったら気持ちよく働けますか?

 

何も問題の起きない職場でしょうか?

それとまよくケンカをする職場?

 

その答えによっては、あなたも

 

『(現代の)多様性は無関心の裏返し』

 

にハマってるかもしれませんよ。

 

 

さて、テレビ見ただけであんまり知ってる風ふかせるのもよくないので、彼の本を読んでみようと思います。

お付き合い頂ける方、募集します。

ムズソーだけどね!!

 

 

↓↓↓ご予約はこちら↓↓↓

ライフスタジオ所沢店

〒3591145
埼玉県所沢市山口1267-1
TEL:0429292555
E-mail: tokorozawa@lifestudio.jp
営業時間:09:30~17:00
定休日:火,水

この記事をシェアする