Staff BlogTokorozawa

volvo
所沢店

volvo(nakanouchi)

こんにちは、中之内隼です。
ライフスタジオではvolvo(ボルボ)と呼ばれています。

なぜボルボと言うのかはお会いした時にお話ししましょう。
あまり楽しくないかもしれませんが(汗)

転勤族です。
6年間の間に10店舗以上異動しています。

私がどこにいるかはこのブログのありかを探していただければわかります(笑)

ちなみに今は所沢店にいます。

写真と旅とサッカーが好きです。
写真はフォトグラファーなので当たり前ですが(笑)内容はポートレートでも風景でも撮ります。
今では人を撮る事に楽しさを感じていますが、写真を始めるきっかけになったのは風景写真でした。

23歳の時に一人旅で行った京都がきっかけでした。
紅葉が満開の嵐山を見て「これは記録に残すべきだ」と直感的に感じたのがはじまりです。
しかしその時は寒く、懐から出したデジカメが結露してしまい、一枚も撮る事なく壊れてしまいしばらく呆然と山を見ているしかなく焦ったのを未だに覚えています。
結露は1時間ぐらいで奇跡的に治り、写真を撮る事ができたので感動を収める事ができました。

もしその時デジカメが治らなかったら、私はここにはいなかったかもしれません。

関係あるかわかりませんが(笑)
だからこの仕事では一期一会で唯一無二の感動をいつでも見れる写真へと残す事にやりがいを感じています。

ライフスタジオの写真はスタッフがやりがいや生きがいを感じていなければ美しく残す事はできません。

だから私たちは自分自身の発展に重心を置き、本を読んだり、旅行に行ったり、自分たちも経営に参加したりしています。

私もフォトグラファーですが、写真と同じくらい時間ほかの事もしています笑

そんな私ですが、少し「写真」そのものの話を・・・。
持論ですが笑

写真とは、私は撮影者と被写体の人生のリンクポイントだと思っています。

他人である私たちが写真館という場所で出逢い写真を撮るという事は、その場だけの接点ではなく、お互いがそれぞれ生きてきた人生が一枚の写真に現れると思っています。

撮影者の人生がシャッターチャンスを作り、被写体の人生が写真に生命力を宿す。

だからこの仕事には「やりがい」があります。

こんな私ですが、撮影は全力がモットーです。
汗くさかったら言ってください(笑)

【時事ネタ】IWCから脱退表明 商業捕鯨再開へ

2018/12/27

291 1

IWC=国際捕鯨委員会から脱退し、来年7月から商業捕鯨を再開すると言ったニュースがラインの速報で流れてきた。

 

正直この問題に関してはあんまり知識が無いけれど、日本人として知らないわけにはいかないのでちょっと調べてみた。

 

なぜ日本は捕鯨をするのか?

みなさん、クジラのお肉って食べますか?

もしくは、食べたいと思いますか?

私は食べたこともあまり無いし、食べたいとも思わないので、クジラ肉が取れないからと言って困ることはないんですよね。

正直周りで食べてる人もあまり見かけません。

では日本が捕鯨をしたい理由はなんなのでしょう?

ひとつは地域の伝統捕鯨の持続です。

昔からある地域では捕鯨が文化として根付いています。

しかし、それくらいです。

日本人のクジラの年間消費量は、たったの30グラムです。

何のために捕鯨するのでしょう?

 

なぜ反捕鯨国は捕鯨を反対するのか?

逆に、捕鯨を反対する立場の意見も考えてみます。

なぜクジラに限りこんなにも反対する人が多いのでしょう?

動物愛護団体の反対もありますが、それはいささか強引です。彼らの言い分は動物そのものの保護なので、クジラに限らず他の食肉になる動物も対象です。

絶滅危惧種という観点もあります。

クジラ全てが絶滅危惧種というわけではありませんが、シロナガスクジラなどは絶滅が危惧されてます。

それらを捕鯨するのは良くない!というのは一理あります。

 

論点はどこなのか?

私の意見ですが、結局はどちらにも利権が関わってると思っています。日本にとって食料にもならないクジラをとり続けなければならない理由は表向きは存在しません。

なのに、国際機関を脱退してまで捕鯨をするのだから、よっぽどの理由があるはずなのです。。

表には出ないけど、理由はある。。

伝統捕鯨をしている地域はどこで、どのは派閥なのか。。捕鯨を管理してる官僚は?ここから奥はここでかくのはやめておきます。。

 

反捕鯨国も同様です。

絶滅危惧種のクジラは、日本はとっていません。

むしろ数が増えてきてしまっているミンククジラなどをとっているので、動物保護の観点からは説明ができません。

それでも猛烈に反発するのは、観光資源としてクジラを利用しているからというのがあります。

オーストラリアなどはホエールウォッチングが観光の収入源です。

もしクジラが見れなくなったらよくないですよね。

 

他にも捕鯨をきてるノルウェーなんかは、実は捕鯨を黙認されてます。理由は、反捕鯨国のイギリスと貿易上繋がってるからです。

 

本来、捕鯨に関して話すならば種を守るという観点でなければならないのですが、どちらの立場も結局はお金の観点からみているような感じがしてしまいますね。

捕鯨を賛成も反対も微妙なラインですが、IWCの機能不全を見ると、脱退はまともなのかなと思います。

 

 

この記事をシェアする