Staff BlogTokorozawa

volvo
所沢店

volvo(nakanouchi)

こんにちは、中之内隼です。
ライフスタジオではvolvo(ボルボ)と呼ばれています。

なぜボルボと言うのかはお会いした時にお話ししましょう。
あまり楽しくないかもしれませんが(汗)

転勤族です。
6年間の間に10店舗以上異動しています。

私がどこにいるかはこのブログのありかを探していただければわかります(笑)

ちなみに今は所沢店にいます。

写真と旅とサッカーが好きです。
写真はフォトグラファーなので当たり前ですが(笑)内容はポートレートでも風景でも撮ります。
今では人を撮る事に楽しさを感じていますが、写真を始めるきっかけになったのは風景写真でした。

23歳の時に一人旅で行った京都がきっかけでした。
紅葉が満開の嵐山を見て「これは記録に残すべきだ」と直感的に感じたのがはじまりです。
しかしその時は寒く、懐から出したデジカメが結露してしまい、一枚も撮る事なく壊れてしまいしばらく呆然と山を見ているしかなく焦ったのを未だに覚えています。
結露は1時間ぐらいで奇跡的に治り、写真を撮る事ができたので感動を収める事ができました。

もしその時デジカメが治らなかったら、私はここにはいなかったかもしれません。

関係あるかわかりませんが(笑)
だからこの仕事では一期一会で唯一無二の感動をいつでも見れる写真へと残す事にやりがいを感じています。

ライフスタジオの写真はスタッフがやりがいや生きがいを感じていなければ美しく残す事はできません。

だから私たちは自分自身の発展に重心を置き、本を読んだり、旅行に行ったり、自分たちも経営に参加したりしています。

私もフォトグラファーですが、写真と同じくらい時間ほかの事もしています笑

そんな私ですが、少し「写真」そのものの話を・・・。
持論ですが笑

写真とは、私は撮影者と被写体の人生のリンクポイントだと思っています。

他人である私たちが写真館という場所で出逢い写真を撮るという事は、その場だけの接点ではなく、お互いがそれぞれ生きてきた人生が一枚の写真に現れると思っています。

撮影者の人生がシャッターチャンスを作り、被写体の人生が写真に生命力を宿す。

だからこの仕事には「やりがい」があります。

こんな私ですが、撮影は全力がモットーです。
汗くさかったら言ってください(笑)

写真分析~もらったもの~

2018/9/23

371 4

 

 

Photo by volvo

Codi by moriya 

 

一年に一回、ライフスタジオでの撮影を楽しみにしてくれているご家族に出会いました。

しかも今回は私に会いにわざわざ所沢店まで足を運んでくださいました。

 

どこからかって?なんと名古屋からです。

もちろんディズニーランドもついでに(向こうがついでね)という家族旅行の一環できてくれたのですが

ままさんは私の存在を知ってくれていて、撮って欲しいという事で所沢に来てくれたのでした。

 

実はその願いは数年前からあったそうで、実は名古屋店でも私をご指名?いただいていたそうなのですが

距離的な問題もあり実現しないでいました。

そんな過程があっての今回。という事でさすがにプレッシャーを感じました笑

 

でもとても優しく気さくなご家族で、お会いした瞬間にこちらの方が緊張が解かれていきました。

 

 

お会いした事の無い方からのご指名というのはたまに頂く事がありますが、私の場合その理由は

ブログなどで私の写真などをいていただいてというのがほとんどです。

あまり日常な事などを書く事が無く、写真ぐらいしかブログにあがっていないので当たり前かもしれません。

 

そんな時、何を求めて指名してくださるのかを考えます。

でも私のブログにはあまり子供が笑っている写真は載っていませんし、

ある一定の雰囲気の写真が並んでいるので、理由は大体同じ事が多いです。

 

だからそういう時は、気負わずにいつも通り撮影するようにしています。

ただ、いつもよりちょっとだけ形式的なものの羅列じゃなく、より自分を色濃くしようとだけ心がけて。

 

しかし、結局写るのは被写体である彼女です。

彼女と摩擦なく接する事が何よりも重要であり、ここまで書いたすべての事はそれができてから考えるべき事です。

 

彼女もライフスタジオに慣れています。概ね何も問題なく、撮影が進行されていきました。

彼女もライフスタジオに慣れています。次第に本性が現れ、彼女本来のおてんばさが披露され始めます。

 

7歳とはいえ彼女も女性。彼女が最も美しく見えるポイントへと導こうとしたいのですが

なかなか思うようにはいきません。それが子供ですから当然です。

あきらめてただ天真爛漫さだけを撮る事もできましたし、実際それでも十分すぎるほどに可愛かったと思います。

 

でもそれでは彼女を認める事はできても通じた事にはならないし、所沢へと来た意味を考えると妥協はできませんでした。

それを妥協ととるかは人それぞれだと思いますが、私の中では妥協でした。

 

「ひと一人操れないでどうやって心の通った写真を撮るのか?」

 

そう思い直し、レンズを望遠に付け直し、焦点距離を200mmまで伸ばします。

間にガラスを挟み、下を向くための言葉を必死に繰り返します。どっかに行ってしまわないように・・・。

 

口は大忙しに動かしますが、頭はもっと大忙しに働かせ、切り取り方とタイミングを考えます。

横写真にした理由は、彼女の顔にかかるようにしてガラスの反射で見える鉄格子と植物があるためです。

もしこの反射がある状態で縦写真でもっとアップの写真にしたとすると何が起きるか?

前ボケが煩わしくなると思います。

そして、なんで鉄格子が写っているのかの状況説明ができないため違和感が生まれます。

右半分にはほとんど何も写っていませんが、窓の存在が認識できる事と、緑ものがボケて写っている事で

反射で写ってる鉄格子と植物に意味が生まれます。

 

表情の三分の一を前ボケで切ったのは、上述したように彼女の美しいポイントを妥協せずに写したいと

思ったからです。彼女は美人さんです。特別何もしなくてもかわいいです。でも、その人だけが持ってるポイント

は必ず存在します。それが私はまつげと髪の毛だと考えました。これらを写すのに、顔、もしくは体全体を入れるのは

注目点を曖昧にしていまうし、それでは比率的に美しくならない可能性があるし、せっかくガラスに隠れているのに

物陰感がなくなる。

でも顔を切ったら違和感が出るのでは?と思うと、それも右半分が意味をなします。

右半分があることで、ここがどのような場所かが想像しやすく、被写体にかぶる前ボケが一体何を意味しているのかが

想像しやすいため、顔を切ったとしても違和感がでず、プラスの効果だけを生む事が可能です。

 

一般的な意味としてこの写真はいわゆる「引き写真」とは言わないかもしれませんが

引き写真の定義を「ストーリー」とするなら、これもまたひとつの引き写真と言えるのではないでしょうか。

 

この写真が、ママさんの求めていたものかどうかは結局聞けずじまいでした。

ですが、自分が悔いなく表現しきるという事がまた次にブログを見て声をかけてくださる方へとつながっていくのでは

ないかと思うと、聞かなくても大丈夫と思えます。

この記事をシェアする