Staff BlogTokorozawa

volvo
所沢店

volvo(nakanouchi)

こんにちは、中之内隼です。
ライフスタジオではvolvo(ボルボ)と呼ばれています。

なぜボルボと言うのかはお会いした時にお話ししましょう。
あまり楽しくないかもしれませんが(汗)

転勤族です。
6年間の間に10店舗以上異動しています。

私がどこにいるかはこのブログのありかを探していただければわかります(笑)

ちなみに今は所沢店にいます。

写真と旅とサッカーが好きです。
写真はフォトグラファーなので当たり前ですが(笑)内容はポートレートでも風景でも撮ります。
今では人を撮る事に楽しさを感じていますが、写真を始めるきっかけになったのは風景写真でした。

23歳の時に一人旅で行った京都がきっかけでした。
紅葉が満開の嵐山を見て「これは記録に残すべきだ」と直感的に感じたのがはじまりです。
しかしその時は寒く、懐から出したデジカメが結露してしまい、一枚も撮る事なく壊れてしまいしばらく呆然と山を見ているしかなく焦ったのを未だに覚えています。
結露は1時間ぐらいで奇跡的に治り、写真を撮る事ができたので感動を収める事ができました。

もしその時デジカメが治らなかったら、私はここにはいなかったかもしれません。

関係あるかわかりませんが(笑)
だからこの仕事では一期一会で唯一無二の感動をいつでも見れる写真へと残す事にやりがいを感じています。

ライフスタジオの写真はスタッフがやりがいや生きがいを感じていなければ美しく残す事はできません。

だから私たちは自分自身の発展に重心を置き、本を読んだり、旅行に行ったり、自分たちも経営に参加したりしています。

私もフォトグラファーですが、写真と同じくらい時間ほかの事もしています笑

そんな私ですが、少し「写真」そのものの話を・・・。
持論ですが笑

写真とは、私は撮影者と被写体の人生のリンクポイントだと思っています。

他人である私たちが写真館という場所で出逢い写真を撮るという事は、その場だけの接点ではなく、お互いがそれぞれ生きてきた人生が一枚の写真に現れると思っています。

撮影者の人生がシャッターチャンスを作り、被写体の人生が写真に生命力を宿す。

だからこの仕事には「やりがい」があります。

こんな私ですが、撮影は全力がモットーです。
汗くさかったら言ってください(笑)

another me(シンデレラプロジェクト)vol5

2018/8/24

272 0

『LINEde会議atアナザーミーライングループ』

 

 

我々が今からやろうとする事は、新しい事である。

ライフスタジオにおいて、全くもって見た事の無い景色を見に行く行為だ。

 

進撃の巨人で言うところの壁外である。

海という存在がどのようなものかもまだ知らないような・・・。

 

だからこそ、一人や二人でできるような事ではなく、仲間が必要だ。

今回、一緒にやろうと言ってくれた人たちがたくさんいる。本当にありがたい事。

vol2に書かせてもらったメンバーも。私と同様に見た事の無い場所へと足を進めようとしてくれている。

 

だからこそ、しっかりやりたいと常々思っている。

 

 

私の7年間の在勤期間のうちに何度もあった失敗を活かし(!?)

役割を明確化したいと考えている。

 

「できるならやってほしい」とか「余裕があれば」とか「なにをすれば・・」という雰囲気は無しにしたい事から

vol2には役割も表記させてもらった。

 

その中でも「コミュニケーションの日常的定着」は全員が肝に銘じてほしい重要なポイントだ。

8月24日に、アナザーミーの集まりがあるが、おそらく全員で集まるのは最初で最期になる。

 

人数もそれなりに多いうえに、これから時間がたくさん必要になってくる時期に入るので

全員が遠路はるばる集まるのは得策ではない。

 

そこで提案したいのが

 

『LINEde会議atアナザーミーライングループ』だ。

といっても、ただ単純にライングループで意見を言うだけ・・・。

 

重要なのは「言う事」である。

 

このライン会議があるのは、提携業者から衣装の提案があった直後である。

話す内容は以下。

 

1:その衣装からイメージするテーマ

2:その衣装からイメージするロケーション

3:その衣装からイメージする小物、髪型

 

特に意見がほしいのはコーディネーター目線。

自分の美的感覚と経験を表し、写真で表現する事ができたら、こんなやりがいは無いと思う。

 

その他にもインスタに関する事や写真に関する事など色々な事が今後ライングループ内で共有されると思う。

新規事業とは既存の枠にとらわれない柔軟さが必要だと思う。

自分も枠にとらわれがちなところがあるので、わざとにでも柔軟な姿勢でやっていきたいと思っている。

 

もし、自分も衣装などコーディネートに関する力を存分に発揮して物作りがしたいと思ってる人がいたら、いつでもライングループにご招待します。

この記事をシェアする