Staff BlogTokorozawa

volvo
所沢店

volvo(nakanouchi)

こんにちは、中之内隼です。
ライフスタジオではvolvo(ボルボ)と呼ばれています。

なぜボルボと言うのかはお会いした時にお話ししましょう。
あまり楽しくないかもしれませんが(汗)

転勤族です。
6年間の間に10店舗以上異動しています。

私がどこにいるかはこのブログのありかを探していただければわかります(笑)

ちなみに今は所沢店にいます。

写真と旅とサッカーが好きです。
写真はフォトグラファーなので当たり前ですが(笑)内容はポートレートでも風景でも撮ります。
今では人を撮る事に楽しさを感じていますが、写真を始めるきっかけになったのは風景写真でした。

23歳の時に一人旅で行った京都がきっかけでした。
紅葉が満開の嵐山を見て「これは記録に残すべきだ」と直感的に感じたのがはじまりです。
しかしその時は寒く、懐から出したデジカメが結露してしまい、一枚も撮る事なく壊れてしまいしばらく呆然と山を見ているしかなく焦ったのを未だに覚えています。
結露は1時間ぐらいで奇跡的に治り、写真を撮る事ができたので感動を収める事ができました。

もしその時デジカメが治らなかったら、私はここにはいなかったかもしれません。

関係あるかわかりませんが(笑)
だからこの仕事では一期一会で唯一無二の感動をいつでも見れる写真へと残す事にやりがいを感じています。

ライフスタジオの写真はスタッフがやりがいや生きがいを感じていなければ美しく残す事はできません。

だから私たちは自分自身の発展に重心を置き、本を読んだり、旅行に行ったり、自分たちも経営に参加したりしています。

私もフォトグラファーですが、写真と同じくらい時間ほかの事もしています笑

そんな私ですが、少し「写真」そのものの話を・・・。
持論ですが笑

写真とは、私は撮影者と被写体の人生のリンクポイントだと思っています。

他人である私たちが写真館という場所で出逢い写真を撮るという事は、その場だけの接点ではなく、お互いがそれぞれ生きてきた人生が一枚の写真に現れると思っています。

撮影者の人生がシャッターチャンスを作り、被写体の人生が写真に生命力を宿す。

だからこの仕事には「やりがい」があります。

こんな私ですが、撮影は全力がモットーです。
汗くさかったら言ってください(笑)

another me(シンデレラプロジェクト)vol4

2018/8/24

226 2

『やる理由その1:社内起業としてのアナザーミー』

 

 

「社内起業」という言葉を知ったのは3年ほど前。

それまでは働き方というのは概ね二つ、雇われるか、自分でやるかのどちらかしかないと思っていた。

私は起業する事に大きな執着があるわけではないが、労働者として働いていくうちに、できる事と出来ない事がある事を知った。

 

自分に可能性を感じるとはお世辞にも思えないが、私は性格的に割と新しい事をしたいという欲求が根底にはあるようで

どうやらアフターファイブを楽しむ性格ではないようだ。

 

そんな時に読んだ本に出てきた「社内起業」という言葉。

新規事業と少し意味合いは違うかもしれないが、ようは「起業家のように企業内で働く」という事だ。

 

労働者として働いていると勘違いが生まれる事がある。

それは「自分でやれている」という錯覚だ。

 

もし自分が明日から「ライフスタジオ」という看板を背負わずにいちカメラマンとして働くとしたら何ができるだろうか。

おそらくは何も出来ない。お給料を振り込んでくれる経理さんもいないし、行動指針で導いてくれる先輩もいない。

給料日になっても一円も入ってこないのだ。

 

労働者であるということは、看板を背負わせてもらっているという事だ。

看板によって自分には無い力が付与される。顧客もその看板を目がけて足を運ぶ。

その中からほんの一握りだけ、看板を無視した関係性が生まれる事はあるが、

だとしても入り口は看板である。

 

そうした勘違いで自分を過信すると、いつの間にか時間だけが過ぎている事に気付かない。

カメラマンにおける写真は分かりやすい。

ベテランだから必ず写真が上手というわけではないのは、看板があるがゆえだ。

 

そんな雰囲気を越えようとする気概が「起業家精神」であり「社内起業」の本質であるとその本には書いてあった。

 

another meは社内起業である。

会社をたてたという事ではないが、事業を新しく新設し看板とはまた別の事をしようという事。

 

なぜそんな事をするのか?

それは背負わせてもらっていた看板そのものに良い変化を与えたいというのが目的だ。

 

看板というのは、観念的だ。

私が思うライフスタジオとあなたの思うライフスタジオが違うように、人によって見え方が違う。

 

少し広い視野でみると、社会から見たライフスタジオという看板も10年で日々刻々と変わっていっているのだ。

我々が頼っている看板は変化している。

それは意図せず、でも必然的に。

 

だから今度は意図した変化をさせたい。

力を借りていた看板。今度は力になりたい。

これがアナザーミーのやる理由のひとつです。

この記事をシェアする