Staff BlogTokorozawa

volvo
所沢店

volvo(nakanouchi)

こんにちは、中之内隼です。
ライフスタジオではvolvo(ボルボ)と呼ばれています。

なぜボルボと言うのかはお会いした時にお話ししましょう。
あまり楽しくないかもしれませんが(汗)

転勤族です。
6年間の間に10店舗以上異動しています。

私がどこにいるかはこのブログのありかを探していただければわかります(笑)

ちなみに今は所沢店にいます。

写真と旅とサッカーが好きです。
写真はフォトグラファーなので当たり前ですが(笑)内容はポートレートでも風景でも撮ります。
今では人を撮る事に楽しさを感じていますが、写真を始めるきっかけになったのは風景写真でした。

23歳の時に一人旅で行った京都がきっかけでした。
紅葉が満開の嵐山を見て「これは記録に残すべきだ」と直感的に感じたのがはじまりです。
しかしその時は寒く、懐から出したデジカメが結露してしまい、一枚も撮る事なく壊れてしまいしばらく呆然と山を見ているしかなく焦ったのを未だに覚えています。
結露は1時間ぐらいで奇跡的に治り、写真を撮る事ができたので感動を収める事ができました。

もしその時デジカメが治らなかったら、私はここにはいなかったかもしれません。

関係あるかわかりませんが(笑)
だからこの仕事では一期一会で唯一無二の感動をいつでも見れる写真へと残す事にやりがいを感じています。

ライフスタジオの写真はスタッフがやりがいや生きがいを感じていなければ美しく残す事はできません。

だから私たちは自分自身の発展に重心を置き、本を読んだり、旅行に行ったり、自分たちも経営に参加したりしています。

私もフォトグラファーですが、写真と同じくらい時間ほかの事もしています笑

そんな私ですが、少し「写真」そのものの話を・・・。
持論ですが笑

写真とは、私は撮影者と被写体の人生のリンクポイントだと思っています。

他人である私たちが写真館という場所で出逢い写真を撮るという事は、その場だけの接点ではなく、お互いがそれぞれ生きてきた人生が一枚の写真に現れると思っています。

撮影者の人生がシャッターチャンスを作り、被写体の人生が写真に生命力を宿す。

だからこの仕事には「やりがい」があります。

こんな私ですが、撮影は全力がモットーです。
汗くさかったら言ってください(笑)

野外撮影で子供写真を上手に撮るコツ。

2018/7/27

415 0

・ロケーション撮影をするなら「光」をみるべし。

先日、シンデレラプロジェクトの一環で本社インスタで募集したサンプル撮影を葛西臨海公園でしてきました。

野外撮影はほぼ初めてだったので結構緊張していたのですが、被写体にも天気にも恵まれ、運良くいろいろな写真を撮ることができました。

その時感じたロケ撮に対する事を少しだけお話ししようと思います。(最近ロケ撮も増えてますし)

 

とは言っても個人の見解なので、信じるか信じないかはあなた次第です笑

 

まあ、野外撮影を上手に撮る方法なんてのは一個や二個ではないですから、ひとつの参考程度にしていただけたらと

思いますが、ロケーション撮影をした写真を最近たくさん目にしました。

 

が、

 

その中であるひとつの法則があることに気づきました。

それは「良い写真と悪い写真の違いは、光の使い方である」というもの。

 

そもそも写真自体光でできているので、この格言はロケ撮だけに限ったことではないのですが、

野外撮影で特に光が気になった理由は「野外で光を操ることは難しい」から。

 

天気がよくても、あるいは雨が降っていたとしても、室内と違いある一定の明るさが確保できる

野外では、どこで、どの向きで、どのように撮ったとしても写真に写すために必要な光量は簡単に保てます。

 

これは、どこでも撮れる反面、逆に言うと「光がどこでも存在してしまう」ということにもなります。

さらにロケ撮の難しいところのひとつとしてあげられるのが背景処理です。

スタジオのように撮影用になっていない背景。いじることもできない背景を上手く処理することは

空間把握能力を必要とします。

そのうえで「光を見る」というのは実は結構難易度が高い・・・。

 

どうせ無難に撮れるのだから背景処理優先で光はある程度でいいか・・・という考えが

シャッターを押す瞬間に頭を巡るのも仕方ない部分でもあります。

 

だからこそ、光をきちんとみているかどうかで、野外撮影で撮られる写真に明確な差が生まれます。

・被写体は、光の当たる場所に配置する

ロケ撮でやりがちなのが、日が強いがためにやってしまう「被写体を影に置く」行為。

影に配置すること自体が悪いわけではないのですが、そうすることによって写真がどうなるかというと・・・

 

1:被写体が暗いから露出をあげる

2:露出が上がるので、ハイキーな部分が白飛びする

3:背景がみえなくなり、のっぺりした写真になる

 

スタジオでよく逆光で撮影し、背景を飛ばす技法を野外でしてしまうと

野外の魅力がなくなる写真になってしまいます。

 

反対に、被写体に光をあてると

1:被写体が強く浮かび上がる

2:飛ばないように自然と露出を抑えるので、影が強く残る

3:明暗差と立体感のある写真になる

 

いわゆる明暗差をつけるという簡単なことですが、これを先ほど書いたように

背景処理をやりながら、被写体に深く入る。そして光も適切に。

外で撮っていて、なんかパッとしないなあと感じたら、一番強い光を被写体に当ててみてください。

 

 

この記事をシェアする