Staff BlogTokorozawa

volvo
所沢店

volvo(nakanouchi)

こんにちは、中之内隼です。
ライフスタジオではvolvo(ボルボ)と呼ばれています。

なぜボルボと言うのかはお会いした時にお話ししましょう。
あまり楽しくないかもしれませんが(汗)

転勤族です。
6年間の間に10店舗以上異動しています。

私がどこにいるかはこのブログのありかを探していただければわかります(笑)

ちなみに今は所沢店にいます。

写真と旅とサッカーが好きです。
写真はフォトグラファーなので当たり前ですが(笑)内容はポートレートでも風景でも撮ります。
今では人を撮る事に楽しさを感じていますが、写真を始めるきっかけになったのは風景写真でした。

23歳の時に一人旅で行った京都がきっかけでした。
紅葉が満開の嵐山を見て「これは記録に残すべきだ」と直感的に感じたのがはじまりです。
しかしその時は寒く、懐から出したデジカメが結露してしまい、一枚も撮る事なく壊れてしまいしばらく呆然と山を見ているしかなく焦ったのを未だに覚えています。
結露は1時間ぐらいで奇跡的に治り、写真を撮る事ができたので感動を収める事ができました。

もしその時デジカメが治らなかったら、私はここにはいなかったかもしれません。

関係あるかわかりませんが(笑)
だからこの仕事では一期一会で唯一無二の感動をいつでも見れる写真へと残す事にやりがいを感じています。

ライフスタジオの写真はスタッフがやりがいや生きがいを感じていなければ美しく残す事はできません。

だから私たちは自分自身の発展に重心を置き、本を読んだり、旅行に行ったり、自分たちも経営に参加したりしています。

私もフォトグラファーですが、写真と同じくらい時間ほかの事もしています笑

そんな私ですが、少し「写真」そのものの話を・・・。
持論ですが笑

写真とは、私は撮影者と被写体の人生のリンクポイントだと思っています。

他人である私たちが写真館という場所で出逢い写真を撮るという事は、その場だけの接点ではなく、お互いがそれぞれ生きてきた人生が一枚の写真に現れると思っています。

撮影者の人生がシャッターチャンスを作り、被写体の人生が写真に生命力を宿す。

だからこの仕事には「やりがい」があります。

こんな私ですが、撮影は全力がモットーです。
汗くさかったら言ってください(笑)

写真分析~横写真が私たちの目を覚まさせる~

2018/7/20

459 2

photo by volvo

codi by kudo

 

 

私たちの作る原本データは75枚だが、その中の横写真の割合は大体平均すると2~30%となる。

 

横写真が少ない理由は簡単。

もともとポートレートは縦写真で撮られるものであるということと、人の形が縦写真の方が収まりがいいからだ。

そんな昔ながらの定説ぐらいしか私たちが縦写真を撮る理由は無いのかもしれないせいか、横写真を撮るという事は

さらに撮る理由が少なくなっていく。

 

ひとりっこならさらに少なく、兄弟写真が多ければその割合は多少増える傾向にある。

これはただの(物理的)な理由だ。

 

人が一人なら縦の方が収まりがいい、人が二人なら横の方が収まりがいい。

ただの面積の話だ。

 

私たちが横写真を撮る理由はそれだけなのだろうか?

頭をひねってもう少しだけ考えてみると、こんな事も理由として思いつくかもしれない。

 

「場所説明としての横写真」

 

 

横写真を撮ると、自然と被写体である子供たちの写る比率は低くなる。

写真の大きさは変わらないのだから、おのずと被写体以外が写る比率が大きくなり、

いわゆる背景「インテリア」が多く写ることになる。

 

縦写真よりも横写真の方がインテリアが写る割合が大きいのだから、

 

「被写体」の写真から「被写体+背景」の写真となれば「どんな場所で撮影しているのか」が

わかる写真となる。

 

しかし、それもなんだか事務的だ。

なにやら横写真を撮る理由が自分の外にあるように聞こえてしまう。

 

面積の問題、場所説明の問題。この二つは横写真を撮ることにおいてきっても切り離せない

重要な意味を持つが、これらの意味のみで横写真が構成されているならば、横写真が原本の2~30%でしかない

のもうなずける。

 

というよりは、これらの理由でしか撮っていないから2~30%しかないのかもしれない。

 

確かに撮らなければいけないものもあるし、物理的になってしまうものもある。

しかし一番の撮る理由は自分の中に持たなければいけないと思っている。

 

 

「横写真を撮らなければいけないから撮る」のではなく「横写真を撮りたい理由があるから撮る」

 

 

そのように撮るにはどうしたらいいだろうか。

結局は写る被写体によって変わっていかざるをえない部分だ。

 

所沢店のこのインテリアでは、このような横写真を撮る事は至極ポピュラーである。

所沢店に来た証を持つ意味のある横写真だ。

 

しかし、写る子供たちは唯一無二であるべきだ。

 

真ん中で日の丸構図で撮るのか、左に寄って撮るのか、

光はどの程度きているのか、ポーズと衣装はあっているのか。

 

彼女の性格は?

 

それらが至極ポピュラーな横写真とマッチングされた時、私と彼女にとって

意味のある横写真となれると思っている。

 

 

横写真が私たちの目を覚まさせる。

この記事をシェアする