Staff BlogTokorozawa

Satsuki Kudo
所沢店

工藤 さつき

こんにちは!
工藤さつきです。
2018年で7年目を迎えまして、ベテランを通り越してお局になってしまいました(笑)。

出身は神奈川県横浜市。
海が近く、港があり、何より坂の多い街です。
良いお店たくさん知っています。

好きなものは、様々で読書・映画・野球・猫・パンクロック好きです。

読書は、文学系・時代物・哲学書などが好きです。
好きな作家は和田竜さんです。
歴女なもので、時代物大好きなのです。
また、哲学だとハンナ・アーレントが好きです。
かっこいいですよね、彼女。
生きざまも尊敬しています。

映画はメジャーも好きですがミニシアター系が好きで、横浜だとジャック&ベティ、都内だとuplinkに出没したりします。
お気に入りの映画は、「seven years in tibet.」、「世界の果ての通学路」など。

野球は、毎年忙しくても観戦に行きます。
27年以上横浜ファンで大洋ホエールズ時代からのファンです。98年は、優勝パレードに行き感動で泣いていました。
今年は、横浜にいい逸材がたくさん入りましたね。
野球ファンのパパさん、語らいましょう(笑)。

猫は、写真集を出すくらい好きです。
台湾に行って猫を撮ったときは至福でしたね。
ゆくゆくは、イタリアやトルコへ行って猫を撮ってみたい。
猫カフェ一緒に行ってくれる方募集です。

パンクはマイナーなアイリッシュパンク系が好きです。
Flogging Mollyとか来日してくれないかなぁ。
知っている人います?

結構多趣味なので、こんな私に興味がある方、お話しましょう。

ライフスタジオでは主に写真を撮っていますが、私がカメラを始めたのは15年前。
学生の頃に、フィルムカメラを趣味で始めたのがきっかけです。
風景や猫、日常を切り取ることに夢中でしたが、いつしか「生きた写真」を撮りたいと思うようになりました。
その対象が「人」です。

その「人」を撮りたい、「人」に触れたいという思いから、ブライダル写真を経て、ここライフスタジオに来ました。

そんなこんなで最初の店舗は横浜店でした。
私は横浜店でライフスタジオの多くを学び、たくさんのご家族に触れ、人との繋がりの大切さを実感しました。

そうして、横浜店から横浜青葉店へ。
横浜青葉店では、写真をじっくり学び、ここで初めて哲学に触れることになります。

そのあと、数々のプロジェクトを通し、横浜のライフスタジオだけではなく、草加店・浦安店・越谷店と、地域にかかわらずライフスタジオはライフスタジオだということを経験してきました。

そんな経験を通し、スタジオや環境でスタイルが変わることなく、「私」は「私」としてここにいます。

ライフスタジオは「人」が「人」として存在し、「人」として生きる場所。
そんな当たり前のことすら、この社会で生きているとできなくなりますよね。
ここではそんな「当たり前」を写真を通じて感じてもらいたいと思います。
偉そうなことをいいましたが、ただ私がここにいる理由は、私と出会った人たちの温かみを感じたいと思っているからかもしれません。
寂しがり屋なもので…(笑)。

そのとき、その瞬間でしか、出会えないOnly Oneの時間を、一緒に過ごしましょう。

今は所沢店で、皆様との出会いをお待ちしております^^

ライフスタジオの企業理念の話 vol.3『美しさを表現し、思い出を記憶する、楽しい遊びの空間を通して、日本の写真文化を変えること。』③

投稿日:2020/4/17

313 0


「楽しい遊びの空間」

 

人生、「楽しむ」ということに勝る感情はないですね。人生の原動力は、この「楽しい」という感情にこそあるのかなと最近特にそう思います。余計なことを考えずに楽しいと思うことは、その人らしさを体現する最大の要素だと思いますし、楽しさはその場所で認識する最高の記憶として残りやすいです。

そして「楽しさ」こそ、人は自由になる条件の一つだと思います。この「楽しさ」がなければ、前のブログで述べた「被写体を動かす」ことも「その人らしさを引き出す」ことも、うまくはいかないのだと思います。考えてみると、緊張し心を許さない状況だと、そこにいる人がいい人だと認識をする以前に、自分の感情を出そうという気持ちもうまれません。そういった中では笑顔も出ませんし、なによりもそこで過ごす記憶はストレスフルなものになってしまいます。それはライフスタジオが目指すものではありません。

よくライフスタジオはディズニーランドがライバルだと豪語していますが、ディズニーランドの最大の要素は楽しさです。ディズニーランドに行けば、楽しいと思わせてくれる仕掛けばかりです。アトラクションはもちろんのこと、園内の世界観や建造物、そしてそこにいるキャストまでも、楽しませるということを目的としていることが伺えます。

人が「楽しい」と思うことに、そこが日々のストレスを忘れる非日常的であることも重要な要素の一つなので、その建物のインテリアの洗練さ、清潔感は重要です。日々の空間の物理的な演出ということも必要です。

 

しかし、楽しさとは物理的なものを充実させれば得られるのか、といえばそうとも限りません。私の経験の話をします。何年か前に、新しくできた美容室に行ってみました。そこはインテリアもかわいくて、設備も最新のものがそろっていました。一見、すごく良さそうな美容室に思えたので行ってみたのですが、入ってみていろいろと違和感を抱きました。受付の人の感じがあまりよくない。担当してくれる美容師さんは、シャンプーもガシガシと痛くて「力加減大丈夫ですか?」という一言もなし。ブローも同じようにガシガシと頭を叩かれているような勢いでやられていました。話は義務的。話を振っていても興味がなさそうな感じが隠せていなくて、実際髪型のできも悪くはなかったのですが、とても不愉快な思いをしたのでもうその美容室には行っていません。そこで感じたのは、いくら物理的・技術的に充実していても、そこにいる人がお客様にどんな空間を演出したいと思っているかによるということです。

私たちは「楽しい遊びの空間」を演出します。そのためには、まずは目の前のお客様とお子様に楽しんでもらうことを最重要事項として考えなければいけません。私たちはプロなのでどんなお客様に対してもその価値を達成させることからずれてはいけません。「楽しい遊びの空間」を演出することは楽ではありません。来てくださるお客様はみんな違う人たちなので、楽しいと思うことも違いますし、マニュアルもありません。だから、私たちは一組一組のご家族に楽しんでもらうために、一生懸命ご家族に様々な投げかけをしてそのお客様のことを知ろうとしなければいけませんし、自分が一生懸命楽しまなきゃいけないと思っています。

「楽しさ」とはそうした空間の中にあります。その空間を創るのは紛れもなく「人」であるのだと私は思います。

この記事をシェアする