Staff BlogTokorozawa

Satsuki Kudo
所沢店

工藤 さつき

こんにちは!
工藤さつきです。
2018年で7年目を迎えまして、ベテランを通り越してお局になってしまいました(笑)。

出身は神奈川県横浜市。
海が近く、港があり、何より坂の多い街です。
良いお店たくさん知っています。

好きなものは、様々で読書・映画・野球・猫・パンクロック好きです。

読書は、文学系・時代物・哲学書などが好きです。
好きな作家は和田竜さんです。
歴女なもので、時代物大好きなのです。
また、哲学だとハンナ・アーレントが好きです。
かっこいいですよね、彼女。
生きざまも尊敬しています。

映画はメジャーも好きですがミニシアター系が好きで、横浜だとジャック&ベティ、都内だとuplinkに出没したりします。
お気に入りの映画は、「seven years in tibet.」、「世界の果ての通学路」など。

野球は、毎年忙しくても観戦に行きます。
27年以上横浜ファンで大洋ホエールズ時代からのファンです。98年は、優勝パレードに行き感動で泣いていました。
今年は、横浜にいい逸材がたくさん入りましたね。
野球ファンのパパさん、語らいましょう(笑)。

猫は、写真集を出すくらい好きです。
台湾に行って猫を撮ったときは至福でしたね。
ゆくゆくは、イタリアやトルコへ行って猫を撮ってみたい。
猫カフェ一緒に行ってくれる方募集です。

パンクはマイナーなアイリッシュパンク系が好きです。
Flogging Mollyとか来日してくれないかなぁ。
知っている人います?

結構多趣味なので、こんな私に興味がある方、お話しましょう。

ライフスタジオでは主に写真を撮っていますが、私がカメラを始めたのは15年前。
学生の頃に、フィルムカメラを趣味で始めたのがきっかけです。
風景や猫、日常を切り取ることに夢中でしたが、いつしか「生きた写真」を撮りたいと思うようになりました。
その対象が「人」です。

その「人」を撮りたい、「人」に触れたいという思いから、ブライダル写真を経て、ここライフスタジオに来ました。

そんなこんなで最初の店舗は横浜店でした。
私は横浜店でライフスタジオの多くを学び、たくさんのご家族に触れ、人との繋がりの大切さを実感しました。

そうして、横浜店から横浜青葉店へ。
横浜青葉店では、写真をじっくり学び、ここで初めて哲学に触れることになります。

そのあと、数々のプロジェクトを通し、横浜のライフスタジオだけではなく、草加店・浦安店・越谷店と、地域にかかわらずライフスタジオはライフスタジオだということを経験してきました。

そんな経験を通し、スタジオや環境でスタイルが変わることなく、「私」は「私」としてここにいます。

ライフスタジオは「人」が「人」として存在し、「人」として生きる場所。
そんな当たり前のことすら、この社会で生きているとできなくなりますよね。
ここではそんな「当たり前」を写真を通じて感じてもらいたいと思います。
偉そうなことをいいましたが、ただ私がここにいる理由は、私と出会った人たちの温かみを感じたいと思っているからかもしれません。
寂しがり屋なもので…(笑)。

そのとき、その瞬間でしか、出会えないOnly Oneの時間を、一緒に過ごしましょう。

今は所沢店で、皆様との出会いをお待ちしております^^

【Another Me:】20日はアナザーデイ撮影レポ☆ vol. 2

投稿日:2020/4/13

473 0

Another me アナザーミーとは?


ライフスタジオが贈るキッズジュニア撮影

アパレルブランド×ライフスタジオのスタッフ
でお送りして撮影を行っています。

 

1番写真を撮らなくなる時期、でも
1番美しくありたいと思う時期。

そんな10代の為の撮影を行っています。

Anotherme

「もう1人のわたし」が見つけられる場所。

 

ANOTHER ME では、毎月モデルが当たるイベントを実施しています!

 

ぜひアナザーミーのアカウントをフォロー!

チェックしてください。

「Another me」のInstagramアカウントはこちらをクリック


今回は3月の撮影について、書いていこうかと思います~☆

 

20日はアナザーデイの企画は、撮影のコンセプトから衣装や撮影場所まで撮影者がすべて設定してもいいよという自由度の高い撮影です。この企画に参加させていただいてから、撮影者である私の意図を存分に反映できるというありがたい環境をいただきながら、その反面、イメージの具体性と自分自身の技術不足といった点にも向き合うことになるので非常に勉強になっています。この「足りない」という部分を撮影者として痛感できる環境は非常にありがたく思います。スタジオの中だけで9年もカメラマンをやっていると、自分自身で新たな課題を設定することも難しく、かと言ってもはや誰も指摘してくれないという状況にもなってきます。なので、自らコンセプト作りから衣装選び・場所選びをさせてくれる20日はアナザーデイの企画は、撮影者としても成長する機会をいただいてます。

 

※撮影は2020年3月初旬に行ったものです。今現在(2020年4月)はアナザーミーの撮影は自粛中です。


 

『Model: Akiraちゃん』

今回のモデルさんはAkiraちゃん!天真爛漫で楽しいことが大好きな彼女は、モデルになる瞬間にスイッチが入り、準備の時とは違う表情を見せてくれました。きっと青系が好きなのか、最後の青メイクの時は結構濃いメイクだったのに、「そのまま帰る~」といっていました。

 

『Photo Concept: Emphasize Her Beauty with Color.』

春が近づくと、色がたくさんの写真を撮りたくなります。色によってはその人自身を彩る材料にもなりますので、その人自身の魅力を引き立てるには色を入れるというのも一つの方法だと思います。今回は、黄~赤色の暖色系イメージと青~緑色の寒色系イメージをコンセプトそして、その人の美しさと瞳の強さをひたすら強調したいという意図のもと撮影をさせていただきました。

 

『Make Concept: 鮮やかさ重視。ハッキリとした色味の協調。』

今回もヘアメイクで協力してくれたのは越谷店の愛美ちゃん☆ 今回はとにかくメイクの注文を多めにさせていただきました。「濃いめでもいいのでとにかくアイシャドーやカラーマスカラの色を綺麗に出すこと。それでいて、彼女の美しさを壊さないように。」という今回もざっくりしすぎて、愛美ちゃんも大変だったのでは…。と申し訳なく思いましたが、でもそこは愛美ちゃん!もうね、イメージバッチリのメイクをしていただきました!!今回も素晴らしいお仕事をありがとうございました!!!

 

『Place: ライフスタジオ所沢店・そして何もない空間』

この撮影を始めた時点では外出自粛は強く言われていませんでしたが、都内で場所を借りて撮影というのも、モデルさんたちが電車移動となるか都内なので駐車場代がご負担になってしまうので、幸いお車で来ていただけるということで、ライフスタジオ所沢店で撮影をすることになりました。

所沢店や撮影をするメリットは、野外の撮影もホリゾントでの撮影もできるところです。また撮り慣れているので、ロケハンをする必要もなくある程度自由に撮影をすることが可能です。デメリットとしては、毎日撮っている場所なので撮影者の視点に新鮮さが薄れてしまっているということです。

それも、普段からスタジオに甘えているということで、セルフコントロールしていっそう自分に厳しい視点で撮影することにしました。


 

さてさて肝心のお写真はこちら↓

               

 

 

またまた、素晴らしい出会いに感謝です☆

 

20日はアナザーデイは只今休止中なので、また活動できるその日まで、腕と視点を磨いておきまっす!!!

では!!!

この記事をシェアする