Staff BlogTokorozawa

Satsuki Kudo
所沢店

工藤 さつき

こんにちは!
工藤さつきです。
2018年で7年目を迎えまして、ベテランを通り越してお局になってしまいました(笑)。

出身は神奈川県横浜市。
海が近く、港があり、何より坂の多い街です。
良いお店たくさん知っています。

好きなものは、様々で読書・映画・野球・猫・パンクロック好きです。

読書は、文学系・時代物・哲学書などが好きです。
好きな作家は和田竜さんです。
歴女なもので、時代物大好きなのです。
また、哲学だとハンナ・アーレントが好きです。
かっこいいですよね、彼女。
生きざまも尊敬しています。

映画はメジャーも好きですがミニシアター系が好きで、横浜だとジャック&ベティ、都内だとuplinkに出没したりします。
お気に入りの映画は、「seven years in tibet.」、「世界の果ての通学路」など。

野球は、毎年忙しくても観戦に行きます。
27年以上横浜ファンで大洋ホエールズ時代からのファンです。98年は、優勝パレードに行き感動で泣いていました。
今年は、横浜にいい逸材がたくさん入りましたね。
野球ファンのパパさん、語らいましょう(笑)。

猫は、写真集を出すくらい好きです。
台湾に行って猫を撮ったときは至福でしたね。
ゆくゆくは、イタリアやトルコへ行って猫を撮ってみたい。
猫カフェ一緒に行ってくれる方募集です。

パンクはマイナーなアイリッシュパンク系が好きです。
Flogging Mollyとか来日してくれないかなぁ。
知っている人います?

結構多趣味なので、こんな私に興味がある方、お話しましょう。

ライフスタジオでは主に写真を撮っていますが、私がカメラを始めたのは15年前。
学生の頃に、フィルムカメラを趣味で始めたのがきっかけです。
風景や猫、日常を切り取ることに夢中でしたが、いつしか「生きた写真」を撮りたいと思うようになりました。
その対象が「人」です。

その「人」を撮りたい、「人」に触れたいという思いから、ブライダル写真を経て、ここライフスタジオに来ました。

そんなこんなで最初の店舗は横浜店でした。
私は横浜店でライフスタジオの多くを学び、たくさんのご家族に触れ、人との繋がりの大切さを実感しました。

そうして、横浜店から横浜青葉店へ。
横浜青葉店では、写真をじっくり学び、ここで初めて哲学に触れることになります。

そのあと、数々のプロジェクトを通し、横浜のライフスタジオだけではなく、草加店・浦安店・越谷店と、地域にかかわらずライフスタジオはライフスタジオだということを経験してきました。

そんな経験を通し、スタジオや環境でスタイルが変わることなく、「私」は「私」としてここにいます。

ライフスタジオは「人」が「人」として存在し、「人」として生きる場所。
そんな当たり前のことすら、この社会で生きているとできなくなりますよね。
ここではそんな「当たり前」を写真を通じて感じてもらいたいと思います。
偉そうなことをいいましたが、ただ私がここにいる理由は、私と出会った人たちの温かみを感じたいと思っているからかもしれません。
寂しがり屋なもので…(笑)。

そのとき、その瞬間でしか、出会えないOnly Oneの時間を、一緒に過ごしましょう。

今は所沢店で、皆様との出会いをお待ちしております^^

Not on Purpose

投稿日:2019/12/31

306 0

Not  on  Purpose

ToNotkorozawa Photo
Photo: Satsuki Kudo
Coordinate: Yoko Moriya

 

美は、本質に宿る。
私たち撮影者は、その本質の中にある美を見つけて、引き出すことを目的としている。
ポートレート写真の目的は、ただひとつ。
被写体の美しさを表現すること。

そう信じて、そのことを常に課題とし、
私は撮影に入っています。

人を美しく写したい。
いや、人の美しさを感じたい。
感じたものを表現したい。

そう思い続けてカメラを持ち続けて、
未だ満足ができていません。

なぜならば、
人の本質に触れようとしても必ずしもうまくはいかないですし、
写真の表現は、技術が向上してもまだまだ足りないような気がしてなりません。

だから、撮影に入る時は自分の中にある能力で、自分が見える限りのものに集中して、できる限り目の前のその人自身の本質を美しく写そうと努力をします。

その人自身を表そうとすることは、
その目で感じ言葉で引き出し、
そして感じとったものを物質的に構築することをしていくことです。

物質的に構築していく材料は、

背景
レンズ

衣装
などに加えてポージングがあります。

ポージングは被写体その人自身の身体を以て表現をします。
その人の本質を表すには、そのポージングには違和感がないことが前提です。

難しいのは、参考にする写真通りに動かしても目の前のその人には合わないことがあることです。
雑誌で見るポージングは綺麗に見えても、誰にでも当てはまるわけではない。
その苦悩が発生するときに、自分の目が曇っていないと安心します。

そして気付きます。
ポージングというものは、ポージングそのものが美しくあることに執着せずに、まっすぐその人を見つめ続けることで、その人の本質をボージングで表すことができるのだと。

奇抜でもいいです。
自然で違和感がないなら。
ありきたりでもいいです。
自然で違和感がないなら。

その人に合うものを。
その人を表すものを。
その人ならではのものを。
その人の本質をより美しく見えるものを。

ポージングを考える時はそんなことを考えています。

できることなら、その人が自然と発することが出来るものがいい。
できることなら、その人の気分を乗せて撮影の中で自分を表していくことを楽しいと思ってほしい。

そんな想いを抱き、
ポージングを付けていきます。

順序としては、足のポジションから。
足のポジション・開く幅・つま先の位置・重心。
これは必ず入念に決めていきます。とはいえ、固めないようになるべく1分以内の指示に留めておきますが。

足のポジションが決まったら、腰・上半身・腕・首の順に整えていきます。
できるだけ真っ直ぐにならないように、必ず関節は柔らかく曲げるように、重心を偏らせていきます。

この少年のチャーミングな魅力は、その人柄の温和さと可愛らしさがあり、どことなく見える自信にあるように感じたので、どっしりと構えた下半身と、コンパクトに収まる上半身でバランスを見ながら整えていきました。

目線は光の方へ。
できるだけ自然にその人を表すように。
そしてその人自身が、表すことを楽しくなるように。

力が抜け、その人らしさが、
その人の本質の美が、
写真に宿りますように。

100%それを表すことは難しいのかもしれないけれど、少しずつでもあなたの真実に近づけるように、写真を撮っていきたいです。

この記事をシェアする