Staff BlogTokorozawa

Satsuki Kudo
所沢店

工藤 さつき

こんにちは!
工藤さつきです。
2018年で7年目を迎えまして、ベテランを通り越してお局になってしまいました(笑)。

出身は神奈川県横浜市。
海が近く、港があり、何より坂の多い街です。
良いお店たくさん知っています。

好きなものは、様々で読書・映画・野球・猫・パンクロック好きです。

読書は、文学系・時代物・哲学書などが好きです。
好きな作家は和田竜さんです。
歴女なもので、時代物大好きなのです。
また、哲学だとハンナ・アーレントが好きです。
かっこいいですよね、彼女。
生きざまも尊敬しています。

映画はメジャーも好きですがミニシアター系が好きで、横浜だとジャック&ベティ、都内だとuplinkに出没したりします。
お気に入りの映画は、「seven years in tibet.」、「世界の果ての通学路」など。

野球は、毎年忙しくても観戦に行きます。
27年以上横浜ファンで大洋ホエールズ時代からのファンです。98年は、優勝パレードに行き感動で泣いていました。
今年は、横浜にいい逸材がたくさん入りましたね。
野球ファンのパパさん、語らいましょう(笑)。

猫は、写真集を出すくらい好きです。
台湾に行って猫を撮ったときは至福でしたね。
ゆくゆくは、イタリアやトルコへ行って猫を撮ってみたい。
猫カフェ一緒に行ってくれる方募集です。

パンクはマイナーなアイリッシュパンク系が好きです。
Flogging Mollyとか来日してくれないかなぁ。
知っている人います?

結構多趣味なので、こんな私に興味がある方、お話しましょう。

ライフスタジオでは主に写真を撮っていますが、私がカメラを始めたのは15年前。
学生の頃に、フィルムカメラを趣味で始めたのがきっかけです。
風景や猫、日常を切り取ることに夢中でしたが、いつしか「生きた写真」を撮りたいと思うようになりました。
その対象が「人」です。

その「人」を撮りたい、「人」に触れたいという思いから、ブライダル写真を経て、ここライフスタジオに来ました。

そんなこんなで最初の店舗は横浜店でした。
私は横浜店でライフスタジオの多くを学び、たくさんのご家族に触れ、人との繋がりの大切さを実感しました。

そうして、横浜店から横浜青葉店へ。
横浜青葉店では、写真をじっくり学び、ここで初めて哲学に触れることになります。

そのあと、数々のプロジェクトを通し、横浜のライフスタジオだけではなく、草加店・浦安店・越谷店と、地域にかかわらずライフスタジオはライフスタジオだということを経験してきました。

そんな経験を通し、スタジオや環境でスタイルが変わることなく、「私」は「私」としてここにいます。

ライフスタジオは「人」が「人」として存在し、「人」として生きる場所。
そんな当たり前のことすら、この社会で生きているとできなくなりますよね。
ここではそんな「当たり前」を写真を通じて感じてもらいたいと思います。
偉そうなことをいいましたが、ただ私がここにいる理由は、私と出会った人たちの温かみを感じたいと思っているからかもしれません。
寂しがり屋なもので…(笑)。

そのとき、その瞬間でしか、出会えないOnly Oneの時間を、一緒に過ごしましょう。

今は所沢店で、皆様との出会いをお待ちしております^^

Study 001: 野村克也 名言集

2019/11/30

169 0

皆さん、こんにちは!
急に寒くなってきましたね…。
体調崩しやすいので、身体ぽかぽかにして毎日過ごしたい今日この頃。


さて、今回は私工藤のハマりもの。
が毎日必ずと言っていいほど見るFacebookページがございます。


それは、「野村克也 名言集」!!!


皆さんは野村克也さんをご存知でいらっしゃいますでしょうか?
野球が好きな人なら。「ノムさん」の愛称で知られていますね。
元プロ野球選手にして、元プロ野球チーム監督。
選手時代は、天才と言われる王・長嶋と同じ時代に生き、トライアウトでプロ野球人生をスタートし、
通算記録ホームラン数657本は、今では考えられないほどの大記録!!

そんな努力と理論の人、野村克也さんは人生の哲学を持ちながら
結果を残してきた偉大な人だと個人的にとても尊敬しているのです!

野村克也さんの言葉には、自ら考え行動してきたからこそ重みのある哲学がたくさん詰まっています。


たくさんある名言の中で、私的に人生と心に響きまくりな名言をセレクション!
この言葉を胸に抱いて生きてみたら少し人生感が変わるかも?

 

その①「努力の先にあるものに価値があるのであり、努力そのものには価値はない」
”人より努力をしたのに、結果を出せない人は多い。これは「練習をたくさんした」というところで満足しているからだ。
「努力による結果」ではなく、「努力そのもの」が目的になっているのである。”


これは、よく陥りがちになることだと思います。
私もそうですが、努力したと思っていてもなかなか結果が出せない時は
だいたいが努力している自分自身の姿を自画自賛しているからなんだと思います。
あくまで努力は方法であり過程。その努力は何のためにしているかを常に忘れないようにしていきたいですね。


その②「しつけの目的は、自分で自分を支配する人間をつくること」
”自分をコントロールできて、はじめて物事を成す。”


子どものころから、学校、就職するときも、親・先生・上司に叩き込まれるしつけ。
それは、自分自身を支配する=自分の人生をコントロールするためだという発想は今までなかったので、
この言葉を聞いたとき、ハッとしました。
自分の人生をコントロールするのは、物事を成していくことの積み重ね。
その積み重ねの数ほど、自分の人生に価値を感じられるのかもしれません。


その③「君たち、野球が好きだろ。それだけで幸せだよ。好きなものを職業にしているんだから」
”君たちはその好きなものを追求して、人生の道と社会の道をつなげていくべきなんだよ”


これは私も仕事に行き詰まり不満が出てきそうになったときに、よく思い起こします。
私がカメラマンになったのも、写真が好きだからであり、それで人生を歩んでいきたいと思ったから。
誰しも好きなことで生きていけるわけでもないので、好きなことで生きていけるのは本当に幸せなんだと思います。
人生と社会を繋げて価値を創ることが、その幸せを確実なものにしていくのかなと最近特に思うのです。

 


その④「人間の最大の悪は何か。それは鈍感である」
”鈍感な選手は同じ失敗を繰り返す。感性が鈍いから失敗しても失敗と気づけないし、たとえ失敗を自覚しても、なぜそれが起こったかを自己分析できない。”


これも、失敗を繰り返すときにハッとします。
鈍感っていうのは、ダメージを受けにくいという側面もあるので主観的に見れば幸せに見えますが、
自分の中の違和感に気付くことや、人から受けてきた恩を感じたり、人の所作に感動して尊敬することなどができなければ、成長はないのだと思います。
気付くことからすべては始まると教えてくれる言葉です。


その⑤「「人生」という言葉。人として生まれる、人として生きる、人を生かす、人に生かされる」
”読み方ひとつで「人生」の意味が変わる。それぞれの言葉を大切にすれば、本当の意味で、自分の人生を送れる。”


自分の人生を大切にするということは、人として生きていき人とつながることだとライフスタジオでも言っていますが、
人生そのものの意味や価値を付けるのは自分自身なのだと思います。
だから、人としてどう考え、判断し、行動するのか。
周りの人を大切にしていくことで、どんなに豊かに生きることができるのか。
人として、という言葉は深く広く果てしないからこそ、一生をかけて追い求めていかなければいけないんだなぁと思わせてくれます。


いかかでしたか?
気になる人はここをチェックしてみてくださいね!

わかりやすく、深い言葉がたくさんありますよ♪
人生に悩んだら是非!

この記事をシェアする