Staff BlogTokorozawa

Satsuki Kudo
所沢店

工藤 さつき

こんにちは!
工藤さつきです。
2018年で7年目を迎えまして、ベテランを通り越してお局になってしまいました(笑)。

出身は神奈川県横浜市。
海が近く、港があり、何より坂の多い街です。
良いお店たくさん知っています。

好きなものは、様々で読書・映画・野球・猫・パンクロック好きです。

読書は、文学系・時代物・哲学書などが好きです。
好きな作家は和田竜さんです。
歴女なもので、時代物大好きなのです。
また、哲学だとハンナ・アーレントが好きです。
かっこいいですよね、彼女。
生きざまも尊敬しています。

映画はメジャーも好きですがミニシアター系が好きで、横浜だとジャック&ベティ、都内だとuplinkに出没したりします。
お気に入りの映画は、「seven years in tibet.」、「世界の果ての通学路」など。

野球は、毎年忙しくても観戦に行きます。
27年以上横浜ファンで大洋ホエールズ時代からのファンです。98年は、優勝パレードに行き感動で泣いていました。
今年は、横浜にいい逸材がたくさん入りましたね。
野球ファンのパパさん、語らいましょう(笑)。

猫は、写真集を出すくらい好きです。
台湾に行って猫を撮ったときは至福でしたね。
ゆくゆくは、イタリアやトルコへ行って猫を撮ってみたい。
猫カフェ一緒に行ってくれる方募集です。

パンクはマイナーなアイリッシュパンク系が好きです。
Flogging Mollyとか来日してくれないかなぁ。
知っている人います?

結構多趣味なので、こんな私に興味がある方、お話しましょう。

ライフスタジオでは主に写真を撮っていますが、私がカメラを始めたのは15年前。
学生の頃に、フィルムカメラを趣味で始めたのがきっかけです。
風景や猫、日常を切り取ることに夢中でしたが、いつしか「生きた写真」を撮りたいと思うようになりました。
その対象が「人」です。

その「人」を撮りたい、「人」に触れたいという思いから、ブライダル写真を経て、ここライフスタジオに来ました。

そんなこんなで最初の店舗は横浜店でした。
私は横浜店でライフスタジオの多くを学び、たくさんのご家族に触れ、人との繋がりの大切さを実感しました。

そうして、横浜店から横浜青葉店へ。
横浜青葉店では、写真をじっくり学び、ここで初めて哲学に触れることになります。

そのあと、数々のプロジェクトを通し、横浜のライフスタジオだけではなく、草加店・浦安店・越谷店と、地域にかかわらずライフスタジオはライフスタジオだということを経験してきました。

そんな経験を通し、スタジオや環境でスタイルが変わることなく、「私」は「私」としてここにいます。

ライフスタジオは「人」が「人」として存在し、「人」として生きる場所。
そんな当たり前のことすら、この社会で生きているとできなくなりますよね。
ここではそんな「当たり前」を写真を通じて感じてもらいたいと思います。
偉そうなことをいいましたが、ただ私がここにいる理由は、私と出会った人たちの温かみを感じたいと思っているからかもしれません。
寂しがり屋なもので…(笑)。

そのとき、その瞬間でしか、出会えないOnly Oneの時間を、一緒に過ごしましょう。

今は所沢店で、皆様との出会いをお待ちしております^^

Photo: ALL for you...

2019/9/1

139 0

Tokotozawa Photo

Photographer: Satsuki Kudo / Masakuni Kikuchi

 

 

It is only Photo Essay…..

 

 

「今年の夏は蒸し暑いね」、

なんて言いながら、クーラーも効かないような場所で、私はあなたに話しかけている。

二人とも少し汗ばんで、

 

あなたの姿を見ていると、なんだか懐かしい感情を思い出してしまう。

あの頃は、私もあなたと同じ小学校5年生だったかな。

毎日は楽しい。だけど、胸がひりひりするような焦燥感があるのはなぜだろう。

何に焦っていたのか、あの時ははっきりとわからなかったけど、

今思えば大人にありつつある自分と、大人になり切れない自分の矛盾を感じて焦っていたんだっけな。

 

あなたも4人姉弟で、私も4人姉弟だった。

同じにしちゃいけないんだけど、なぜだかあなたの眼差しが少し寂しそうな理由もわかるような気がして。

自意識と客観の狭間で揺れ動くように見える。

 

そんなあなたは、美しい。

あなた自身はもしかしたら、そのことに今は少し自信がないのかもしれない。

人とは、揺れ動く中にこそ光が宿り、輝いて見える。

だから、自分自身を美しく思える気持ちと、他者の目が気になる気持ちの間で揺れ動くあなたは、私には美しく見える。

 

孤高で、気高く、美しい。

そんなあなたを写したい。

 

だから、私は私が持てる技術であなたを最大限に美しく写したい。

ポートレートを撮っている以上は、当たり前のことなのだけれどね。

 

真夏の強い光は、力と優しさをくれる。

あなたのシルエットを優しく包むように逆光で。

夏の光には、ストローハットは欠かせないね。

夏の逆光は強いから、ストローハットの網目を突き抜けて、私の方までちゃんと届く。

 

ギターのヘッドと、マイクスタンドを前にぼかして入れるのは、

光を強調するために。

金属だから、その輪郭をうまい具合に光を反射して、まるであなたの周りを光が包んでいるように見せることができる。

 

私から見たあなたは光り輝いて見える。

迷いの中、力強く前に進む姿に、本当に尊敬を覚える。

その尊敬を写真に。

美しいあなたを、誰の目から見ても美しく。

私の技術は、ただそのためにあるものだから。

私の写真の中の光も、構図も、ポージングも、前ぼかしも、全てはあなたのためにあるものだから。

 

技術も、感覚も、センスも、曖昧なものなんてひとつもない。

美しいあなたを写真で表現するために、一切の逃げも、誤魔化しもしたくない。

だってそれが、私があなたの存在を尊敬していることになるから。

 

まっすぐに、深く、誠実に。

人への尊敬と、感謝を込める。

それが、人を写真に撮るということ。

それが、私がポートレートを撮るときに大切にしていること。

 

あなたと、私がここにいる蒸し暑い真夏の空間が、

あなたの人生と、私の人生が触れるクロスポイント。

そのクロスポイントに、どういう意味をもたせるか。

たった一瞬だったとしても、そのクロスポイントに全てを込めて。

 

美しいあなたを写真に撮ることは意味がある。

だから、私の写真の中にあるすべての構成要素には意味がある。

意味がないものなど、なに一つなく、すべてがあなたに向かい、あなたに繋がるように。

 

そんな写真を私はずっと撮っていきたい。

この記事をシェアする