Staff BlogTokorozawa

Satsuki Kudo
所沢店

工藤 さつき

こんにちは!
工藤さつきです。
2018年で7年目を迎えまして、ベテランを通り越してお局になってしまいました(笑)。

出身は神奈川県横浜市。
海が近く、港があり、何より坂の多い街です。
良いお店たくさん知っています。

好きなものは、様々で読書・映画・野球・猫・パンクロック好きです。

読書は、文学系・時代物・哲学書などが好きです。
好きな作家は和田竜さんです。
歴女なもので、時代物大好きなのです。
また、哲学だとハンナ・アーレントが好きです。
かっこいいですよね、彼女。
生きざまも尊敬しています。

映画はメジャーも好きですがミニシアター系が好きで、横浜だとジャック&ベティ、都内だとuplinkに出没したりします。
お気に入りの映画は、「seven years in tibet.」、「世界の果ての通学路」など。

野球は、毎年忙しくても観戦に行きます。
27年以上横浜ファンで大洋ホエールズ時代からのファンです。98年は、優勝パレードに行き感動で泣いていました。
今年は、横浜にいい逸材がたくさん入りましたね。
野球ファンのパパさん、語らいましょう(笑)。

猫は、写真集を出すくらい好きです。
台湾に行って猫を撮ったときは至福でしたね。
ゆくゆくは、イタリアやトルコへ行って猫を撮ってみたい。
猫カフェ一緒に行ってくれる方募集です。

パンクはマイナーなアイリッシュパンク系が好きです。
Flogging Mollyとか来日してくれないかなぁ。
知っている人います?

結構多趣味なので、こんな私に興味がある方、お話しましょう。

ライフスタジオでは主に写真を撮っていますが、私がカメラを始めたのは15年前。
学生の頃に、フィルムカメラを趣味で始めたのがきっかけです。
風景や猫、日常を切り取ることに夢中でしたが、いつしか「生きた写真」を撮りたいと思うようになりました。
その対象が「人」です。

その「人」を撮りたい、「人」に触れたいという思いから、ブライダル写真を経て、ここライフスタジオに来ました。

そんなこんなで最初の店舗は横浜店でした。
私は横浜店でライフスタジオの多くを学び、たくさんのご家族に触れ、人との繋がりの大切さを実感しました。

そうして、横浜店から横浜青葉店へ。
横浜青葉店では、写真をじっくり学び、ここで初めて哲学に触れることになります。

そのあと、数々のプロジェクトを通し、横浜のライフスタジオだけではなく、草加店・浦安店・越谷店と、地域にかかわらずライフスタジオはライフスタジオだということを経験してきました。

そんな経験を通し、スタジオや環境でスタイルが変わることなく、「私」は「私」としてここにいます。

ライフスタジオは「人」が「人」として存在し、「人」として生きる場所。
そんな当たり前のことすら、この社会で生きているとできなくなりますよね。
ここではそんな「当たり前」を写真を通じて感じてもらいたいと思います。
偉そうなことをいいましたが、ただ私がここにいる理由は、私と出会った人たちの温かみを感じたいと思っているからかもしれません。
寂しがり屋なもので…(笑)。

そのとき、その瞬間でしか、出会えないOnly Oneの時間を、一緒に過ごしましょう。

今は所沢店で、皆様との出会いをお待ちしております^^

Butterfly 004: For Yakuwa Family 【人として、ずっと繋がっていたい関係性】

2018/12/31

249 0

あ、そうだった。撮影だった。
そんな言葉から、今年の撮影は始まりました。笑


出会いは突然。


所沢店に2年もいると、何年も所沢店に通ってくださるお客様によく出会います。
所沢店の歴史は10年以上。ライフスタジオ初期からある店舗で、オープン当初から所沢店のファンのお客様もたくさんいます。
2年前に所沢店のスタッフが総入れ替えしたときに、長く来て下さるお客様には驚かせてしまったと共に馴染みのスタッフがいないという悲しさを感じさせてしまったかもしれません。私はライフスタジオではベテランでも所沢店ではまだ2年しか経歴がないので、撮影の雰囲気やペースなどで戸惑わせてしまうこともあったでしょう。それでも所沢店に未だたくさんのお客様が大切な記念に来ていただけるのはとても有難いことであり、私たちは毎日精一杯お客様の想いに応えようとしなければと思い、撮影に入ります。

昨年のことです。
私たちを一際じっと観察していたのが、八鍬ファミリーでした。
カウンセリングをしているときに、観察しながら会話の中にどこか隙があれば何かしら面白いことを詰め込みたい…と言わんばかりに、ママがうずうずしているのがわかりました。
カウンセリングをしながら、「なんだろう?」とソワソワしていながらそれでも撮影の話を続けていると、子供たちが子猫のように人懐っこく絡んできます。
なんだか、良い意味で異様な空気感といいますか、なんといいますか。
とにかく出会いはそんな印象でした。

八鍬ファミリーは10年以上もライフスタジオへ通ってくださり、長男のれん君が赤ちゃんの頃から来てくださっています。
だから、ライフスタジオのことを信頼してくださっているのはわかりますし、ライフスタジオをただの撮影の場ではなく、楽しむ場だと理解してくださっているのが、撮影を始めてすぐに感じました。

家族写真を撮影するときのノリが非常に良いのです。こちらからの指示も、遊びも全力で楽しんでやってくたさいました。
しまいには、「なんか面白いことした方がいいですよね?」なんていうサービス精神旺盛な言葉まで!
そんな言葉に嬉しくなり、私たちも一緒になって遊びながら、いつもよりも長く家族写真を撮っていたような気がします。

ノリがいいのは家族写真だけではありませんでした。
子供たちのソロ写真を撮る時に、スイッチが入ったかのようなモデルモード!!
効果音で表現するならば「ズギュゥゥウーン!!!」というような、まるで電撃が走ったかのような衝撃!!

いやー、なんだろなこの家族。
なんて笑いながら、話していると波長が合いすぎる事実か発覚。
なんと家族全員が、「ジョジョラー」!!※ジョジョの奇妙な冒険という漫画のオタクのこと。
ライフ切っての「ジョジョ女」である私は鼻血が出るくらい食いつきまくり!
「そうそう、第2部でワムウがね。うん、第4部の億泰のシーン泣けるよね。」なんて、仕事中には絶対にしない会話をお客様としている私がいました。笑
完全に仕事だということを忘れていました。 

普通はここで撮影が終われば、また次の撮影までさよなら。
ですが、2017年の年末に唐突に八鍬ファミリーからの連絡。
「工藤さん、たくみさん、ジョジョの脱出ゲーム一緒に参加しませんか?」
これには二つ返事で「行きます!」と返し、2018年1月3日の新年明けたての日に、八鍬ファミリーと脱出ゲームに行くことに。


それぞれジョジョのキャラクターになりきり、協力して謎を解いていく中でパパさんがポツリ。
「うん、なんかいいなぁ~…。いいよね、こういうの。」
たくみはこのときのパパの発言が忘れられないと言っていましたが、私もこの瞬間何かが結びついたような気がしました。
そのあとは、寒空のオープンカフェで皆でくっつきあいながら、ジョジョ話に花を咲かせました。
そのときのそれぞれのイキイキした顔と言ったら。。。

傍から見たらただのオタクの同好会ですが、私には八鍬ファミリーが最初うずうずしていた理由も、ここでハッキリわかりました。
八鍬ファミリーは、ライフスタジオのスタッフの人となりを見て接しようとしてくれたんだと、一線を引く人かどうかを観察していたんだと思いました。
だから、八鍬ファミリーは皆さん私たちのことをちゃんと人として見てくれますし、当たり前のように友だちとして接してくださいます。

今月に撮影に来てくれたときも、カウンセリングで世間話をしすぎて「あ、そうか。撮影しなきゃ。」と我に帰るまでずっと話していそうな感じでした。
たくみは、八鍬ファミリーの影響でこの一年すっかりジョジョにハマり、いろんな仕掛けを作り準備万端で撮影に臨みました。
その結果、家族写真であまり笑わないパパの自然な笑顔を引き出すことに成功。
撮影なのに遊んでいるような、そんな理想的な雰囲気で撮影をすることができました。

思い返してみると、八鍬ファミリーは私たちにスタッフとしての一線を求めてはいないし、純粋に私たちに会いに来てくれているのです。
それは確信します。
なぜなら、撮影でスタジオに来ていることを忘れるほど楽しんでくださるからです。

ジョジョという繋がりがなくとも、きっと人として繋がってくださる方たちで、それは私たちが来る前の所沢店メンバーが八鍬ファミリーと関係性を作ったから、八鍬ファミリーはライフスタジオを人としていられる場所として認識してくださっているんだと思います。

そして、そういった期待と楽しみにもっともっと応えたい。
これからもずっと八鍬ファミリーと繋がって、この関係を大切にしていきたいと思う私がいます。
ライフスタジオがどうとか、私がここにいる間は、とか関係なく、です。
【人として、ずっと繋がっていきたい。】
心からそう思います。
私たちが諦めなければ、関係は続いていきます。
だから、私がどこにいても、どんな人になっても、ずっとジョジョの話に花を咲かせましょうね。


れんとなぎは、これからどんな成長をするのかな?反抗期でも会ってくれるのかな? 
いつかパパとママのカップル写真も撮りたいな。

なんて、また来年会うときまでに思いは馳せるのです。


私たちと出会ってくれて、本当にありがとうございます。

この記事をシェアする