Staff BlogTokorozawa

moriya yoko
所沢店

守屋瑛子

埼玉県所沢市生まれ、埼玉県所沢市育ちの生粋の所沢っ子。

プロぺ通りで大抵の物は揃うと未だに思っております。

趣味でカメラを持ち始めてから早8年。前職ではお子様の撮影~ブライダル撮影までさせて頂いておりました。

幸せな瞬間に立ち会い、その瞬間を残し、その気持ちを共感する。スタジオというのは大変幸せな場所だと思って日々過ごしております。


私個人の話としましては、とにかく猫が好きです。祖母の家では13匹の猫を飼っています。猫屋敷です。自分で飼うなら2匹くらいがいいなと思います。

なので、休日に写真を撮るときは猫カフェに行くことが多いです。猫はいいです。あの曲線美は素晴らしい。

近いうちにハリネズミカフェに行ってみたいと思っています。ハリネズミ、可愛いですよね。基本的に動物が好きです。

ちなみにフクロウカフェには行ったことがあります。かっこいいですよねフクロウ。ヘドウィグが好きです。

でも私が行ったところにはなぜかシロムネオオハシがいてそっちの方が気になりました。結果としてフクロウの写真よりシロムネオオハシの写真の方が多かったです。シロムネオオハシもかっこいいですよね。南国っぽい感じがします。


カメラを持ち始めたのは社会人になってからなのですが、学生時代はバンドをやっておりました。

高校時代はGO!GO!7188やチャットモンチーのコピバンをし、大学に入ってからは東京事変やマキシマムザホルモンなどなど邦楽を中心にコピーしておりました。

ハードロックやデスメタルなどまで幅広く聞くタイプです。
Ark Enemyの来日ライブに行ったのはとてもよい思い出。
The White StripesやBlood Red Shoesとかもすごく好きです。知ってる方いますかね。。どちらも2人組のバンドなのですがとてもかっこいいのでオススメです。

邦楽だとacidmanやフジファブリック、くるり、man wtth a missionが好きです。最近の曲はあまりわかりません…。あと澤野弘之が大好きです。


映画も好きです。感銘を受けたのはダンサー・イン・ザ・ダーク。ビョークの演技は鳥肌ものでした。悲しい映画と言われがちですが、母親の愛がいかに強いものかを訴えられた気がします。でも元気のない時には絶対に見れる気がしません。

ジブリで1番好きなのは「紅の豚」です。ラピュタとナウシカではナウシカ派。

あと庵野監督の映画が大好きです。最近だとシン・ゴジラが記憶に新しいですね。映画館に2回見に行きました。庵野監督のジブリ時代の印象も垣間見えつつ、BGMにヱヴァンゲリヲンを使うというファン涎物の演出。第一形態の時なんて完全にヱヴァンゲリヲンじゃないですか。蒲田くん可愛いすぎます。第三形態は完全にエヴァですよね。この気持ち伝わりますかね。伝わった方、ぜひ語りましょう。


こんな感じの、サブカルチャー色の強い人間でございます。

少しでも興味を持って頂けた方はぜひ所沢店でサブカル的な絡みを・・・ぜひに・・・。


では、皆様とお会いできる日を楽しみにお待ちしておりま~す^^

Butterfly〜Morimoto Family〜

2019/12/15

176 0

【想いの集まる場所】

 

 

 

「ただいま所沢店!!」

そう言ってお店に入って来てくれたママさん。本当に私嬉しかったんだから!

 

 

 

 

森本ファミリーこと、こうちゃんファミリーとの初めての出会いは2017年12月。

2013年のこうちゃん1歳の時からライフスタジオに毎年来てくれているご家族にとって、この時が初めての所沢店でした。

 

この時担当させて頂いたのはコーディネーターの私と、偶然横浜青葉店から来ていたカメラマンのれいりさん。

当時入社ちょうど1年ぐらいだった私は、確かこの時がれいりさんと入る初めての撮影だったのではないかと思います。(随分懐かしい話です。笑)

 

この年はこうちゃんが七五三で、入社1年目だった私はこうちゃんのあまりにお利口さんで驚愕した覚えがあります。

とってもお写真が上手で、私たちとのおしゃべりをすごく楽しんでくれて、ママとパパもライフスタジオと私たちのことをすごく愛してくれているということ。

 

そして何よりママさんから感じたのは、「思い出を記録し続けること」をとても大切にされているということでした。

 

 

 

そして再会はやってきます。2019年12月15日。そう、この文章を書いている今日です。

 

ご指名をいただかない限り、基本的に私たちとお客様の再会というのは偶然です。

そして、その偶然を必然だったものに変えるのは、私たちの想いと行動だと私は思っています。

 

玄関の扉をママに背中を押されて恥ずかしそうに1人で先頭を切りお店に入ってきたこうちゃん。

ママに小さな声で何かを耳打ちされて、出てきた言葉は、

 

「14時に予約をした森本です!よろしくお願いします!6歳です!」

 

 

んんんんんん!!!!変わらないお利口さんのこうちゃん!!!!!!

 

そんなこうちゃんの様子を後ろからニコニコと見ていたママさん。

「お久しぶりです。七五三の時にご一緒したようちゃんです。」とご挨拶をさせていただくと、ママさんから返ってきた言葉は本当に嬉しいものでした。

 

 

「やっぱりそうですよね!そう思った!ただいま、所沢店!!」

 

 

ママさん、私、本当に嬉しかったんだから。

私を覚えてくださっていたことも、所沢店にまた来てくださって、「ただいま」とおっしゃっていただけたことも。

 

「ただいま」って、皆さんどんな時に言いますか?なんて変な質問ですが。笑

もちろんその言葉はお家に帰ったとき。もしくは、お家のように安心感を感じられたり、大好きな場所に戻って来たとき。

もし、ママさんをはじめこうちゃんファミリーにそんな風に思っていただけていたなら。

初めて出会った2017年の時に、そんな風に思っていただくきっかけを作ることができていたのなら。

3年間所沢店でコーディネーターをして来た私にとって、ママさんが言ってくださった「ただいま所沢店」の一言は、何より嬉しい言葉でした。

 

 

先ほど先述した通り、「偶然の再会」を「必然の再会」に変えるのは我々の想いと行動です。

私がママさんの「ただいま」に答えるためにできること、それはコーディネーターとしてご家族のために寄り添ったご提案をし表現することです。

 

この2年、会わない間にこうちゃんは本当に立派な1年生になっていました。

 

 

 

身長も伸びて大きくなった。私たちにもたまに敬語を使うようになった。(これは結構寂しい!笑)

 

2年前との違い、成長、でもその中にまだ残る可愛らしさ。それを今年は写真に残してあげたい。

 

服装は2年前に提案したものよりも少し大人らしく。

去年は草加店でナチュラルに。では今年は所沢店で少しお兄さんらしく。でも、元気に!

 

そんな盛りだくさんの私の想い。撮影前も、撮影中も、たくさん詰めて。

伝わるかな。伝わるといいな。そんなドキドキした気持ちで撮影をさせていただきました。

 

(ママの誕生日にサプライズで書いたというお手紙を持って来てくれました。素敵〜!!)

 

 

 

撮影後のモニターで全員でお写真を見た後の私とママさんとの会話。

「成長は嬉しいけど、寂しいのよね。」

「わかる〜〜〜〜。急いで大人にならないで欲しい。」

 

 

お子さんと過ごすパパとママの1日って結構長く感じられると思うんです。

でも、お子さんと過ごす1年ってものすごく早いんじゃないかと、そうも思うんです。

 

だからこそ、こうして毎年記録に残してあげること、本当に大切だと思います。

 

 

「毎年ね、ライフスタジオでアルバムを2冊作るの。この子が大きくなって出て行くときに持ってく用と、私の分の2冊。」

そう言ってママさんは嬉しいような寂しいような表情をして話してくれました。

本当に素敵なママさん。「今」が「今」しかないことをわかっていらっしゃって、こうやって家族の思い出を記録し続けてくださっている。

そんなご家族のお手伝いをさせていただけていること、本当に光栄なことだと思います。

 

 

ママがそう言っているときに、「僕は出ていかないよ、ずっとママといる」と言ってくれたとっても優しいこうちゃん。

ようちゃんはもうあなたにメロメロです。

 

また来年の12月。もっと成長した姿をきっと見せに来てね。

でも、あんまり急いで大人にならないでもいいからね。少し寂しいから。笑

 

「来年も、ここに来たいです!ここがいいです!」

 

そう言ってくれたこうちゃんの気持ちに答えられるように。

また来年、「ただいま所沢店!」と言ってもらえるように。

 

所沢店が、みんなの【想いの集まる場所】でいられるように。

私もまた1年、こうちゃんに負けない速度で成長したいと思うのです。

 

この記事をシェアする