Staff BlogTokorozawa

moriya yoko
所沢店

守屋瑛子

埼玉県所沢市生まれ、埼玉県所沢市育ちの生粋の所沢っ子。

プロぺ通りで大抵の物は揃うと未だに思っております。

趣味でカメラを持ち始めてから早8年。前職ではお子様の撮影~ブライダル撮影までさせて頂いておりました。

幸せな瞬間に立ち会い、その瞬間を残し、その気持ちを共感する。スタジオというのは大変幸せな場所だと思って日々過ごしております。


私個人の話としましては、とにかく猫が好きです。祖母の家では13匹の猫を飼っています。猫屋敷です。自分で飼うなら2匹くらいがいいなと思います。

なので、休日に写真を撮るときは猫カフェに行くことが多いです。猫はいいです。あの曲線美は素晴らしい。

近いうちにハリネズミカフェに行ってみたいと思っています。ハリネズミ、可愛いですよね。基本的に動物が好きです。

ちなみにフクロウカフェには行ったことがあります。かっこいいですよねフクロウ。ヘドウィグが好きです。

でも私が行ったところにはなぜかシロムネオオハシがいてそっちの方が気になりました。結果としてフクロウの写真よりシロムネオオハシの写真の方が多かったです。シロムネオオハシもかっこいいですよね。南国っぽい感じがします。


カメラを持ち始めたのは社会人になってからなのですが、学生時代はバンドをやっておりました。

高校時代はGO!GO!7188やチャットモンチーのコピバンをし、大学に入ってからは東京事変やマキシマムザホルモンなどなど邦楽を中心にコピーしておりました。

ハードロックやデスメタルなどまで幅広く聞くタイプです。
Ark Enemyの来日ライブに行ったのはとてもよい思い出。
The White StripesやBlood Red Shoesとかもすごく好きです。知ってる方いますかね。。どちらも2人組のバンドなのですがとてもかっこいいのでオススメです。

邦楽だとacidmanやフジファブリック、くるり、man wtth a missionが好きです。最近の曲はあまりわかりません…。あと澤野弘之が大好きです。


映画も好きです。感銘を受けたのはダンサー・イン・ザ・ダーク。ビョークの演技は鳥肌ものでした。悲しい映画と言われがちですが、母親の愛がいかに強いものかを訴えられた気がします。でも元気のない時には絶対に見れる気がしません。

ジブリで1番好きなのは「紅の豚」です。ラピュタとナウシカではナウシカ派。

あと庵野監督の映画が大好きです。最近だとシン・ゴジラが記憶に新しいですね。映画館に2回見に行きました。庵野監督のジブリ時代の印象も垣間見えつつ、BGMにヱヴァンゲリヲンを使うというファン涎物の演出。第一形態の時なんて完全にヱヴァンゲリヲンじゃないですか。蒲田くん可愛いすぎます。第三形態は完全にエヴァですよね。この気持ち伝わりますかね。伝わった方、ぜひ語りましょう。


こんな感じの、サブカルチャー色の強い人間でございます。

少しでも興味を持って頂けた方はぜひ所沢店でサブカル的な絡みを・・・ぜひに・・・。


では、皆様とお会いできる日を楽しみにお待ちしておりま~す^^

【Butterfly】山口ファミリー 〜私とママを再会させてくれた子供達〜

2019/10/16

133 1

私と山口ファミリーとの出会いは3年前になります。

しかしながら、厳密に言えばママさんとの出会いはもう16年前になります。

 

というのも、これは初めてお会いした3年前の撮影時にわかったことなのですが、ママさんと私ったら高校の同級生なのです。

 

はじめに同じ高校だということがわかり、その後に年齢も同じだということがわかり。

だけど高校時代はお互い面識もなく、しかしながら共通の友人はいるという。笑

 

もうずっと前に出会ってたんですねなんて言いながら奇跡の再会を果たしてから、今年で3年になります。

 

 

 

 

〜2017年〜

山口ファミリーと初めて会ったあの日の緊張感は今でも忘れません。

 

初めてライフスタジオを利用するといってご予約をいただいた際に、山口ファミリーの長女みゆちゃんには「18トリソミー」という個性があると電話でお聞きしていました。

 

18トリソミーとは別名エドワード症候群と呼ばれる成長障がいです。

通常であれば2本であるはずの18番染色体が1本多く、3本になることが原因の染色体疾患だそうです。

 

18トリソミー。皆さまご存知だったでしょうか?

私はみゆちゃんに会うまでお恥ずかしながら知りませんでした。

山口ファミリーが初めて来店された3年前のあの日、ご縁あって撮影には私とvolvoさんで入らせていただくことになり、「私に何ができるだろうか」と漠然と考えていました。

 

 

山口ファミリーが来店された当日、当時2歳だったみゆちゃんには生まれたばかりの妹がいました。その名もきほちゃん。当時まだほやほやの1カ月さんです。

 

みゆちゃんの身体の大きさはきほちゃんと同じくらいで、2人はパパとママにそれぞれ抱っこされてお店に入ってきました。

 

その2人のなんと可愛らしいことか。

まるで双子ちゃんですね、なんて話したのが1番最初だったことを覚えています。

 

 

 

きほちゃんはまだ1カ月さんだったのに堂々たるお姿で、隣に寝ているみゆちゃんを一生懸命蹴りまくっていた記憶があります。笑

みゆちゃんは、すごく表情が豊かで言いたいことをしっかりこっちに伝えてくれます。

私が大きい声をだしたりするとその度に怒ったような目線が来ていました。笑

 

その日の事は以前ブログにも書いておりますので是非ご覧くださいませ。

思い出ブログ#8 山口family

 

 

この日のこと、絶対ブログに書きますね。また、絶対に会いましょうね。とお約束をし、そして翌年。

偶然ご一緒させていただいてから1年たち、有難いことにvolvoさんとのペア指名をいただきました。

 

 

 

〜2018年〜

お電話をいただいてから昨年のことを振り返り、再会するまでの間に私たちが山口ファミリーにできる最善は何かを考えました。

みゆちゃんが安心してスタジオにいれる環境を整えよう。前回のことを踏まえてモニタールームはみゆちゃんが安心できるように広い方へ。

子供達、そしてパパとママにできるだけリラックスしてもらえるよう頭の中でその日の流れを何度も確認しました。

 

1年ぶりに会った子供達は驚くほどの成長を遂げていて、特にきほちゃんは1歳なのにスタスタ歩くし意志もハッキリしているし。

あれ、あなた本当にまだ1歳よね?なんて話でこの年は撮影がスタート。笑

 

今年はみゆちゃんの七五三がメインの撮影。

着物はみゆちゃんの身体に合わせてパパとママが持ってきてくれました。

 

 

そして、撮影中にやはりみゆちゃんにお顔で怒られる私。笑

「うるさいわね、また今年もあなたなの?しょうがないわね」なんてアテレコをしたくなるような私とみゆちゃんの関係性(と、有難い解釈をさせていただいています。笑)。

 

撮影はみゆちゃんのペースに合わせて行います。

ちょっとご機嫌斜めになってきたかな?というタイミングでママさんがすかさず飲み物タイムを挟んでくださり、それを見ながら心をほっこりさせてもらうというのが実は私のルーティーンになっていたりして。

 

 

きほちゃんはもう先述した通り、「本当に1歳さん!?」と驚いてしまうほどのモデルさん。

ママにそっくりな可愛いお顔で華麗にドレスを着こなします。

子供の1年て本当にすごい。山口ファミリーにお会いするとそれを実感します。

 

 

そしてモニター前にはママとゆっくり思い出話に花が咲きます。

「あれ覚えてる?」「あの人どうしてるかな」「私たちもついに30歳ですね・・」

この年は三十路越えについての話が多かったのはきっと気のせいではないです。笑

 

 

実は私、ママさんのInstagramをすごく見させていただいていまして。

去年の撮影の時から追っていて、その際に「18トリソミー」について深く知るきっかけをいただきました。

みゆちゃんときほちゃんの写真と投稿の文章、その中にあるママさんの声。

ママさんと私が再会できたのはきっと偶然ではなく意味があるのでは、と勝手に思い始め、もっと山口ファミリーに寄り添える人になりたいと確信を持ったのが、この2018年の撮影です。

 

 

 

〜2019年〜

そして今年。山口ファミリーから予約をいただいていることに気づき「絶対私が電話する!」と勇んで受話器を握りました。

お久しぶりです〜!の挨拶の後に、ママから驚きの一言が。

 

「実はね〜、3人目が生まれたの〜!本当は黙っておいて当日に驚かせようかとも思ったんだけどね〜」

 

はい、この時点で驚きです。ていうか秘密にしようとしないでください。笑

ママさん可愛すぎです。

 

そんな5人家族になった山口ファミリーと3年目の撮影です。

 

 

子供の1年てすごい、と先ほど書かせていただきましたが、今年はさらに驚きの成長を子供達は見せてくれました。

 

 

 

きほちゃん、歩くしむしろ走るし喋るし。今では一番のお姉さん気質かな?

 

みゆちゃん、感情表現が本当に豊かになった!ご飯を食べる姿を見てようちゃん大感動。

 

そして初めましてのりなちゃん、6ヶ月さんなのに力が強い!3年前のきほちゃんを思い出します。

 

今年も例年通り子供達のペースに合わせて撮影。去年私を和ませてくれていたきほちゃんのジュースタイムはなんと今年はママではなくきほちゃんが担当!

 

きほちゃんのことは生まれてからすぐ見ていたので、まさかたった3年でこんなにお姉さんになるなんて。

 

私とママさん、パパさんにこの3年間で関係性が作られたように、みゆちゃんときほちゃんにもこの3年間でお互いの関係と信頼が築かれていることを実感しました。

そして山口ファミリーには今年からりなちゃんがいます。

 

今までの家族の形を大事にしながら、新しい家族の形を創っていく。

そして1年に1回、その記録を残すお手伝いを私はさせてもらっている。

それのなんとありがたいことか。

 

出会ってから3年、山口ファミリーとの出会いでその想いを改めて感じさせていただきました。

 

 

今年の撮影が終わり、モニターを待つ間に私はママとパパに1つのお願いをしました。

 

 

「私と山口ファミリーのことをButterflyに書かせてもらえませんか?」

 

 

次に私がButterflyを書くなら山口ファミリー。これは前々から考えていたことで、しかも書くなら全てを書きたいと思っていました。

そして、全てを書くならママとパパに直接許可をいただき、改めて色々な話をさせてもらいたい。そういう想いが私にありました。

 

まずButterflyの説明をし、パパとママのこと、子供達のこと、そしてみゆちゃんの18トリソミーについてもよければ書かせてほしい。そうお話しをさせていただきました。

 

多分、ただ想いを書くだけならここまでの許可取りはいらなかったかもしれません。

ただ、私は想いを発信する側の人間として、山口ファミリーの力に何か少しでもなれたらという想いがあったのです。

 

18トリソミーというみゆちゃんの個性は、私と山口ファミリーを出会わせてくれて繋ぎ合わせてくれた絆です。

だからこそ、私の力なんて本当に小さなものだけれど、ここでお話をすることによって少しでも知る人が増えたらと思うのです。

 

ママさん、パパさん。快く承諾していただけたこと、本当にありがとうございます。

 

 

 

 

今年の撮影が終わった日の夜、ママさんが嬉しいメッセージをくれました。

(文章打ち直して2回送っちゃってるのママさん可愛い。。。)

 

言うなれば私と山口ファミリーとの関係は【共に歩み続けるパートナー】のようなものかもしれません。

また来年会うことになんの違和感もない。お互い、きっとまたこうしてここで会えると信じて疑っていません。

絶対に私は来年もその次の年も山口ファミリーと一緒にいると信じて疑いませんし、きっと山口ファミリーもそう思ってくれているだろうことを信じることができます。

 

ある意味、山口ファミリーは私のことを「ライフスタジオのようちゃん」ではなく、ただの「守屋瑛子」として見てくれているのかもしれません。

(まぁママさんは高校の同級生だからというのもありますが。笑)

 

そう思わせてくれる機会をくれた、ママさんとの奇跡の再会を果たさせてくれた山口ファミリーの子供達には感謝しかありません。

 

子供達の成長も楽しみ。そして、家族の形を残すお手伝いを毎年させてもらえるのも本当に楽しみ。

 

ああ、来年はどんな家族写真を残そうか。なんてことを考えながらこのButterflyを締めくくろうと思います。

この記事をシェアする