Staff BlogTokorozawa

volvo
所沢店

volvo(nakanouchi)

こんにちは、中之内隼です。
ライフスタジオではvolvo(ボルボ)と呼ばれています。

なぜボルボと言うのかはお会いした時にお話ししましょう。
あまり楽しくないかもしれませんが(汗)

転勤族です。
6年間の間に10店舗以上異動しています。

私がどこにいるかはこのブログのありかを探していただければわかります(笑)

ちなみに今は所沢店にいます。

写真と旅とサッカーが好きです。
写真はフォトグラファーなので当たり前ですが(笑)内容はポートレートでも風景でも撮ります。
今では人を撮る事に楽しさを感じていますが、写真を始めるきっかけになったのは風景写真でした。

23歳の時に一人旅で行った京都がきっかけでした。
紅葉が満開の嵐山を見て「これは記録に残すべきだ」と直感的に感じたのがはじまりです。
しかしその時は寒く、懐から出したデジカメが結露してしまい、一枚も撮る事なく壊れてしまいしばらく呆然と山を見ているしかなく焦ったのを未だに覚えています。
結露は1時間ぐらいで奇跡的に治り、写真を撮る事ができたので感動を収める事ができました。

もしその時デジカメが治らなかったら、私はここにはいなかったかもしれません。

関係あるかわかりませんが(笑)
だからこの仕事では一期一会で唯一無二の感動をいつでも見れる写真へと残す事にやりがいを感じています。

ライフスタジオの写真はスタッフがやりがいや生きがいを感じていなければ美しく残す事はできません。

だから私たちは自分自身の発展に重心を置き、本を読んだり、旅行に行ったり、自分たちも経営に参加したりしています。

私もフォトグラファーですが、写真と同じくらい時間ほかの事もしています笑

そんな私ですが、少し「写真」そのものの話を・・・。
持論ですが笑

写真とは、私は撮影者と被写体の人生のリンクポイントだと思っています。

他人である私たちが写真館という場所で出逢い写真を撮るという事は、その場だけの接点ではなく、お互いがそれぞれ生きてきた人生が一枚の写真に現れると思っています。

撮影者の人生がシャッターチャンスを作り、被写体の人生が写真に生命力を宿す。

だからこの仕事には「やりがい」があります。

こんな私ですが、撮影は全力がモットーです。
汗くさかったら言ってください(笑)

忘れがちな本質へのノック

2018/11/6

457 4

9月、10月の2ヶ月間、青葉店の高川夏子さんは、所沢店にきました。

その間で最も周りに反響を呼んだ施策が「哲学をする」という行為でした。

「夏子が哲学!?」と、ブログを呼んだ誰もが思ったことでしょう。

ブログを呼んでなんだか心配になった人も多かったようです。

しかし、これはとても意味があることだったと私は思っています。この2ヶ月間、なぜ夏子は哲学をやったのでしょうか。少し説明をしたいと思います。

 

・なぜ、夏子は所沢に来たのか??

交換勤務初日に問いました。「あなたはなぜ所沢に来たのか?」

夏子は答えました。「怠惰な自分に打ち勝ちに来た」と。

怠惰・・・?あぁ、なまけるということか。と思いながら、話を聞きました。

話によると、ここ数ヶ月やらなければいけないことがやりきれず、できないやれないのスパイラルに落ち込み

周りからもそういう目で見られるようになってしまった。だから少し環境を変えて立ち戻りたいと。

 

そして夏子はこう言いました。

「だから、所沢ではブログを月に10個書きます!」

 

その瞬間、私は思いました。

「できなかった理由は怠惰ではない」

 

なぜなら、量でなんとかしようとする行為は問題の本質を隠してしまう行為であり、原因を探さずにがむしゃらに動こうとしているのが見えたからです。まず所沢で10個を書いたからといって、青葉に戻って月に5個が継続できるという確信はないですし、そもそも仕事の量が問題ではないからです。

その後も話を聞いていると、夏子から出てきた言葉は「仕事をするのは本当に好きです」でした。

その言い方に建前の雰囲気はなく、あ、夏子は本当に誰かと仕事をするのが好きなんだなと思いました。

 

だからこそ、なぜ仕事に集中できないのかを知る必要がありました。

だからたくさん質問をしてみました。

 

「なぜブログを書いているのですか?」

「なぜこの仕事をしているのですか?」

「なぜ青葉にいるのですか?」

 

こんな質問に適切に答えられる人はあまりいません。

悩ませてしまいました。

 

人の仕事の仕方には2つパターンがあると思っています。

ひとつは、義務感で動く人間、もうひとつは、意義で動く人間です。

言い換えると、やらなければいけないか、やりたいかです。

 

私の感覚では、夏子は後者だと思いました。

今年の1月、夏子は一度所沢に来ていました。その時自分の中にある写真に対する気持ちが結果として現れ、

写真が変化しました。そこにいは義務感より楽しみが多かったように思います。

 

もちろん仕事である以上義務感から逃れることはできませんが、自分の中に仕事に対する気持ちがあれば義務感を上回ることができます。ようは捉えようです。

夏子には、仕事の捉え方を勉強するのがいいのではないかと話していたところ、工藤さんから提案されたのが「仕事の哲学」でした。

最初私は量が多いので反対しましたが、夏子と工藤さんの間で計画がたてられ、実行されました。

工藤さんは本を利用しながら、的確に、現実と合わせながら雲の上の話にならないように進めてくれました。

今となってはこの本でよかったと思います。ごめんなさい私が違っていました。

 

学んだ内容については、夏子がブログに書いているので読んでいただければと思いますが、

結果的に、10月は彼女のブログが11個に達しました。

目標を掲げたわけでもなく、なにあげようか迷ったわけでもなく、日々やったことが自然と。

所沢に来た時に言っていた数字的な目標は立てずに、やるべきことをやったら勝手に10個を超える。

私はこれが理想のブログの上がり方だと思います。

 

最後までやりきった夏子さん、週に1〜2回夜遅くまでマンツーマンで講義をした工藤さんの二人の人間性に拍手を送りたいです。

 

 

 

働き方の哲学①予習

働き方の哲学②復習 

働き方の哲学③予習

働き方の哲学④復習

働き方の哲学⑤予習

働き方の哲学⑥復習

働き方の哲学⑦予習

働き方の哲学⑧復習

働き方の哲学⑨予習

 

最近、こうした人の本質に触れるような動きが少ないような気がしています。

 

哲学?なにそれ?

本?めんどくさいよ?

人に深く?その方が問題増えるじゃん?

 

今の社内はこんな言葉が聞こえてきそうです。

心配です。

この記事をシェアする