Staff BlogTokorozawa

Satsuki Kudo
所沢店

工藤 さつき

こんにちは!
工藤さつきです。
2018年で7年目を迎えまして、ベテランを通り越してお局になってしまいました(笑)。

出身は神奈川県横浜市。
海が近く、港があり、何より坂の多い街です。
良いお店たくさん知っています。

好きなものは、様々で読書・映画・野球・猫・パンクロック好きです。

読書は、文学系・時代物・哲学書などが好きです。
好きな作家は和田竜さんです。
歴女なもので、時代物大好きなのです。
また、哲学だとハンナ・アーレントが好きです。
かっこいいですよね、彼女。
生きざまも尊敬しています。

映画はメジャーも好きですがミニシアター系が好きで、横浜だとジャック&ベティ、都内だとuplinkに出没したりします。
お気に入りの映画は、「seven years in tibet.」、「世界の果ての通学路」など。

野球は、毎年忙しくても観戦に行きます。
27年以上横浜ファンで大洋ホエールズ時代からのファンです。98年は、優勝パレードに行き感動で泣いていました。
今年は、横浜にいい逸材がたくさん入りましたね。
野球ファンのパパさん、語らいましょう(笑)。

猫は、写真集を出すくらい好きです。
台湾に行って猫を撮ったときは至福でしたね。
ゆくゆくは、イタリアやトルコへ行って猫を撮ってみたい。
猫カフェ一緒に行ってくれる方募集です。

パンクはマイナーなアイリッシュパンク系が好きです。
Flogging Mollyとか来日してくれないかなぁ。
知っている人います?

結構多趣味なので、こんな私に興味がある方、お話しましょう。

ライフスタジオでは主に写真を撮っていますが、私がカメラを始めたのは15年前。
学生の頃に、フィルムカメラを趣味で始めたのがきっかけです。
風景や猫、日常を切り取ることに夢中でしたが、いつしか「生きた写真」を撮りたいと思うようになりました。
その対象が「人」です。

その「人」を撮りたい、「人」に触れたいという思いから、ブライダル写真を経て、ここライフスタジオに来ました。

そんなこんなで最初の店舗は横浜店でした。
私は横浜店でライフスタジオの多くを学び、たくさんのご家族に触れ、人との繋がりの大切さを実感しました。

そうして、横浜店から横浜青葉店へ。
横浜青葉店では、写真をじっくり学び、ここで初めて哲学に触れることになります。

そのあと、数々のプロジェクトを通し、横浜のライフスタジオだけではなく、草加店・浦安店・越谷店と、地域にかかわらずライフスタジオはライフスタジオだということを経験してきました。

そんな経験を通し、スタジオや環境でスタイルが変わることなく、「私」は「私」としてここにいます。

ライフスタジオは「人」が「人」として存在し、「人」として生きる場所。
そんな当たり前のことすら、この社会で生きているとできなくなりますよね。
ここではそんな「当たり前」を写真を通じて感じてもらいたいと思います。
偉そうなことをいいましたが、ただ私がここにいる理由は、私と出会った人たちの温かみを感じたいと思っているからかもしれません。
寂しがり屋なもので…(笑)。

そのとき、その瞬間でしか、出会えないOnly Oneの時間を、一緒に過ごしましょう。

今は所沢店で、皆様との出会いをお待ちしております^^

ライフスタジオ的ポージングのすゝめ。

2018/9/19

359 2

ライフスタジオ的ポージングのすゝめ

 

前回はこちら→『ライフスタジオ的クローズアップのすゝめ』

 

こんにちは!

突然ですが、ライフスタジオの写真の特徴と言えばなんだと思いますか?

一番多くいただくお言葉が「自然な写真」です!

 

私は、その「自然な写真」イメージにに共通するのは「力の抜けた」「リラックスした」写真であること。かつ、「おしゃれ」で「モデルのようにかっこよく」、「美しい」写真であることであると思います。

 

「リラックスした」「力が抜けた」写真と、「モデルのような」写真が一見すると逆の写真のように見えますが、雑誌のモデルを見ているとわかるように、プロのモデルはポージングが自然に簡単にやっているように見えます。作られたポージングであり、日常生活ではやらないポーズでありながら自然に見えるということは、それがまるで憧れの中にある理想の自然体をモデル自身が演じているからです。そのように演じると、モデル自身がかっこよく見えてきませんか?

 

すなわち、ポージングが美しくかつ自然であることで、その被写体自身を輝かせることができるのです。だから、ライフスタジオではポージングを作りながら被写体をより自然でより美しく写す技術を用います。

 

さてさて、ポージングを被写体に付ける前に、ライフスタジオの基本であり、原則であることを前提としてください。

・被写体を把握すること。→被写体がどんな人でどんな特徴があるかを見ないとその人に合ったポージングを付けることはできないから。

・撮影者と家族・被写体の関係性を自ら作ろうとしていること。→被写体も家族も、何者かわからない人の前では緊張で体も思うように動きませんし表情も出にくいです。被写体が安心して楽しむ空間を作ることこそが良い写真への近道です。

そのことを踏まえたうえで、私がポージングを付けるポイントを整理してみました。

 

Point 1. ポージングは足の位置から決める。足から動かす。

 

ポージングは、足元から決めて次第に膝・腰・肩・腕・首と上に上がっていきながら作っていくと、スムーズに組み立てられます。被写体も足を最初に決めると、あとから足を組み立てるより身体的に少し楽だと思います。

 

Point 2. 被写体の体の左右の体重の比重ををアンバランスにする。

簡単に言えば、被写体に体重移動をさせるということです。右足にも左足にも平均的に体重が乗っている状態は、日常でもあまりないと思います。バスを待っているとき、椅子に座っているとき、リラックスをした状態でいるときは人は、体の左右どちらかを軸として傾いた状態になっています。実は、プロのモデルの人たちもこの体重移動をすることでどこか力が抜けたリラックスした雰囲気を演出しています。

 

Point 3. 関節を最低3か所以上曲げる。

Point 1でからポージングを付けて、Point 2で体重移動をしてもらうと自然とそうなるので気付くと思いますが、自然で美しいポージングの特徴は関節を3か所以上曲げることです。足からポーズを付ければ、まず足首を曲げ、体重移動させれば腰を曲げます。そして、腕のポージングを付けなくても首のポージングを付ければ、3か所曲げたことになりますね。手足や背骨がまっすぐに突っ張ったポージングは固く見え、不自然に見えがちです。特に腰や背骨を曲げるとより自然に見えやすいので、ぜひ試してみてください。

 

Point 4. 常にS字を意識する。

 

これはポージングをするうえで基本かもしれません。足元から頭の先までの全身のポーズも、バストアップのポーズでもそうですが、S字を描くようにポージングを設定してみてください。そうすると、張る所は張って力を抜くところは抜くということがわかるでしょう。また、S字を作るために足首や首も曲げるとより自然度が増すことがわかるでしょう。また体をひねるとS字が作りやすくなります。

 

Point 5. 動かすときは少しずつ、動きの中で。大胆に足元から動かしてみる。

 

一回、ポーズを決めると次の写真を撮るときにまた一からポーズを設定し直さないといけないと思っていませんか?それをしてもよいですが、自然で綺麗なポージングをするには動きの中で撮ることも重要です。つまり、一回目のポージングと二回目のポージングを一から設定し直す必要はないということです。その時は足元のポジションだけ変えてみるといいかもしれません。例えば、この写真のように軸足を変えずに左足だけ前に出してみるとか、その際にバランスがいいように首の角度も手首の角度も変えます。そうすると、大幅にポージングを変えなくともポーズが変わったように見えますね。

 

Point 6. 何よりも、被写体に合ったポージングを。

子供写真館ならではのポージングや、今までのポージングにとらわれて、どんな年齢の被写体が来ても同じようなポージングをしていませんか?自然なポージングで重要なのは、素早く負担なく何よりもその人の体形やイメージに合っているかどうかです。無理なくその人に合ったポージングこそが、自然で美しいポージングになります。そのために、前提としていた「被写体把握」が何よりも重要です。

 


ポージングは、私自身うまくいかないと悩んだ時期もあります。しかし、コツさえつかめば撮影者自身が思うようなポージングもきっとできるようになります。そのためには、日々撮影の中で余裕を持つことが最も重要かもしれません。

 

では、また次回♪

この記事をシェアする