Staff BlogYokohama Aoba

kaori sasaki
横浜青葉店

佐々木 郁

こんにちは!
カメラマン件コーディネーター件ヘアメイクの佐々木です^^
みんなからは、かおちゃんと呼ばれています。

入社は2012年。
今はなき横浜店が初めて勤務したライフスタジオです。
その後横浜青葉店、新横浜店、また横浜青葉店へ。
2018年5月に出産を経て、2019年4月に現場復帰。
ママとして、これからもお客様とさらに近い距離で「共感」の接客を目指したいと思います。

再会したら、一緒に写真を撮りましょう^^
そして再会までの時間、家族にどんなことがあったか話しましょう。

Butterfly ~yamakawa family~

2018/3/31

452 0

前に撮影に入ったのはもう二年も前。
今回の予約受付電話の際に、「もしかして佐々木さんですか?と」名前を呼んでいただいた時は素直に嬉しさがこみ上げてきました。
二回の撮影を経て、今回の電話の時に「またお願いできますか。」とお言葉を頂いた時に私が感じた事。
それはやっぱり『お客様から信頼してもらう事』が一番大切なんだ。ということでした。
 
二年前初めて山川ファミリーに入らせて頂いた頃を思い出しました。
その頃の私はコーディネーター歴が長くなってきて、終わりの無いコーディネーターという仕事に、本当に良いコーディネーターってなんだろう。と毎月迷走していた頃でもありました。
子供たちに笑ってもらえるように全力を尽くすことは勿論ですが、それ以上にカメラマンに気持ちよく美しい写真を撮ってもらうにはどうしたら良いのだろう。と考えていました。
それは大きく言うと、お客様よりもカメラマンの信頼を得る事の方を重要視している事にもなります。
今考えると、優先順位が違う事に気付きますが、その頃の私はそれに気付く事が出来ませんでした。
 
それから一年が経つ頃、山川ファミリーが再来店をしてくださり、またコーディネーターを担当させてもらいました。
その日の撮影は、お姉ちゃんは5歳、弟くんが生まれて初めての撮影。
少し照れ屋のお姉ちゃん。自分自身の照れもある中、赤ちゃんの弟と手をつないだり、ぎゅっとしたり、簡単なことではありません。
もちろんカメラマンも私も全力本気の撮影。
二人の一瞬のタイミングを狙って、真冬にも関わらずたくさん汗をかきました。
たくさんたくさん笑って、いつしか恥ずかしがり屋のお姉ちゃんは私達の事まで好きになってくれました。
その日の写真をとっても気に入ってもらい、今回「またお願いできますか。」という言葉を頂き、その頃に気が付いた大切な事をまた思い出すことが出来ました。
 
テクニックや経験でおごらない事、手を抜かない事、目の前の家族に真摯に向き合う事。
良い写真=美しい写真ではなく、
『家族全員で楽しかった思い出+私達の全力の行動=信頼→それが家族にとって「良い写真」に繋がる。』
あぁ、やっぱり気持ちは伝わるんだな。と、忘れかけていた事を再確認させてもらうきっかけになりました。
 
撮影当日、久しぶりの再会に心を躍らせながらお出迎えすると、ママさんから「これよかったら…」と大きな袋を頂きました。
かわいらしい袋に小分けして入っていたものは、美味しそうなマフィン。
私「ママさんこれ…」
ママさん「妊婦さんの体にいいものたくさん入れておきました!」
私「え!?手作り!?!?」
写真の通り、美味しいパン屋さんで売っていそうなそのマフィン。
中には全粒粉(食物繊維)&プルーン(鉄分)&黒糖(ミネラル)と妊娠中に積極的に摂取したいものがたくさん。
この美味しいマフィンが出来るまで、ママさんの心の中に私が居て、そして妊婦の体にいいものを。と考えてくれた。その時間が何よりも嬉しく感じました。
 
今回の撮影では残念ながら現在私が大きなお腹の為、コーディネーターで担当させて頂くことは断念しましたが、ブログを見て黒木玲理さんに「撮ってもらいたい」とご希望頂き、玲理さん&コーディネーターさきちゃんペアで撮影を担当してもらいました。
2年ぶりの再会を果たすと、あのぷにぷにヨチヨチ赤ちゃんだった弟くんが、とんでもなく元気な我が道突き進みボーイに成長していて、お姉ちゃんもスタッフもみーんな弟くんのペースに持っていかれちゃうくらい、激しい撮影でした!!(笑)
笑いながらその場から逃走する姿に、清々しさまで感じました!!
玲理さんもさきちゃんも二人とも、二年前の私達のように大量の汗をかきながら笑い声の絶えないそんな楽しい撮影。
そしてそれが反映された写真。
 
やっぱりそれが家族にとっての一番の宝物になるんだ。
そんな事を再確認させて頂いたご家族でした。
そしてさらに今回は妊娠をきっかけに子供の話や妊娠中の話など、それによってさらに距離を縮められたように感じます。
私にとって山川ファミリーは【家族の思い出という宝物について教えてもらった家族】です。
出産し戻ってきたら、また必ずコーディネーターで担当させてくださいね^^
 
 
 

この記事をシェアする