Staff BlogKokubunji

ジョン
国分寺店

Joung

2000年11月日本に来日。
2007年にライフスタジオの代表、李社長と出会い写真業界に入る。
2009年に現在の会社を設立。
lifestudio kokubunji 店open, 
写真日和原宿スタジオ、
Beyondbiyoriレンタルスタジオ運営

*座右の銘は「正射必中 」
 人間の条件として、「labor労働、Work仕事、action活動」が必要だと思っている。
*趣味はボクシング

生涯学習という概念をライフスタジオで再認識し、44歳で大学院入学
「早稲田大学院政治学研究科ジャーナリズム専攻 2020年3月卒業。
現在はフリージャーナリストとしても活動中。

ジョンの写真話#No.1 「なぜその写真を撮るのか?」

投稿日:2021/9/12

221 0

#なぜその写真を撮るのか?

 

写真集を出す時も、写真展をやる時も

「なぜこの写真を撮影したのか」

という明確なメッセージがないと見る側は混乱してしまう。

これは、ドキュメンタリー写真だけではなく、我々のような写真スタジオで

仕事をする時も同じであると思う。

なぜ、この写真を撮りましたか?

この写真で表現したい家族の絆はなんですか?

子供と親の関係性は?

兄弟の関係性は?

子供が成長した時、ライフスタジオで撮影した写真をもう一度みた時に

彼ら彼女らは何を思うのでしょうか?

微笑みが浮かぶような想像ができるのか。

少し考えるだけでも膨らんでくる。

 

シンプルに

その写真をなぜ撮りましたか?

その質問に常に答える宿命を写真家は持っていると思う。

 

久しぶりにカメラを持ち歩くようにしようと思った。

仕事以外でも

周りの事や今を記録したい気持ちになった。

 

最初に撮影したのは、

「義理の母」

コロナ禍で外食を辞めているので

私の唯一の飲み友になっている。

近所で住んでいるので

晩酌をすることが増えた。

少しずつ義理の母の年齢を考えるようになり、彼女の今を記録したいと思った。

いつかは忘れる今を、この時期を!

 

この記事をシェアする