Staff BlogKokubunji

ジョン
国分寺店

joung

2000年11月日本に来日。
2007年にライフスタジオの代表、李社長と出会い写真業界に入る。
2009年に現在の会社を設立。
lifestudio kokubunji 店open, 
写真日和原宿スタジオ、
Beyondbiyoriレンタルスタジオ運営
*座右の銘は「正射必中 」
*趣味はボクシング
現)早稲田大学院政治学研究科在学中

「プチ断食」

2019/1/18

224 2

 

先日、ライフスタジオ国分寺店の会議。

メンバー達と今年の6ヶ月目標と一年後の目標を各自発表して情報共有する時間があった。

会議の前日、今年の会社の目標や方針を皆に伝えると約束したが、中々計画書が進まなかった。結局、私からの今年の目標は皆に提案してないまま店舗会議も終わった。

昨年度末までには頭の中に、やるべき事、やりたい事が沢山あってその優先順位を整理する状態だったのに、今は何を考えても否定的な事が先に頭をよぎって結局、やっても意味がないという結論になってしまう。

 

何故なんだろう! 超が付くほどポジティブな性格なのに、自分でもおかしいなと思い、友人に話をしてみたら ”もしかして、「男性更年期」じゃないの” と言われた。

まさか ! 男性更年期障害

”ないない。”

 

「男性ホルモンの塊」 だと言われている私に、そういう事はありえないと答えた。

家に帰り、遊び半分の気持ちでネットを検索して男性更年期症状テストをした結果、

 

「37~49点: 中等度」という事だった。

正式に病院で採血をしホルモンの検査はしてないので正確ではないと思う。

しかし、今の自分の生活習慣と環境を変える必要があると思った。

 

テストステロンを減少させる要因はいくつかあり、その代表的なものがストレスといわれている。男性の50~60代に患者数が多いのは、加齢によるテストステロンの減少に加えて、職場でも家庭でもストレスの多い時期だからといえるという事。

確かに、色々悩む事は増えていて、眠れない日も少々あるけど普通のことだと認識していた。

私は少し自分の年令に比べて早めに子供ができたので

普通の50代が経験している事を今しているかも知れない。娘も今年もう大学生になるし・・・・。

運動はボクシングや筋トレを継続してやっているので、「プチ断食」をして自分の体のホルモンバランスを刺激してみようと思った。短期間食事を抑えることによって内臓を休ませ、デトックス効果や便秘解消、体重減少を目指す方法として最近流行っているらしい。

週2日をプチ断食をする方法でまず今日からやってみた。

 

普段お腹が空いているとイライラする性格なのに、目的があって断食をすると案外に楽しい。

お腹からゴロゴロと鳴る音も楽しいし、何か体に変化があるのではないかと楽しくなる。

不思議な事に静かな図書館で考えていると、今年やるべき事、やりたい事も頭の中で整理が出来たし、少し前向きにな気持ちになった。

結局、 男性更年期症状ではなく、ただのマンネリ化した環境による気持ちの問題だったかも知れない。

 

24時間の断食が終わった今日夜7時から思い切り焼き肉を食べた結果、体重が逆に増えた気がする。

でもこの週2日のプチ断食をしばらくやってみようと思った。

この記事をシェアする