Staff BlogYokohama Aoba

Natsuko
横浜青葉店

高川夏子

こんにちは!
横浜青葉店のなっちゃんです^^

3歳頃から大人になるまで絵を描く仕事に就くのが夢でした。絵で勇気やあたたかい気持ち、元気を届けられる人になりたいな~と思っていました。

いつからか夢の形は変わっていき、
今は写真でそんな想いを届けられる人でありたいと思っています!

ツールが変わっただけで、夢や想いは変わってないんだなぁ、と最近しみじみ思っています。笑

写真と子供と漫画とももクロが大好きです!
おすすめな漫画などありましたらぜひ、教えてください^^笑

働き方の哲学⑧復習

2018/10/28

286 1

26リスク

 

・仕事は着実に堅実にやっていこう

・ローリターン・ローリターン、ローリスク・ハイリターンなど色んなタイプごあるけど、

どのタイプでも、リスクはある

どのタイプの仕事でも、リスクを負う覚悟が必要

 

 

27失敗

 

・「やってみたけど出来なかった、次からこうしよう」は、良い失敗

成功の対義語は、「何もやらなかった」

 

・負けてもいいから、勝つための経験をした方がいい

経験を積む機会(チャレンジ)を自分から取りに行く人は、成長する

・人前、表舞台に立つことも経験

→ブログやボードへのコメントも同様

 

・挑戦することに、怖い、恥ずかしいなど、感情は関係ない

 

 

COLUMN02 七放五落十二達(しちほうごらくじゅうにたつ)

 

・物事は7割くらい形が出来たところで動き出し

→すると大体上手くいかず一旦5くらいまで落ちる

→そこでまた上に戻るためにもがき、動いていくと

→12にまで達する

→(中国のことわざ)

 

7割くらい形ができた所で、放る(動きだす)ことが重要

→(7割という数字は人による)

→完璧を目指していると、いつまでたっても動き出せない

→最初からゴールまでが見えて動ける人は少ないよ

 

たとえ10まで考えたとしても、おそらく10全てその通りに上手くいくことはない

→だいたい途中で問題が発生する、変わる

→だから、最初から途中で変わる覚悟が必要

→その覚悟があると、問題が発生したときにすぐ対応して修正できるようになる

 

・頭の中(計画)と現実が違うのは当たり前

→固執せず、変化、修正していこう

 

・とにかくやってみないと、怖いままだよ

→やってみないと分からない

→分からないから、不安のまま

 

・「このままではいけない」と思った時に動かないと、手遅れになる

→停滞していると思っていても、実は5より落ちてしまっていることもあるよ

 

・落ちていることに気がつくセンサーが重要

・センサーが良い人とは、仕事の視野、キャパが広い人

→「これやらなきゃマズイ」と気づける

→流れている状況を見逃さないことが重要

 

・七放五落十二達を店舗当てはめると、店舗は今どんな状況?

→7?5?もっと下?

→停滞している?

→落ちている?

→そうやって考えて、もし問題・失敗に気づいたのなら、なぜこの失敗は起こったのかを遡ることが重要

 

 

 

28結果とプロセス①

 

・しっかりとしたプロセスを踏めば、結果はついてくる

 

・青葉は結果重視?過程重視?

→PDCAを考えると、過程(プロセス)重視

→でも「butterfly月1個」などは、結果重視とも言えるよ

 

・ローリスク・ローリターンはプロセスが物を言う

・結果は嘘をつく

→自信がない程とき、いい結果のときもある

 

・不思議な勝ちはあるけど、不思議な負けはない

→負けるときは、負けるべくして負ける(必ず自分に落ち度がある)

→なぜ負けたのかを探ること重要

 

 

 

COLUMN03 人は「無視・賞賛・非難」の3段階で試される

 

・例えば新入社員は、はじめ中々顔や名前を覚えられない

→認識されてない

→それをここで無視と言う

 

・人は何かを始めると褒められる

・賞賛のメリット:モチベーションが上がる

→賞賛のデメリット:自分めっちゃ出来る、と錯覚

その賞賛が、不当かどうか考えられると良い

 

・人はやればやるほど、避難される

→実力がつけばつくほど、叩かれる

→その時にくさらず、自分で自分を賞賛できるか

→自分の行動が間違っているかどうかを考えられること、が重要

 

・非難(妨害や困難)の中では、自分に共感してくれる人や応援してくれる人と出会えることが多い

 

・自分のできる範囲だけやってたら、絶対成長しない

→常に実力の1.5倍出来るように努力する

→撮影がいい例

 

 

39フォロワーシップ

 

・1〜5、どのタイプでも偏って多くなってもダメ

・青葉はみんなどのタイプのフォロワー?

→私は消極的フォロワー…

→リーダーの味方でありたいでしょ?

→どんなふうに働いていきたい?

→どのフォロワーでありたい?

→模範的フォロワー

→そのためには何が必要?

→視野を広く持ち、積極的に仕事をして、自分の意見を持ち、考え、自らかかわっていくこと

 

・5の実務型フォロワーは、全体を見て、自分ばどのタイプをやるべきかと、組織の穴を考える存在とも言える

・リーダーとフォロワーは、互いに謙虚な姿勢が必要

・賢従者になるか愚従者になるかは、リーダー側の問題ではなく、フォロワー側の問題

 

 

************************

 

・仕事にしろ何にしろ、何か違和感、疑問、矛盾を感じたら「なぜ?」を考える癖をつけよう

→「なぜこの人はこんなに仕事が出来るんだろう」などポジティブななぜでもOK!

 

・考えることは難しくて、今まで考えてわからない、答えが出せないときそのままにして流してきてしまった人生だったなぁ

→大体の人がそういうもの

→考えることは難しい、向き合うことは苦しいかもしれない

→でも分からないままも、もっと苦しいから、脱するために、成長していくために、色んなことを経験して、失敗して、考えて、また行動していくことが必要

 

 

この記事をシェアする