Staff BlogShinyokohama

momo.
新横浜店

松元桃花

ライフスタジオNo.1の自称おしゃれ番長、ももちゃんです!
コーディネート、ヘアメイク、デザイン、アトラクションのように楽しませること。
おまかせください^^
私の魔法で、新しい自分に出会えること間違いなしっ!

出身は鹿児島で、パンと温泉が大好きです。
性格はまったりマイペース気味ですが、
「誰よりも楽しく温かく」をモットーに、
素敵な思い出の欠片と空間をお届けできるよう、
一生懸命頑張ります!

皆さんに会えるのを心から楽しみにしています。

#15 hikari

2019/8/27

117 0

photo by yuki

coordi by momo

 

こんにちは、ライフスタジオ新横浜のももちゃんです。

 

写真の世界観とはどのように構成されるのでしょうか。

 

・被写体

8歳の女の子

彼女のチャームポイントは

はっきりとした目鼻立ち

透明で白い肌

色素の薄くて柔らかい髪

少し短い前髪

彼女の十分すぎる存在感は、私たちを惹きつけました。

 

・コーディネート

彼女の白くて透明な肌には

濃い色を合わせてしまうと

明暗差がありすぎて、写真のコンセプトの決定が

難しくなると感じました。

そのため、ワントーンで白のガウチョと

レースのトップスを合わせました

(レースのトップスはマタニティー用なのですが・・・)

また、素材感を強調するために、レースの布を

合わせました。

 

・ヘアメイク

彼女の柔らかな色素の薄い髪に合わせて

三つ編みに。

髪を少し引き出して、ゆるく編みこみました。

またあえて左右で違う素材感のリボンを巻きつけることで

特別感を演出しました。

彼女の肌の色に合うように

くすみのあるアプリコットオレンジのシャドーと

オイルティントタイプのリップを合わせ、

血色が広がるようなナチュラルでツヤがある

雰囲気に仕上げました。

 

・インテリア

彼女の上品でツヤのある透明感を生かすためには、

ベッドのインテリアでリラックスしているような

イメージがぴったりでした。

また、ビンテージのカゴを

被写体の前におくことで、ボケ感を作り出し、

写真に立体感をもたせました。

 

・光

この時間帯は、ベッドとドレッサーの間に柔らかい光が

入り込んでいました。

二つのコンセプトが異なるインテリアを

映してしまうと、被写体へ集中できなくなってしまいます。

そのため、ベッドを移動させ、撮影スペースを確保しました。

後方から差し込む光は、被写体をやわらかく映し出し、

彼女の白い肌に反射した光はより世界観を際立たせることが

できます。

 

・構図

三分割の交点に目がくるように、安定した構図で、

被写体が小さすぎず、大きすぎず

彼女の表情がうかがえるようにしています。

また両サイドに白の前ボケを使うことで

被写体を強調しています。

 

・ポーズ

体に曲線を作るために、ベッドを使って

重心を斜めにし、足を流すことによって

女性らしい座り方をしてもらいました。

あとは最後に、表情ですが、

「そのまま目を閉じて寝てみて」

と声をかけました。

その子がどんな風に寝るかは細かいところまで

誰も予想できなかったのですが、

 

彼女は優しく目を閉じて

そして少し、片目が隠れるように

可愛らしく寝てくれました。

 

彼女だけができる

眠り姫のような美しい瞬間が出来上がりました。

 

どこまで準備しても、どんな写真になるか、は

声をかけてその子がどう反応するかまでわかりません。

それがイメージに合わないことも、ぴったりなことも

超えていくこともあります。

撮影者が持つイメージを超えて美しい瞬間がつくられた時、

迷わずシャッターを切れるように準備することが

撮影者にできる最大限の努力だと思います。

この記事をシェアする