Staff BlogShinyokohama

Satoshi Ito (chappy)
新横浜店

伊藤智

こんにちは!
新横浜店の伊藤です^^

ライフスタジオでは「チャッピー」と呼ばれています♪
東北の山形出身ですが、時々岩手、さらには大阪にも住んでいたのでぜひぜひ地元トークに花を咲かせましょう♪
またディズニーやミュージカルが好きなのでぜひぜひ趣味トークも致しましょう!!

ブログでは
・share×2
(日常生活での出来事)
・写真分析
・book report
(本で学んだことの備忘録)
のカテゴリで上げていく予定です!

皆さんと素敵な時間を過ごせることを楽しみにしてます!!

備忘録#29 女の子がかわいく見えちゃう 55の撮り方

2019/8/8

296 2

暑い、、、代謝のせいか汗が止まりません。

冷却シートは既に2袋目、ライフスタジオ新横浜店のちゃっぴーです^^

 

今回は日々の写真撮影に活かせそうな本、

『女の子がかわいく見えちゃう 55の撮り方』

を読んだのでそのポイントと

意識した写真をまとめたいと思います。

 

体を立体的に見せるため'ひねり'を入れる

女の子はスタイルの見せ方が大きなポイントですよね!

ひねることでボディーラインが曲線になりより女性らしく、

柔らかい印象を与えられます。

 

日曜日のお父さんよろしくゴロゴロしてもらう

寝っ転がることで素の表情や自然な表情が引き出せ、

また立ちや座り姿では出せない自然な仕草も誘発しやすいです。

ポイントは目線を被写体に合わせると圧迫感が少なくなること。

 

手を口元でムギュッとする

ただ手を動かすのではなく上記にある体のひねりを加え、

肩を前に出すことで全体のラインが柔らかくなります。

また手も卵をつかむくらいの力加減の方がより繊細な印象となります。

 

キラッとしたキャッチライトで生命力を吹き込む

黒目にキャッチライトが入ることで

生命力が感じられる写真となります。

活き活きした雰囲気や表情をより明るく

演出したい時におすすめ。

 

新緑のグリーンを天然のカラーフィルターに

ボケやすい望遠レンズを使用し、光を透過する薄めの葉っぱを

レンズの目の前に設置することで色のフィルターができます。

写真に爽やかな雰囲気を加えることが出来るのでおすすめ。

 

最後に

いかがでしたでしょうか??

女の子を可愛く撮る上でもたくさんのポイントがあります。

さらに我々が普段撮影するのは0~10歳くらいの女子。

どんなふうに声をかけるのか、それが次のステップになると思います。

知識を頭に入れた状態で実践し、それを人に教えられるように、

日々精進していきます。

この記事をシェアする