Staff BlogShinyokohama

Satoshi Ito (chappy)
新横浜店

伊藤智

こんにちは!
新横浜店の伊藤です^^

ライフスタジオでは「チャッピー」と呼ばれています♪
東北の山形出身ですが、時々岩手、さらには大阪にも住んでいたのでぜひぜひ地元トークに花を咲かせましょう♪
またディズニーやミュージカルが好きなのでぜひぜひ趣味トークも致しましょう!!

ブログでは
・share×2
(日常生活での出来事)
・写真分析
・book report
(本で学んだことの備忘録)
のカテゴリで上げていく予定です!

皆さんと素敵な時間を過ごせることを楽しみにしてます!!

写真分析#40 木漏れ日と彼女

2019/6/29

295 0

photo by Chappy
coordi by Yukika Fujimoto
write by Chappy

 

いい写真を撮るためにはどうしたらいいのか。

カメラマンデビューして間もない頃に、同じ店舗の先輩に聞いたことがあります。

 

その良いは誰にとっての良いなのか。

どうなれば良いなのか。

どういうものが良いのか。

 

返ってきた言葉は答えではなく、雨粒のような質問の応酬でした。

 

その時はなぜ教えてくれないのかという気持ちの方が大きかったのですが、

今思えばその答えには明確なものがなく、結局は自分自身で考え続けなければならない。

そんなメッセージが込められていたのではないかと、そう思います。

 

その当時の質問の答えを日々考え続け撮影をおくる毎日。

もしも今出せる答えがあるとするのであれば、それはこの写真に込めた

『今しかない美しさ』

その中にあるのかもしれません。

 

写真分析【木漏れ日と彼女】

 

まずは彼女との出会いから。

彼女と会うのは実は2回目。

たまたま青葉店に交換勤務をしていた時に出会いました。

当時の彼女の最大の魅力は「瞳」

少しぽやっとした淡い表情の中に際立つものがありました。

 

そんな彼女も2年の時を経て、

偶然再会したときにはしっかり者のお姉ちゃんに。

元気いっぱいの1年生らしさと

妹をもつ姉として、周囲を見渡す少しの余裕を兼ね備えた

魅力的な女の子へと成長していました。

 

相変わらず「瞳」の魅力は健在でしたが、

それよりも今回僕が惹かれたのは彼女自身の「表情」でした。

写真を撮られるということを理解し、

大人たちの一挙一動に素直に反応してくれる彼女。

 

そんな彼女をまるごと写真の中に収めたい。

どうすれば余すことなくフレームの中に彼女を表現することができるのか。

ただそれだけを考えて撮影中に何度も思考し臨みました。

 

写真を撮る上で考えなければならない要素。

・被写体である彼女のこと(服装、顔立ち、美しい角度、髪の長さや色味)

・光(彼女に当たる光、背景に当たる光、彼女とカメラの間の光、前ボケに当たる光)

・背景(どのインテリアで撮影するか、小物はどうするのか)

・ポーズ(違和感のない仕草、目線、表情)

・構図(空間や余白の使い方、インテリアや彼女自身を収める範囲の設定)

・レンズ(標準か望遠か、その用途はなにか)

 

ここに書き連ねた要素以外にも感情的なもの、

抽象的なものもありますが、まずは上記の説明から。

 

最初に彼女を窓辺で撮影しようと考えたのは、

持ち込みの青のワンピースがよく晴れた日の街路樹の緑とマッチして綺麗だったこと。

以前よりこの時間この場所に、差し込む光が綺麗だと知っていたこと。

そして、何よりレースを透過して作られる木漏れ日が、彼女の表情をより引き立てるのではないかと直感的に感じたからでした。

 

次に選択したのはレンズです。「表情」と聞くとできるだけ近づきたいがために標準レンズを選びがちですが、望遠レンズ200mmを選択しました。

写真主題として取り組んでいる200mm、その特性は前後の露出差が出しやすいことや撮りたいものを画角内に収めやすいことが上げられます。

彼女の表情、背景の緑、そして木漏れ日をキレイに映し出したい僕には最適の焦点距離でした。

 

そして最後に考えなければならないこと、それはポーズです。

目線、表情、体の動き(仕草)、それらすべてに違和感がなく、自然に見える姿こそ人為的なモノではなく、その子自身が持つ美しさを表現できた瞬間だと僕は思います。

 

まず用意した本の上に肩肘をのせてもらい外を眺めてもらいました。

そこからふとカメラを見てもらったり、両肘をのせてもらったり、声をかけ彼女自身に動いてもらいながら度々美しさを模索していました。

 

今回残したい「表情」を探して。

 

あえて彼女の印象的な「瞳」を閉じる声掛けをして

柔らかな仕草に似合うような「表情」を引き出す声かけを。

 

ふふっと広角があがる瞬間を狙い、シャッターを切りました。


 

僕の中で変わった彼女のもつ『今しかない美しさ』

もしまた再会することがあるのなら、

その時にはぜひまた探したいと思います。

この記事をシェアする