Staff BlogShinyokohama

Satoshi Ito (chappy)
新横浜店

伊藤智

こんにちは!
新横浜店の伊藤です^^

ライフスタジオでは「チャッピー」と呼ばれています♪
東北の山形出身ですが、時々岩手、さらには大阪にも住んでいたのでぜひぜひ地元トークに花を咲かせましょう♪
またディズニーやミュージカルが好きなのでぜひぜひ趣味トークも致しましょう!!

ブログでは
・share×2
(日常生活での出来事)
・写真分析
・book report
(本で学んだことの備忘録)
のカテゴリで上げていく予定です!

皆さんと素敵な時間を過ごせることを楽しみにしてます!!

写真分析#36 【意図の反映】

2019/4/30

283 0

photo by Gomei Kazuma

cordi by Momoka Matsumoto

 

良い写真を撮影するにあたり必ず必要なのは、撮影者の意図を反映させること。

 

もちろんその子自身のことを考え、撮影を進めます。

しかしその過程には必ず前述した意図の反映は必須になってくると思います。

というのも、完全に被写体に撮らされている写真には良いものがないからです。

動きに引っ張られ構図や光がめちゃくちゃなもの、画角内のインテリアや小物が被写体と全く関連性がない中途半端な写真を良いと思う人は少ないのではないでしょうか。

だからこそ撮影を行うにあたり、良い写真を、美しい写真を残そうとするのであれば、必ず撮影者の意図が必要になります。

またライフスタジオにおける撮影者とはカメラマンのみではなく、一緒に撮影を作り上げるコーディネーターを含めた2人のことを指していると僕は考えます。

なので今回は五明さんとモモちゃんがどんな意図をこの写真に反映させたかったのか、分析していきたいと思います。

 

写真分析【意図の反映】

ISO 1000

絞り 2.8

シャッタースピード 1/80s

レンズ 標準レンズ50mm

 

まずは写真の彼女のコーディネートから。

白いドレスにバレーシューズ、可愛さを演出しながらもカーキのフード付きジャケットをあわせカジュアルダウンさせています。またポーニーテールにグレーのイヤリングをつけ、どこかお出かけへ行くかのような風貌です。

ここでのポイントはおそらく撮影場所がフォレストと呼ばれる森の部屋であったため、インテリアと彼女自身の色味の統一を図ろうとしたことだと思います。

また小物としてのフルーツバスケットも彼女・森・を繋ぐ大事なキーアイテムとなっています。

 

次にカメラマンの視点から。

冬の夜の時間ということで基本的には光を足していく撮影になりがちです。しかしあえて一灯で撮ることにより、彼女自身に当たる光を絞り、その他の背景をすべて暗く縁取っています。その効果はクールやドラマティックな雰囲気の演出、そして彼女自身にスポットライトが当たることで引き写真だけどその仕草や細部に目が行くようになっています。

 

見る人が一度目を止めてしまう写真。

そこには撮影者たちの様々な技術が込められています。

 

向上心を忘れずに、常に良いものを求め続けたいと思います。

この記事をシェアする