Staff BlogShinyokohama

Satoshi Ito (chappy)
新横浜店

伊藤智

こんにちは!
新横浜店の伊藤です^^

ライフスタジオでは「チャッピー」と呼ばれています♪
東北の山形出身ですが、時々岩手、さらには大阪にも住んでいたのでぜひぜひ地元トークに花を咲かせましょう♪
またディズニーやミュージカルが好きなのでぜひぜひ趣味トークも致しましょう!!

ブログでは
・share×2
(日常生活での出来事)
・写真分析
・book report
(本で学んだことの備忘録)
のカテゴリで上げていく予定です!

皆さんと素敵な時間を過ごせることを楽しみにしてます!!

備忘録#24 美しいモノクロフォトの作り方

2019/3/31

384 0

引き続き学んだ本の内容と写真を掲載していきます。

今回読み上げた本は【美しいモノクロフォトの作り方】という本です。

 

普段のポートレートの撮影ではもちろん色があるまま、

目に見える色そのものが光に当たった状態で写真に映り込みます。

その場合全体の色の構成や何色使われているのか、保護色など色同士の

関係性についても考える必要があります。

しかしモノクロの世界では白と黒、大まかに分けて2色しか存在しません。

それ即ち、写真内に写っているモノ自体をより強調することができる技法となります。

 

だからこそモノクロ写真を撮る時にはここぞという時に、

自身が撮りたいイメージが明確、且つ光や構図などを定まった状態でしか今まで使用することがありませんでした。

しかし、もっと自分のなかにあるモノクロのイメージを広めたい、そう思いこの本を読もうと決めました。

モノクロのイメージにはカッコよさ、クールさのほか、

クラシックやノスタルジックな雰囲気も合い、また背景に入るインテリアの形状も

非常に関連してくるため、また新しい想像の可能性が広がりました。

 

今回の写真はこちら↓↓↓

(コントラストの強い陰影、そして被写体のポーズとインテリアとの整然とした様子にポイントをおきました)

(クールさの中にも女性らしさ、そしてなにより彼女の瞬間の表情がモノクロの良さを最大限に引き立てていると思います)

(モノクロではありませんがモノクロ写真と同じプロセスを踏んだ上で、彼女の目の美しい瞳の色を残すために使い分けました)

 

カラーとモノクロの世界と、写真には撮影者の意図によって無限の可能尾性が秘めているのだと思います。

これからもイメージに凝り固まることなく、挑戦していきます。

この記事をシェアする