Staff BlogShinyokohama

Yukika Fujimoto (ゆき)
新横浜店

藤本雪花

はじめまして!
新横浜の元気印!ゆきちゃんです。店舗ではぶっ飛びキャラでよくいじられています…(笑)

週二回は舞浜に根を下ろします。
美味しいご飯と睡眠が何よりたいせつ。他の物欲はありません。
ねむい。おなかすいた。でぃずにーいきたい。あかちゃんかわいい。

一日にのうちに喋ってる内容はようやくするとこんな感じ。

写真は二次元ではない。時間がこめられた四次元だと。
あなたらしい「カワイイ」瞬間を残します。
「カワイイ」という感情が私のシャッターを押します。

4th Butterfly ~I family~

2019/6/21

189 0

こんにちは。

 

新横ゆきちゃんです。

 

 

 

わたしが夏に入るちょっと前、楽しみにしている再会が今年もありましたのでここに記したいと思います。

 

実は昨年「Family紹介」と題してブログに綴っていたわけですが今年は「Butterfly」としてより深く、ご家族に、そして自分に深く入っていこうと思います。

 

 

 

I familyとは娘ちゃんがハーフバースデーの際に出会いました。

このとき私はコーディネーターとして撮影に携わっていました。

パパママの優しさ、暖かさ。そして娘ちゃんの愛らしさに夢中になってしまった私はぜひ次回カメラマンとして撮影に入らせてくださいとお伝えしました。

 

 

今思うとなかなかに厚かましお願いです。

 

 

そしてパパさんママさんは本当にその通りにカメラマンとして私を指名してくださり私はありがたいことにカメラマンとして皆様に再会することが出来たのでした。

コーディネーターとして撮影に入っていたときとはまた違う緊張感と世界が広がっていました。

 

 

 

一歩離れてご家族の雰囲気や娘ちゃんの成長や癖、チャームポイントを改めて冷静にキャッチすることが出来ました。

 

たかが半年、されど半年。

ゴロンとしていた赤ちゃんだった彼女はつかまり立ちもできるようになり、そして面白くない事があると眉間にシワを寄せ意思を伝えてくるのでした。

 

でも愛らしい笑顔、まあるいチャーミングなほっぺはそのままでした。

 

成長したところも、そのまま面影があるところもひっくるめて私は感動してしまいました。

半年ってこんなに大きいんですねとパパさんママさんと笑い合って。

そんなこれは彼女が1歳の、昨年の記憶。

 

 

そして今年も6月彼女は戻ってきました。

 

 

 

「今年もゆきちゃん指名でお願いします。」と一言添えていただいていたことが本当に嬉しくて私は舞い上がったのでした。

 

正直な話前回の指名は「私次回はいるので!ぜひ入らせてください!」と私の圧がすごすぎて指名しない訳にはいかないな的な感じで指名してくださったのかもしれません。

 

 

ですが今回ママさんから今年も私でと言っていただけて、今度こそ本当に指名していただけたと感じ本当に嬉しかったです。

 

ドアを開けた時の「こんにちは」はやっぱり前回までの2回とは違っていて前よりさらに近く、そしていい意味で少し砕けたようなそんな再会でした。

 

「お久しぶりです!」楽しみにしていました、そんな気持ちを込めてドアを開けるとそこには変わらず優しい笑顔のパパさんママさんと、より一層お姉さんになった娘ちゃんが。

 

 

ハーフバースデーでゴロンとしていた彼女がつかまり立ちをしていた去年。

それだけでも成長に感動していたのですが。

 

今年はもうすっかりお喋りができるようになっていてクイズをしたり。

恥じらって隠れたり。

一緒に遊んだり。

彼女の成長を見て私たちは彼女の積み重ねてきた日々の大きさを感じたのでした。

 

 

そしてパパさんママさんとの撮影の合間合間の会話も昨年よりも自然にもっと増えたように感じます。

「去年癖だったあの顔はまだしますか?」「もうしなくなっちゃったんですよ~」

などなど。

 

 

思い出話や近況話に花が咲きます。

まるで合っていなかった一年分の時間を埋めるように。

 

 

子どもたちが小さいママいでいる時間は大人にとっては瞬きをする時間のように一瞬です。

 

 

私はどれくらい成長したかを共有して話すことはそのままの成長を楽しむ、近況報告という意味合いだけではないと考えています。

 

あの時はできなかったことが今はできるようになった。

あの時していた癖を今はしなくなった。

今はもう少しでこれができるようになりそう。

 

そうやって人に話していくことで「現在(いま)」という時間を思い出に刻んで確かにしまっておくための一つの方法なのではないかと思うのです。

 

 

人の記憶はひどく曖昧で忘れてしまうことも多いです。

特に子供の成長のように毎日たくさんのことが起きていればなおさらのこと。

 

 

誰かに話すことで大切なその一瞬を抱きしめるように。噛みしめるように。

それは写真を撮ること意味合いとしては一緒です。

 

残しておくこと。誰かと共有すること。大切にすること。

 

私たちに会うことで改めて一年という時間を、お子さんの成長を実感してもらえたら。

そして一緒に喜び合えたら。そんな気持ちで私たちは再会を心待ちにしています。

 

 

そして私たちはまた「大きくなったね!」「親戚のおばちゃんみたいな気持ちだよ

…」

と口にするのです。

 

 

 

娘ちゃんの成長、変わっていく姿を楽しみにしている私たちですが実は楽しみにしているのはそれだけではありません。

 

I family の第一印象は優しくて少し控えめなママさんパパさん、という印象でした。

(まあ私たちがやたら話過ぎ近すぎているだけというのもありますが(笑))

そもそも誰だって初めての場所でぐいぐい来られたらドキドキします。

 

 

ですが回を重ねるごとに娘ちゃんを中心としてみなさんとの関係が変化しているのを感じ私たちはそれもうれしいことの一つです。

 

 

「はじめましてのスタッフ」から「再会を楽しむ関係」へ。

そして今度は「成長を一緒に見守っていく存在」へ。

 

 

 

わたしにとってI familyは【変わっていくことを共に楽しめる関係】だと感じています。

 

 

 

最後に2歳の記念にプレゼントした白クマちゃんを大事そうに抱えて小首をかしげて

 

「ありがと♡」

 

といった彼女の姿を私たちは忘れません。

ついこの間までゴロンとしていた、ちょっと寂しがり屋さんで涙が出ちゃうあの子が。

もうこんなにお姉さんになったんだなあと。

 

 

次はどんな成長を見せてくれるのかなあと。今から早くも一年後が待ち遠しくてたまらないわけです。

 

 

娘ちゃん。

あなたの成長を楽しみに、再会を待っています。一年間沢山いろんなことを吸収して、まだちっちゃな身体にたくさん詰め込んで、ありのままのあなたで会いに来てくださいね。

 

 

パパさんママさん。

また一年後の再会、楽しみにしています。そしてまたこの一年の思い出や彼女の成長をたくさん聞かせてくださいね^^

 

この記事をシェアする