Staff BlogHead office

J-lee
本社

J-Lee

飛び出せ!まだ見ぬ世界へ…
繰り返されるさびれた毎日から…

人間には越えられる事だけが与えられるという思いで生きてきました。
やりたいことよりもやるべき事をやりながら40年が過ぎました。
だからいつでも自由を渇望していたのかもしれません。
「人が人を人として」なっていくために
まだ見たことのない世界に飛び出すということをいとわない。結局は日常という名の他の名前でしかありません。

より人生に安着できたらという思いで今日も1日1日の繰り返される日々から飛び出します。

月刊3月のクリスマス 「子供で賞」優秀作品

2019/6/30

86 0

良い写真を見ると
足が止まり、じっと眺め、考えたくなります。
この写真もそんな一枚でした。

青色は落ち着いて安らか雰囲気を演出しますが、同時に寂しさや無関心という冷たさもあります。上と下に分かれている単純な背景、どこを見ているのか何を考えているのか分からない被写体の男の子、そしてその全てを包んでいる青い色味。

「見知らぬ世界」という言葉が浮かびました。
子供の目に映った世の中は不思議なことでいっぱいですが、大人になっても不慣れなことは多いです。むしろ、凝り固まった自分の固定概念では当たり前だと思ったことが、実はそうではなかったという矛盾もあります。

@grape__squashさんの写真からカメラマンの永遠の宿題である見慣れたことを見慣れないように見る目線を感じました。何度も見返したくなる、見るたびに違う発見がある一枚です。

この記事をシェアする