Staff BlogHead office

J-lee
本社

J-Lee

飛び出せ!まだ見ぬ世界へ…
繰り返されるさびれた毎日から…

人間には越えられる事だけが与えられるという思いで生きてきました。
やりたいことよりもやるべき事をやりながら40年が過ぎました。
だからいつでも自由を渇望していたのかもしれません。
「人が人を人として」なっていくために
まだ見たことのない世界に飛び出すということをいとわない。結局は日常という名の他の名前でしかありません。

より人生に安着できたらという思いで今日も1日1日の繰り返される日々から飛び出します。

月刊8月のクリスマス 大人で賞 

2019/2/28

86 0

@takato_tkuc さま

この写真を始めてみた時の感覚は
「息が止まってしまったかのような完璧さ」でした。

息苦しいと思うくらいに多くの構成要素がぎっしりと入っていました。ところが、光と自然、被写体から醸し出される新鮮な雰囲気により、心をリラックスさせてくれます。

カメラマンは自身の持つ経験と、周りにある材料を様々な角度から組み合わせ、写真を作ります。似たような写真が撮られるのは、似たように組み合わせるからです。このパターンから抜け出すために、新しい条件を探し続けます。そこで、一歩前に動くカメラマンがより良い写真を撮れる可能性が高くなります。

この写真に注目したのは、上にあげようとするロウアングルと広角の組み合わせです。あまり使わない組み合わせが、適切に使われました。

写真の実力が優れているカメラマンだと思いました。

勿論、主観的な意見ですが、この写真は「月刊8月のクリスマス」1月において、ずば抜けて良い写真だと伝えたいです。
 

この記事をシェアする