Staff BlogHead office

J-lee
本社

J-Lee

飛び出せ!まだ見ぬ世界へ…
繰り返されるさびれた毎日から…

人間には越えられる事だけが与えられるという思いで生きてきました。
やりたいことよりもやるべき事をやりながら40年が過ぎました。
だからいつでも自由を渇望していたのかもしれません。
「人が人を人として」なっていくために
まだ見たことのない世界に飛び出すということをいとわない。結局は日常という名の他の名前でしかありません。

より人生に安着できたらという思いで今日も1日1日の繰り返される日々から飛び出します。

月刊8月のクリスマス 子供と 最優秀作品

2019/2/27

131 0

ライフスタジオでは子どもの写真を主に撮影します。12年間数十万名の子どもを写真に収めて来ました。近頃はインスタグラムの写真を見ながら反省をしています。特にこの写真を見ながら「井の中の蛙」であったと恥ずかしくなります。

綺麗な写真と存在の美しさを混同する場合があります。綺麗に撮影しようと材料を選びます。

「綺麗だ」という基準も時代の産物で、固定概念の執着です。スタジオと言う条件に限定された材料だけで。自身が作った洞窟に自らはまってしまいました。日本の多くの写真館がこのような状況に置かれています。

この写真は、単純だが高級な感じがします。
簡単な材料たちで深い味を出しています。

その人を好きであれば、
それがいい写真になるという言葉がありますが…
この写真をみるともう一度その意味を考えさせられます。

この記事をシェアする