Staff BlogAoyama

Ryoko Hidaka
青山店

Ryoko Hidaka

travel note 〜プラハ

2019/4/1

191 0

有給を頂き、ヨーロッパに旅行に行ってきました。

今回は、コペンハーゲン→プラハ→ベルリン→コペンハーゲンのコースで行きました。

 

日本からコペンハーゲンに到着した夜にバスでプラハ(約15時間)まで移動しました。

 

バスは何度も利用してますが、今回frixバスというドイツを中心に展開しているバス会社を初めて利用しました。

 

今までバスはよく遅延することも多く、最新情報も入ってこないので、少し不安になります。

 

frixバスは、オンライン上で今バスがどこにいるのか?!が把握でき、今までとは比べられないくらい不安が解消されました。

ドイツ周辺行かれる方は、frixバスおススメです。(アプリもダウンロードできます)

 

そして、深夜バスに乗り込みデンマークからドイツに向かう道中ぐっすり眠っていたら、途中にバスが停車して「バスから降りて下さい」とアナウンスが流れました。

意味も分からずバスから降り、人の流れる方向に着いていくと何と船の中でした!!

ヨーロッパで初めて船に乗るという経験ができました。

 

そして、無事プラハに到着。

プラハでは歴史あるアール・ヌーヴォー、アール・デコ調様式のカフェが多く、カフェ巡りとアンティークショップ巡りをしました。

ゆっくりお茶しながら、建築を観れる贅沢な時間となりました。

 

そして、毎回立ち寄る丘。プラハの街並みが一望できます。ケーブルカーの故障により、歩いていきました。涙

今回天気がまちまちだったものの丘に登ったという達成感も手伝い感慨深いものとなりました。

 

ヴェレトルジニー宮殿という全く宮殿の要素がない近代的な建物の美術館に行きました。

 

モネ、ルノアール、ピカソ、ゴーギャン、シャガールなどの巨匠も見れて、フロアも広く様々なジャンルのアートが展示され見応えたっぷりでした。

展示の仕方も不思議で、空間以上に広く感じました。

 

プラハは、朝のカレル橋も素敵で早めに起きて日の出を見ようと思ったのですが、雨にみまわれ残念ながら今回は朝カレル橋は難しく夕暮時に出向きました。

夕方も大雨でしたが、いつでも外に写真を撮りに行けるようにカフェで張ってました。

徐々に雨音が小さくなり濡れたアスファルトを照らす光が美しくカフェの窓からもパシャり。

 

この景色を見れただけでもプラハに来た甲斐があったと思えました。プラハは4回目ですが、何度行ってもまた行きたいと思える街です。

 

→ベルリン編となります。

 

※ベルリンからお世話になってる先輩方と落ち合いました。

 

この記事をシェアする