Staff BlogShonan

park
湘南店

朴泰赫

企業はなぜ社会的責任に注目しているが - デビッドボケル

2011/9/30

144 0

企業はなぜ社会的責任に注目しているが - デビッドボケル

しばらく前だったようだ。
"善良なマーケティング"という言葉を触れたことが
その当時は漠然と会社の認知度を高めるために、そしてそれなりの先行ということをするという考えで善良なマーケティングについての悩みをしたことがあったようだ。

しかし、今回この本を読みながら、企業の"善良なマーケティング"のより広い意味での"企業の社会的責任"(CSR:CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY)というものについて考えるようになった。

通常は、企業で作成する優先順位は、単に​​自分たちの商業行為を少しは人間的に見えるためや、会社の道徳的な傷を受けた場合、これを隠すために表面化されている場合が多い。
特に、韓国社会では、オーナーの不正や企業のタルセドゥン悪いニュースが出れば、その次に続くのがギブナ財団の設立はどのような慣例のように行われる場合が多い。
そんなニュースに接するたびに"企業の社会的責任"という言葉よりは、"企業の社会的回避"という言葉より先に浮いて上がることに多分無意識のうちにいい意味ではなく、形式的な行為に使われる言葉とされていたようだ。

もちろん、本でも多くの企業が社会的責任というものを始めるきっかけに社会団体やNGOなどの抗議の暴露で始まる場合が多いことを物語っている。
また、たいてい、最初はそのような苦情の原因や問題提起を大したことではないと無視する日数であった。
しかし、社会的な非難と一緒に大規模な不買運動が起きるようになって売上に直接的な打撃を受け、一歩遅れて確認し、努力を傾けるの形を見せていると説明する。
代表的な事例として、ナイキの"児童労働"などの問題などを挙げている。

このように社会的な反響を起こす部分につきましては、ターゲットとなる世界的な企業によって改善の余地が現れたりもしますが実際に社会的責任の部分ではなく、価格に価値を置くの商品々では依然として企業の利益のためのヘンポドゥルイされていないことは事実である。

この理由は、ターゲットとなる代表的な企業などを除いては、"社会的責任"について、自由な、多くの企業が"社会的責任"をすべてすることで得られる視覚的な効果がないからだと話している。すなわち、多分に防御的な性格以外に責任を果たすことで、これといって、消費者の選択の変化や売上の伸びがみられていないからだという。

もちろん、温室効果ガスや環境の部分の業種では、自らの企業の責任を明確にする努力をしていることもある。この理由は、この部分についてだけは支出の削減で新たな収益構造を発見したからだ。
しかし、他の産業分野では、まだ、これといった努力を見られていない場合が多い。
アパレル業界のように、下請けの下請けにつながる産業の形態では、彼らの社会的責任を検証し、維持するために天文学的な費用と人力が必要と採掘産業の場合には、国際社会と当該国の政治状況、政権勢力の道徳性などに影響を受ける場合が多い。
結局、企業の社会的責任の自発的な行為は明らかな限界があるということだ。
しかし、これらの制限にもかかわらず、自発的な規制に参加しようとしない場合は、競争の優位に立つことはないということもまた明らかな事実だ。競争の優位に立つ起動すると、市民の規制のターゲットになるからです。

もちろん、以前の時代より、多くの企業が、そして適切に判断しようとする企業のリーダーが生じて所定の様々な社会的責任への試みをしてあることはある。
また、このような試みは、商品の販売と収益に接続することができるようにして永続性を持つことができるようにするため、多くの制度や組織が登場しているのも事実だ。

代表的には、コーヒー産業などで実行されている、"fair trade"制度などがある。我が国では、フェアトレードという言葉に少しずつ触れて見るにはしたのだ。
コー​​ヒーの栽培をしている貧困国の労働者に適切な費用を支払い、生産、流通する形態を持ち、これを積極的に活用して消費者への社会的責任に対する認知度を高めようとする行為として行われた。しかし、これらの行動は、全体の貿易量の2%ぐらいしか該当がない。
このように企業の自主的な規制に依存する場合、ごくわずかな部分に滞在することしかできない。

結局、企業の自発的な部分のほかに、市民の規制と政府の規制が一緒にされなければならないと主張する。
規制というのは、無条件に制裁を加えるという意味であるためではなく、規制する主体が規制への補償のために共に努力するという意味を持っている。
つまり、市民の意識的な消費と政府規制の企業が呼応ている場合、政府からの多角的な支援により、これらの行為が持続的になるようにすることです。

この本で"企業市民主義"という言葉が出てくる。
企業に社会を構成する市民がのような役割を付与し、これらの役割は、企業本来の経営活動の中で一つと認識しているのだ。
つまり、市民という存在を規定している人間のボンソンイン良心、道徳性などが当然のことのように、企業もこのようなことを当たり前に持つべきだというアプローチである。

このような議論で多くの人々の企業の責任という立場を持って一歩退いて見る傾向がある。
著者はこれに対しても、社会的責任を引き出す3つの主体を明確にすれば私達にも責任と義務があると話している。
消費者、従業員、投資家が3主体が、企業の社会的責任を導くことができる主体とのことだ。
私達がすべてが、企業のリドイルことはできない。しかし、消費者または従業員であるか、投資家であることはできる。
これ以上の善良な指導者がすべての会社の責任者となることを待つのではなく、今私たちがいる場所で私達の責任を果たすことが最も早い道になるということだ。

著者が面白い根拠を持っていることがある。以前の時代よりも社会的責任についての認識を持っているリーダーが増えてきた理由は、彼らは、"企業市民主義"をますます重要視する社会の中で育ったからだという。
つまり私たちの子供たちが立派な人になったり、成功し、長い間その場を維持することを望むなら、彼らに、まず、"企業市民主義"を教えなければならない。

そのようなリーダーを持つ企業のみが最終的には競争で生き残るためだ。そして、それが最も確実な方法であることができないだろうか

この記事をシェアする