Staff BlogShonan

park
湘南店

朴泰赫

人文科学のコンサート1 - 図書出版イスプ

2011/9/30

121 0

人文科学のコンサート1 - 図書出版イスプ

全3巻になっているこの本は、それぞれの分野の専門家とのインタビューの形式を借りて、一冊シプヨミョンの話を盛り込んでいる。
1巻には私たちの人文学の道 - ギムギョンドン(社会学)、ギムギヒョン(哲学)、新しくて不慣れな誘惑、トンソプ - チェジェチョン(生物学)、将来の大学、学問の未来 - ギムグァンウン(政治学)、あふれる教育の情熱、子供の幸せは、- ムンヨンリン(教育学)、人文学的な想像による、宗教、文化を読む - ゾングジンホング(宗教学)、新しい時代の倫理 - ファンギョンシク(哲学)、ホモエロス、愛の探求 - ゴミスク(国文学)、脳はさすがに倫理的なのか - ギムヒョウン(認知科学)、全生命に生まれる - ジャンフェイク(物理学)、森の生命、生命の森 - チャユンジョン(森林生態学)、なぜ本でなければならない - ドジョンイル(英文学)、板オプチコン、その内の権力 - バクジョンジャ(文学)、ユートピアを夢見て - ギムヨウンハン(社会学)
を編んでている。

非常に多様な分野の専門家との対談を通じて、人文学の進むべき道を提示している。

最初の対談で、今一度、人文学が注目されている理由についての話が出てくる。
維新末期にはイデオロギー的な変化を経験しながら私達はどの道を行くかという問題についての悩みが活発化したが、社会主義の崩壊と、米国の一方主義的な理念によって事故が貧困な時期を経験した。そして、どのくらい時間が経って、金融危機にあいながら、その中に歩いてきた道に対する反省とかみ合って関心がよみがえっていると診断する。
私も書店に行けばこの前までは財テク一色だったのベストセラーのショーケースに様々な人文学書籍や幸せに関する本が主流となっていることを容易に見ることができる。
一体、人文学とは何なのか、いわゆるご飯食べさせてくれるでもないが、歴史以来、粘り強く関心を持つようになるのかについても、人間は生物学的適合​​に加えて、より高い次元の充足を必要とし、それが人文学という話をしている。
結局、人文学は、時期的な屈曲は可能ですが絶えず提起されている学問だということだ。
そして、その後の人文学は、他の学問とのコミュニケーションを通じて、さらに発展し、人間社会への代案を提示しなければならないと述べている。

そういうわけで、様々な学問と人文学のつながりや発展方向を探ろうとする意図を持ってこの本を構成するようになったことだと考える。

この本を読みながら、私もよくわからないと感じていた多くの調査では、既に、人文学との接続が行われていることがわかった。

生物学者のチェジェイ教授は、人文学と他学問のトンソプウル主張し、"生物学は生命を理解するには、人文学的解析が必要であるが、見方によっては、生物学の運命"だと話す。
また、物理的な学校の数であるジャンフェイク教授は、"通常の物理学とは、物質現象を研究する学問的に分かっているのに、実際には生命現象にもそのような原理を元に起こる現象です。だから文理学的な原理と接続する必要がきちんと理解できるとします。"と語っている。

結局、すべての学問の理由は、人間的に帰結されるため、最終的には人間にイロプゴジャするすべての行為は、何が有益かを判断して適用する必要があるため、人文学と結合するしかないという結論に到達することになる。

冒頭で、"人文学とは人生の価値を大事にすることだ。文学や哲学や歴史学が今日のご飯を解決してくれないことはできないが、継続的な生活の中でどのような態度でご飯を得なければならないかは、悟らせて与えることができる。"という言葉が書かれている。

"どのような態度でご飯を得なければならないかどうか..."実は私は今を選択した理由であり、ここで一緒にする人々と興味のある根本的な主題ではないかとする。

暮らすのに忙しい一般的な言葉は、もしかしたらどのような態度でご飯を得なければならないかという悩みがなくてではないだろうか

この記事をシェアする