Staff BlogShonan

park
湘南店

朴泰赫

国家は暴力だ - トルストイ

2011/9/30

180 0

国家は暴力だ - トルストイ

トルストイはベクヨニョンジョン人だ。多くの人々が彼を偉大な小説家に覚えている。
しかし、彼は改革家であり思想家としての人生が、もっと重要な人物だ。

当時、西ヨーロッパとロシアでは、数多くの哲学と思想が現れて衝突して、現実で激しく反映されたりしている時期であった。
封建主義の崩壊と資本主義の胎動、社会主義のシジャクドゥン多くの社会的選択肢が乱舞する時期でもあった。
ため、多くの人々も新千年の幻想に導かれて新たな国家を建設への希望を抱いていた。

しかし、トルストイは、その時期に、国家ということを全面的に否定し、暴力を伴うどのような制度も納得しないように全力を尽くして抵抗した。
しかし、すでに新千年の幻想に取りつかれていた社会は、彼の主張を取るに足りないように受け入れた。
もし、その当時、彼の主張に耳を傾けた場合は、20世紀の狂気じみた暴力は経験していなくてもではないかという物足りなさが残る。

彼は無政府主義者だった。我々は、アナキズムの暴力という言葉と一緒に覚えている場合が多い。
しかし、ガンジーにまで影響を与えた非暴力平和主義的アナキズムの"暴力を正当化する国家を暴力的に無力化させることは、もう一つの暴力を認めることであるだけ"という彼の主張を読みながら、歪曲されたアナーキズムによって、国家という暴力集団がさらに強化というのが残念なだけだ。

トルストイは、国家が形成された理由と国家を守る法律、軍隊がポクリョクイルしかない理由を述べている。
多くの人々の国が存在しないか、法律や軍隊がないことを想像もできないと述べている。その理由は、数多くの暴力から身を守るためだという。
しかし、想像することができなかった多くの巨大な暴力は、少数の支配権力のための国から始まった。そして、法が生まれたの根幹は、このように支配し始めた権力の租税徴収から開始し、これを拒否している人に暴力を使用するために軍隊が養成されたというのだ。
彼らが行なう暴力に比べれば、近所の戦いほどの脅威からの保護を受けるために、巨大な規模の軍隊を必要としない。
結局、軍隊は支配権力の野望のために周辺国を侵略し、侵略されるところでは、より巨大な軍隊を養成することになる。
このように形成された暴力の悪循環は、彼らの権力の演劇イルプンインデ彼らの高度な教育とスェヌェジャクオプウルて忠誠が必要となる対象になってしまうというのだ。
結局、国家は私たちを暴力から守ってくれるのではなく、別の暴力を絶え間なく生産する組織であることしかない。ため、彼らの論理に巻き込まれるのは、自ら奴隷生活を選ぶのだと話す。
世界で起こるほとんどの暴力やテロなどの原因を少しだけのぞいて見ても、トルストイのこのような主張はかなり説得力を持つ。

"立憲国家の国民は、いつでも奴隷だ。これは、政府に参加したり、参加することができると想像しながら、彼に加えられるすべての暴力の正当性を確認するためだ。"
このため、トルストイはミンジュジュウイドンサフェジュウイドン国家という形態を志向するすべての思想に反対している。

結局、根源的な暴力の生産拡大をなくす方法は、暴力を正当化する国のいかなる要求にも応じずに参加していないと主張する。

もちろん、今の複雑な社会が形成される前は、時期と条件がたくさん違うことだ。
それでも暴力が正当化することができないし、そのような暴力を認めてもいけないということは、依然として有効である。

もしそうなら、すでに世界的には国家という枠がすでにしっかりと構築されてしまい、国や関連あまりにも複雑なシステムが運用されている状況で、彼の非暴力平和主義を実現する方法はないだろうか?

しばらく前に読んだノームチョムスキーのアナキズムのいくつかのヒントを得ることができないだろうか
国の便利な機能だけを最小限に維持しつつ、国が行う暴力を伴う機能を削除してそのようなものが消滅してしまうと、結局、国家という言葉の存在を抜きにして国家という組織としての機能は不必要になりそうだということだ。

あえてこのような巨大談論を論じないても私達が今できることは、国の名で強行されるすべての暴力に質問をすることだと思う。

特に、分断の現実を経験している私たちは、より津々に悩んでみなければではないだろうか

この記事をシェアする