Staff BlogShonan

park
湘南店

朴泰赫

行きたい道を行け - ローラングネル

2011/9/30

182 0

行きたい道を行け - ローラングネル

バリの有名な賢者と呼ばれるサムチャンソンセングァウイ対話を通じて自分を知っていって人生を生きていくの指標とすることができる話をしてくれる本である。
最近、あれこれ本を読みながら、全く新しい感じをたくさん受けることになる。
新たな事実を知ったというよりは私が今している悩みに対して、時代と空間を問わず、ほとんどの人が悩んでいるという事実だ。
ところが、この前までこのような私の考えが個性的でさらに社会不適応者の姿と考えられた。
ただ、"幸せ"というものを探しているという言葉が誰かには理想主義者にあるもので、だれでもあきれる表情でチョダボギまでしたからだ。
そして、間違いなく、一言ずつアドバイスをしてくれた。もちろん、彼らの言葉が間違っているか、または否定的な言葉ではなかったにもかかわらず、あまり役に立たないことができないと思っていた。たぶん私は心を閉ざしていたのかもしれない。

本書では、自分自身を訪ねて行く方法と、そのために自分の選択を妨害する要素のためのサムチャンソンセンウイアドバイスを親切に盛り込んでいる。
自分の選択を邪魔することは他はなく自分が持ってる創作物による場合がほとんどというの。恐怖や偏見などは起きていないという事実について、自分に与えられた信仰として存在するだけで、少し考えを変えれば、まったく別の現実にな​​ることがあるということだ。
実は幼い頃からたくさん入ってきたお話ではないか?
しかし、なぜ今に来て改めて感じるのだろうか?サムチャンソンセンドすべての答えは自分の中にあると話している。

あえて必要がなかったから。あるいは必要ではなかったのだから。それとも、私ができることがないから。そういうの私の現実が変わるはずがないと思うから。
もちろん、このような理由が存在していたようだ。だがある瞬間からは最後理由が私多く部分を占めしいたようだ。
"すぐに食べていくにも大変で解決しなければならないことが山積みなのに..."という言い訳が簡単な合理化の主な理由だったのではないか
しかし、食べて生きようとする理由と、仕事を解決しなければならない理由は、皆幸せになるための手段だけであって、幸福を撃退する目的ではなかったことをすっかり忘れていたようだ。

結局、最初にすべきことは、私に時間を与えることだったことを切実に感じている。
もちろん、時間だけを与えるとこのようなことに対する悩みをしたのだろうかであれば、それは時間後に戻ってくる現実の悩みたちで、より憂鬱になってそわそわした時間を過ごしたのだ。
それでたくさんの奥地にの旅行を選択するようだ。連絡もだめで、現実にどのような影響を与え、受けることができない場所への旅行は当分の間であっても自分からボトオてから、自分の内面を眺めることができる若干の余裕を提供してくれるからだろう。
それでも皆が来ないとの旅ができるのはないのではないか。私もそのような旅行をして指導ができなかった。

サムチャンソンセンウンこのような私の質問をすでに知っているように本を介して話をしてくれている。
自分を信じてくれる人を探すという。

奥地への旅ではなく、今の現実の中で自分自身を訪ねて行くためにできることは、本当にたくさん存在する。
ちょっと早起きして散歩をすること。時間がある時ごとに本を着実に読んでいる。私がすることから、小さなやりがいでも探して覚えていること。一緒にいる仲間と一緒に笑って楽しむこと。出会う子供たちの目を見て幸せを感じること。知らないことはできないが残念な誰かのために涙を流すこと等。
しかし、大韓民国の40代の男性が自分の口にすることができる話だと考えるのが難しかったのが事実だ。
ので、多分顔が赤くなるガンジロウルことができるこれらのことを支持して貰える人がいるなら、本当に実践して見ることができるということだ。

少なくとも私は今私を支持してくれる多くの人々のおかげでこのようなことを実践している。
そして幸福のパズルを合わせて始めながら、誰かにこのしがない幸せの話をしておきたいなっている。

この記事をシェアする