Staff BlogShonan

park
湘南店

朴泰赫

今日のアフリカ - 白戸ゲイチ

2011/9/30

141 0

今日のアフリカ - 白戸ゲイチ

この本は、アフリカ特派員として4年間勤務した毎日新聞の記者が実際の経験して取材して得られたアフリカの現実を生々しく伝えてくれる本である。
我々は、世界で起こる多くの事件事故に接し、生きている。
ところが、唯一のアフリカにつきましては、膨大な面積と人口にもかかわらず、草原、砂漠、黒い肌、貧困、ネジョンドゥン極めて限定的な事実だけを知っていて、著者がバルヒドゥトが新聞紙上でも数多く取り上げられていない。
この本を読んで、もう一度情報の洪水と表現している現代は、情報のバランスは守られていないんだということを改めて感じさせてくれた。
アフリカでは現在も、毎年数万から数十万の人口が戦争、暴力、飢餓、病気などの理由で、常に死んでいる。ある時は、毎月、米国の9.11テロの時より多くの人口が銃で撃たれ死んでいることもある。

この本ではこのような事態が起こって、アフリカ諸国の現実を直接追いかけながら、発生原因を波に害を与えている。
ところが、ほとんどの理由は、腐敗した政権とその政権を利用して最大の利益を得ようとする外国企業の介入に端を発しているという事実であり、さらにそれが無慈悲な暴力の形態になっていることが衝撃的で​​あるだけだ。
さらに残念なのは、幼い頃からの暴力にさらされた人々が暴力そのものに鈍るながら暴力を当たり前に受け入れているということだ。

このような現象が、仮に我々とは関係のないアフリカだけの問題なのか。
私たちは、彼らの現実の切なさを固めるほどの同情で終わっている。
しかし、我々が使っている石油や鉱物資源(特に携帯電話に必須)、ゴールドとダイヤモンドを使用して数多くの大人たちと子供を殺し、婦女子を強姦して暴力勢力の資金源になっているのが現状である。
そして、それによってもっと利益を得ようとする企業や国が助長している対立に反旗を翻したの闘争は、テロへとつながり、その結果として、全世界がテロの危険にさらされることになってしまった。
先日、ソマリア海賊に拉致され数々の時間の間極甚な恐怖にドルオヤした船員たちを拉致した海賊は、ロシアとアメリカが自分たちの口に合う政権を立てるために無差別に提供された武器で武装している。
そして、彼らが撤退し、残した無政府状態で生きていくための選択としての海賊になっているのだ。

著者は、アフリカの現状を見ながら、無限競争の中で、極甚に表示される貧富の格差による葛藤の原因を捜している。ため、アフリカだけでなく全世界が直面するかもしれない未来を心配している。

"貧困と繁栄は、この二つの世界は、
まったく接点がないように見える。しかし、私は、アフリカの各地で目撃した、現実には、
この二つの世界が不幸にも"暴力"という輪に連結されていた。
全地球的な規模の格差社会が引き起こした連続的な暴力や犯罪を覚悟しても、
無限競争を礼賛する弱肉強食の道に向かって行くのだろうか?
それとも暴力の拡散を防ぎ、資本主義の暴走に歯止めをかけ
命の価値を守ろうと努力するのだろうか?
私達は今、生命の価値をめぐる岐路に立っているのかもしれない。"

著者が異域万里遠い国に関心を持つのはただ、自分の勤務先だからではなく、弾が飛ん爆弾が落ちて隣にいた人々が死んでいく状況で、赤ちゃんを出産した友人の原稿を見ながら感じる人間のエジョンイルする

多分オリヤ語で彼らの空腹と苦痛、そして戦争の救護団体のほのぼのとしたニュースや映画の素材程度しか認識できない人間に対する愛情が鈍った人生を生きていないがされ聞いて見ることになる。

この記事をシェアする