Staff BlogShonan

park
湘南店

朴泰赫

トナドゥン、モムルドゥン - ベルナールオリヴィエ

2011/9/30

127 0

トナドゥン、モムルドゥン - ベルナールオリヴィエ

この本を読むずっと頭がチュピトハゲ立っている感じをずっと感じていた。
私はいつも目標にして探している幸せとはパズルの小片をボテオてくれたからだ。

実際にこの本は、私の年齢の人々ではなく、引退の準備をしていると引退した方々のために書かれたと思う。まだ退職いうにはもう少し時間がある私になぜこの本は、もう感動を与えるのか。
作家が語る引退という言葉は、物理的な時間を離れて私の潜在意識、精神世界に存在する退職という部分に一石をガヘトギだ。

盛んに忙しく熾烈に30代を過ごし、私自身が忙しいことを誇りにヨギョトオトドンようだ。
それとともに、内心どの程度の経済的、位置的安定になるとくつろげること、そしてそのような時間が他の人よりもっ​​と早くなると、その時の私の仕事や人生が全て認められるという幻想を持っていた。
物理的な引退前に私は自らの内面からの私の人生での引退を夢見ていたのだ。
結局、不正な目的意識のために幸せであることが曖昧に霧の中にとどまっていたのだ。

"予定がない人はすでに死んでいる。彼がすべての計画を実現することはできないとしても..."
彼が70歳での計画を話しているのに私は無計画に憧れているわけではないのか?

ため、本を読む始終、私は私に怒られて腹が出た。
"ノームチョムスキー"が話している何もしないの奴隷生活を夢見ていたというのがナヨトダヌンに軽蔑感がかかったからだ。

作家は60歳の引退後にシルクロード12000kmを徒歩で歩き、そこで得たインスピレーションで刑務所に送ら質の青少年たちに、大人と一緒に歩くの社会団体"敷居"を作って活動をしている。ところが、彼がその多くを実現するための目的があって始めたのではなく、引退後に何もしない人生は醜く粘着性ないと考えたからだという。
それで本人がすることができるちょっと易しい行為ウォーキングを選択したとのこと。そして、絶えず動くの行為によって、彼は端や開始を規定するのではなく、生活の中で、着実に自分の幸せを作っていかなければならないという当たり前の事実を行動に移ったのだ。

結局、忙しくて熾烈さの反対は人生を引退したり休みではなく、少しは余裕を持ってゆっくりと、しかし着実に価値のある人生を続けていくということを悟らせてくれている。

"すべての人は社会的に関連する何かを持つべきだということ。人間の巣の中で、自分のすべての機能を享受しながら、すべての人々は非常に小さい部分であっても、他人に貢献しなければならない。経済的であれどうかは、私たちのこの素晴らしい土地を経ていくことに対して対価を払うことを自分に、また他人に証明すること、そして、人間という壁に石や砂の一つ追記することで、自分の痕跡を残すこと。"

しばらく前に読んだ"Love&Free"という本の中で投げられた質問である"Life work"という言葉がもっと明確になる感じだ。
"一生の事業"は、ある瞬間から成って、私に引退を勧めるのではなく、生きているずっとそれに向かって動かしていくとのこと。
そして、それが存在しなければ私が望む幸せな人生を生きて行くことができるとのこと。
今私がしている仕事、職場、そして少しの休憩、このようなすべてのものはそれのために動かされた場合、私の大切な人たちが、そんな私を好んでくれれば、本当に幸せな日々になることがあるようだ。

この記事をシェアする