Staff BlogShonan

park
湘南店

朴泰赫

チョムスキーのアナキズム - ノームチョムスキー

2011/9/30

164 0

チョムスキーのアナキズム - ノームチョムスキー

私はチョムスキーを全くユニークな学者としてのみ知っていた。
初めて彼の本を読んだのは"世界の問いにダプハダ"という3巻本だった。
その本で数々の世界史の中でいろいろな種類の蛮行と欺瞞を行った米国と全世界の権力の実像を完全に暴露しており、私は、少なからぬ衝撃とともに、それに対する関心を持ち始めたようだ。

ところが、今回のこの本でチョムスキーは、無政府主義者であり、また、独自のアナーキズムを持って世の中に対抗していることを知ることになっちょっと違う衝撃を受けるようになった。

アナキズムは、実際には多岐に分かれており、広範な内容を含んでいるため多く混同されている面がなくはない。
たとえば、ほとんど完全に破壊され、真の左派無政府主義と権力の人々にとって有用であることに、まだ存在している右派の自由の持論、米国に存在する国家統制に反対する武装隊に見られる個人主義的な無政府主義論などがあるという
通常は、単に国家そのものを無くさなければならないという内容だけで無秩序と暴力を思い浮かべる人が多いと思う。

しかし、チョムスキーが述べているアナキズムは社会主義と民主主義を一緒に、共産主義と資本主義を一緒に、そして哲学者たちの知識ではなく、民衆の生活を通じて、着実に提起される思想に根拠を置いていると説明する。人間中心主義に基づく彼の無政府主義者は、単純に国家の廃止を話すのではなく、人々が活動して変化を起こすことができる余地がまだ残っている"公的領域"に保持されることもあると前提とする。つまり、権力はのための政府の廃棄を話すことです。

無政府主義は"人間が人間を搾取することに反対"という点で明らかにバンジャボンジュウイダ。しかし、"人間が人間を支配するもの"にも反対する。 "社会主義が実現すれば、自由になったり、あるいは自由が消えたり、二つのうち一つだ。"そういう意味で、20世紀社会主義の失敗は予想されたとしている。

それとともに、現在我々が住んでいる民主主義は資本主義によって、うわべだけの操作可能としている。ただ投票を行使するほか、経済的な民主主義が伴わなけれていないからだ。
"工場は、所有者は、労働者ドゥルイオヤし、それによって発生する利益は、社会が一緒に分かち合うべきである。"まさに、この当たり前の事実を隠して搾取するために、すべての社会制度と規律、法律に至るまで、自分たちの利益に合うように作っておいては、我々は、民主的な社会という偽りのスローガンを叫んでいるということだ。
また、これらは、思想注入システム - マスメディアと公共教育システム、そして、愛国主義のスローガンを適切に活用した - を使用して、民衆を権力から排除、疎外させている。
この理由は、国が資本に依存]にして、ほとんどの機能は、資本を蓄積することに服務しているからだというのだ。
ため、国の適切な機能を維持しながら、資本に依存する機能をなくしていく方法を提案している。

チョムスキーが興味深いのは、単純に哲学的な根拠として、自分の理論を広げるよりは、現実社会で起こる現象と巨大資本主義の矛盾を具体的にパヘチミョンソそれらの不当性を一緒に例を挙げるという点だ。

"約1世紀前に、いわゆるテイラーリズムが産業に導入されました。 ...その主な目的は、労働者をロボットのような存在に変えることです... ...この発想も、国のお金でリスクまで冒し使いながら、簡単にいくつかの実験をすることができる軍隊で初めて出てきました。その後、産業分野に導入され、大量生産と様々なシステムに変換されています。 ...そうするうちに1920年代に来て、いわゆる"現場統制"から"現場の外統制"に拡張することができるということを悟るようになります。つまり、同じように人生の他のすべての領域まで制御することになります...。ロボットになると、生活の皮相的なものに集中することになります。流行している消費行怠慢付いて行くだけで、お互いを守ることにもよりよい環境を作るために協力することにも関心がなく、子供たちにどんな未来を抱かせるのかについても全く関心を払ったりしなくなります。 ...一般の人をただ受動的な消費者にして2年ごとに印を押し代表者を選ぶことにし、それらにそれが民主主義だと教えています。"

彼が話をすることの根幹には、現在、最も完全であると主張している新自由主義下の資本主義に対する強力な批判であり、人間の純粋な自由意志で世界を変えることができるとする人類の希望である。

しばらく前に読んだホンセファ様の思考の座​​標で投げる質問が思い浮かぶ。

"私の考えはどのように私の考えになったのか?"

現実には少しは外で真剣に質問を試みるべきではないだろうか?

この記事をシェアする