Staff BlogShonan

park
湘南店

朴泰赫

考えてしまうの練習 - 小池龍之介

2011/9/30

149 0

考えてしまうの練習 - 小池龍之介

複雑な日常と、尾に尾をかむ様々な悩みの...
実際には僧侶が提案する方法は、私たちも生きてきて、ある程度知っているものです。
しかし、常に紛失したり、度外視しての本で言う"センガクビョン"にかかって住んでいるようだ。
この本は、複雑な頭を冷ましては、一杯の冷たい水のような感じで読まれた。

この本の僧侶は、多くの煩悩が、苦痛な刺激に夢中になったからだと述べている。
後に脳を研究する博士との対談が出てくる動物の脳は痛みを認識するために作られた組織だという。
すなわち、基礎的なすべての神経反応はクドンジャクドン痛みを認知する過程で、そのように収集された情報を使用して痛みをボトオナリョ運動器を作動させるプロセスを持っているという。
その僧侶は、最終的に痛みに勝つ方法として、人間はより大きな刺激と痛みに対応する場合があるが、このようなことは、最終的に煩悩をさらに育てることに過ぎないと述べている。
結局、苦痛を喜びと誤認したり、中毒されたため、良いものと認知するようになるということだ。

ため、"センガクビョン"でボトオ私は方法で、最も基礎的な五感に忠実ように助言している。

本を読みながらお坊さんが提案する方法を少しずつ試して見たが、それなり気持ちがジョトアジムを感じるのは、僧侶の理論を迎えたトゥルリドン私のためのものではなく、意味のない数々の雑念にたくさん苦しんでいるということは確かに分かるようになったようだ。

仏教では、幸せに生きるために高めなければならない4つの感情で、"慈悲喜捨(慈悲喜舍)"を強調するという。
"者"は人を含め、すべての生き物が平和に過ごすにしたい気持ちで、"雨"はガヨプゲ思い、つらさと痛みをなくすとする心であり、"姫"は、他の人が喜ぶときに一緒に喜んでくれるようである。最後に、"社"は、怒りと愚かさを捨てて、平常心を維持する心をいう。

長くそしてまだ尋ねている私の話題である"幸福"については本当に一目瞭然に整理してくれている感じだ。
もちろん、各単語ごとに内包しているものの種類と方法を知って行くが、大きな意味では多分、人間の心を代弁する単語ではないかと思う。

この本で少し面白いものがある場合は、中々、様々な具体的な実践方法をコラムに書いておいたというのだ。
コラム1。呼吸する
コラム2。臭い
コラム3。面白い
コラム4。計画する
コラム5。調理する
コラム6。買う(購入する)
コラム7。待っている
コラム8。休むと遊ぶ
コラム9。自分の

私が欠けているほとんどのものが非常に小さいものが多分最も重要であるとのこと。
そしてそのような小さなものを喪失したにして、最終的に大規模なものまで、すべて失ってしまうことがあるということ。
昨日から少し息をすると感じる、そして笑顔作りを練習している。
そのためか、今日はちょっとドウムが減るようなことはただの天気のためだけではないようだ。

この記事をシェアする