Staff BlogShonan

Masashi Kuroki
湘南店

黒木 昌史

宇宙の端っこってどうなっているかって知っていますか?

そんなの誰にも分からないですよね。
そんな分からない事を日々想像している人間です。
小さい時に本屋で見たUFOとネッシーの本がそんな自分を作ったはじまりです。

写真を愛し、ギターを愛すバンドマンでもあります。
みんなを笑顔にすることが自分の生きる糧となっています。

I'm Rock

『 月刊 バンドマン 』 04

投稿日:2020/4/29

326 1

この「月刊 バンドマン」では、自身もミュージシャンの端くれでありバンドマンでもある私が独断と偏見で選んだバンドやミュージシャン達をざっくばらんに紹介し、褒めたり褒めなかったりするページです。

合わせて、「このバンドの一曲」として是非聴いてもらいたい曲も紹介していきます。

通勤通学などの電車での一駅間、みなさんが音楽と触れ合うきっかけとなってくれれば嬉しく思います。

 

                 

皆さんこんばんは!今日も懲りずに『月刊バンドマン』始めます。

四夜目となる今回は、今までとは打って変わって知名度がガクンと下がるであろうバンドJane’s Addiction(ジェーンズ アディクション)です。

少々マニアック目なバンドですが、このバンド知ってるよ!って言う人は是非コメントして下さい。

 

まず、1985年結成のアメリカ カリフォルニア州出身のオルタナティブロックバンドで、1988年にメジャーデビュー。

その後、二作目となるアルバム「リテュアル•デ•ロ•ハビテュアル」が大ヒットとなりますが1991年に解散してしまいます。

         

Ritual De Lo Habitual

 

そこからは洋楽ロックバンドあるあるですが、ソロ活動をしたり、メンバーをちょこちょこ変えて活動再開と休止を繰り返します。

そんな中、日本の野外音楽フェス「フジロック2002で初来日!

(もう18年も前の事ですが。。。)

当時、自分が組んでいたバンドメンバー達とこぞって観に行きました。

私自身、このバンドにはめちゃめちゃ影響を受けていてその時のフジロックはもう行く前から大興奮でした。

その年のヘッドライナーは「レッドホットチリペッパーズ」でジェーンズはトリ前の出演でした。

18年経った今でも一曲目が始まった時の興奮は忘れられませんね。

 

そしてジェーンズとレッチリ、この二つのバンドは関係がない訳ではなく、むしろ色々と関係しているんです。

先ずはジェーンズのベーシストが脱退後、レッチリのベーシスト「フリー」がベース、トランペットで一時加入。

そのだいぶ後、レッチリのギタリストであるジョン•フルシャンテが一時抜けた時にはジェーンズのギタリスト「デイブ•ナヴァロ」が一時加入したりとある種メンバー交換みたいな事もしていたんです。

そしてレッチリにジョンが戻った時、ジェーンズとレッチリは険悪な関係になったとささやかれていてちょうどその時期のこの二つのバンドの来日ということでそういう意味でも歴史的な日でした。

 

そんなジェーンズのメンバーは、

Vo.ペリー•ファレル

Gt.デイブ•ナヴァロ

Ds.スティーブン•パーキンス

 

Vo.のペリー•ファレルは、透き通るようなハイトーンボイスと言いましょうか独特の声をしたヴォーカルで、とにかく楽しそうにライブをする人です。

それもそのはず、ステージドリンクはまさかのワイン!

終盤は少々顔を赤らめて酔っぱらい気持ち良さそうに歌っていました。

    

 

Gt.のデイブ•ナヴァロはとにかくあからさまなナルシスト。

         

インタビューやライブパフォーマンス、どれを取ってもナルシスト感を感じさせるギタリストです。

でも演奏に関してはそれほどテクニカルギター!という訳でもないのでどこか近づける感があってプレイヤーとしても親しみやすく感じます。

音楽ジャンルとしては先にも言いましたがアメリカ オルタナティブロックになるのですがその一言でまとめてしまってはもったいない、というかまとめてしまってはならない音楽性がこのバンドにはあるんです。

それは、基盤はロックでありながらも民族音楽やサイケデリックなテイストがふんだんに散りばめられているサウンドだからです。

リズムや音使い、声の音域や雰囲気などがそれをかもし出している様に思われます。

 

結成した年から数えると35年。

でもバンドとしての活動期間はそれほど多くないので出している音源も多いとは言えません。

ですがそれぞれのソロアルバム含め、どのアルバムもとても聴き応えがあるものばかりなので是非皆さんも聴いてみてください。

因みに昨年の2019年には18年ぶりとなるペリーファレルのソロアルバムが発売されています。

                                               

 

おすすめのアルバム

Jane’s Addiction

「リテュアル•デ•ロ•ハビテュアル」Ritual De Lo Habitual 

「ケトル•ホイッスル」Kettle Whistle

Perry Farrell

「Rev」

 

おすすめ曲

「Stop」「Ocean Size」「MOUNTAIN SONG」「Up the Beach」などありますが、ジェーンズはPVでも服を脱いでしまっていたりするので、、、私も行ったFUJI ROCK 2002の一曲目から「Up the Beach」のライブを「このバンドの一曲」とさせていただきます。

ご清聴ありがとうございました。

                      

Jane’s Addiction「Up the Beach」

 

 

 

 

この記事をシェアする