Staff BlogShinyokohama

momo.
新横浜店

松元桃花

ライフスタジオNo.1の自称おしゃれ番長、ももちゃんです!
コーディネート、ヘアメイク、デザイン、アトラクションのように楽しませること。
おまかせください^^
私の魔法で、新しい自分に出会えること間違いなしっ!

出身は鹿児島で、パンと温泉が大好きです。
性格はまったりマイペース気味ですが、
「誰よりも楽しく温かく」をモットーに、
素敵な思い出の欠片と空間をお届けできるよう、
一生懸命頑張ります!

皆さんに会えるのを心から楽しみにしています。

宇宙兄弟 今いる仲間でうまくいく チームの話を読んだ感想

2019/9/27

91 0

宇宙兄弟 今いる仲間でうまくいく チームの話

 

こんにちは!ライフスタジオ新横浜店のももちゃんです^^

 

今回の本はこちら!

漫画 宇宙兄弟を題材に、自分たちだけの理想の組織は何か

どのようにチームづくりをしていけば、成長できるかについてわかりやすく書かれています。

 

仕事を通じてチームを育む16の条件

協働=

一人では達成できない、協力せざるえない、メンバー同士で仕事を通じて何を共有したか明確になっている、対話を通じてお互いの意見を共創できる

 

状況設定=

制限(お金時間道具人材)が明確、テーマを体感・実感できる、振り返りの観察の機会が十分にある、なぜやるのかが明確

 

目標=

ゴールが明確、目標と指標を自分たちで決定できる、再チャレンジができる、現実と理想のギャップが明確

 

フロー=

参考にできる事例が少ない、最初の時点では達成できるかどうか不明、難易度が調整できる、フローが体験できる

 

この条件に当てはまる項目が1つでも多いほうが良いチームになりやすい!

 

 

4つに分かれるリーダースタイル

 

・ファシリテーター型(支援と促進が得意)

・マエストロ型(職人肌で成果を出すのが得意)

・ティーチャー型(教えて諭すのが得意)

・コンサルタント型(専門的な知識でけん引するのが得意)

 

チームワークとはお互いの凸凹を活かすこと、違うタイプのリーダースキルをもつ人材を同じチームにかけあわせることで、無敵のチームを作る!

リーダーは一人ではなく、メンバーがそれぞれリーダースキルをもった人材であることが重要。

 

チームの成長には4つの段階がある

形成期:フォーミング

チームが結成されたばかりで、お互いのことも何をするかもわかっていない。あたえられた目標に向かって行動する

→目標を明確にし、コミュニケーションの量を増やす。お互いのマインドセットが違うことを全員が理解している状態をつくる

 

試行錯誤期:ストーミング

本音の意見がぶつかり、対立や衝突が起こる。パフォーマンスが落ちる。

→フィードバックで現状を確認し、対話の時間をもつ、肯定で伝える

 

規範期:ノーミング

情報共有が進んで役割とルールが明確になり成果がではじめる

→小さな成功体験を積み重ねる。役割と目標、ゴール設定を明確にし、与えられた条件ではなく、自分たちで生み出した条件で成果をだす

 

達成期:トランスフォーミング

あうんの呼吸でうごけるようになる

→成功したときこそメンバーで振り返りをする

 

チームの発達段階の概念をメンバーで共有しておくことで、今自分たちはどのあたりにいるのかを意識することができる。

 

チームを動かす「しないこと」20個

・同じことを同じようにさせない

・選択肢を奪わない

・コントロールしようとしない

・罰で脅し、褒美で釣らない

・答えがわかっていることを質問しない

・盛り上げようとしない

・こうしなければならないと決めつけない

・感情は隠さない

・引っ張りすぎたりおしすぎたりしない

・流れに逆らわない

・与えすぎたり教えすぎたりしない

・失敗と再挑戦の機会を奪わない

・試行と思考の機会を奪わない

・干渉したり割り込んだりしない

・求められていないのにアドバイスしない

・相手の志向を否定しない

・断定しない

・裁かない

・相手の感情と自分の感情を混同しない

・相手が答えを見つける機会を奪わない

 

今いる仲間とうまくいくためには、「FLAT」にいることなのではないかと思います。

ほどよい距離感で、楽しく仕事をするために、

どんな意見も受けいれ、無理に引っ張ったりおしたりせず、現状のチームを観察して、必要な役割を見つけていくことが最初にできるステップだと思います。

 

ひとにやさしく、じぶんもみんなもたのしく。

そういうチームを作れるよう、これからも努力していきたいと思います^^

 

 

この記事をシェアする