Staff BlogShinyokohama

momo.
新横浜店

松元桃花

ライフスタジオNo.1の自称おしゃれ番長、ももちゃんです!
コーディネート、ヘアメイク、デザイン、アトラクションのように楽しませること。
おまかせください^^
私の魔法で、新しい自分に出会えること間違いなしっ!

出身は鹿児島で、パンと温泉が大好きです。
性格はまったりマイペース気味ですが、
「誰よりも楽しく温かく」をモットーに、
素敵な思い出の欠片と空間をお届けできるよう、
一生懸命頑張ります!

皆さんに会えるのを心から楽しみにしています。

Butterfly05 楽しみの空間を表現していくこと

2019/6/5

162 1

 

こんにちは!ライフスタジオ新横浜店のももです^^

今日は先日再会することができた

大切なファミリーについて書きたいと思います。

 

 

Ishiiファミリーとの初めての出会いは、昨年の9月のことでした。

元気いっぱいの2歳のReireiと

まだ小さくて、それでも一生懸命頑張ってくれたakoちゃん。

そして、初めてお会いした時から、本当に暖かくて気さくなママさんパパさん。

 

撮影では、家族みんなでサングラスをつけたり、

手作りのクレイケーキやTシャツを持ってきてくれたり、

それから、Reireiがはまっているカーズのおもちゃと一緒に遊んだり

写真にお子様がこの時好きだったものや、みんなで思い出を残したい!

という暖かいママさんやパパさんの想いと

その撮影空間を私は忘れることができませんでした。

 

そして、約半年後Ishiiファミリーのお名前が予約に!!

 

また会える!!そんな嬉しい気持ちになりました!

私が撮影を担当したい!メンバーにそう伝えたのですが、

どうしてもその日はスケジュール上難しく、他のメンバーが入ることとなりました。

少し残念に思いましたが、ご挨拶だけでも伺おう!と

思っていた矢先、なんと日程が変更に!

その日なら私も撮影を担当できる!

 

これは何かのご縁かもしれない・・・・

もっと仲良くなりたい!

 

「今度こそ、このご家族さま担当させてください!」

私は、自ら立候補させていただきました。

 

そうして、再会することができました^^

「お久しぶりです!」

少しドキドキしながら、玄関を開けると

変わらず明るくて気さくなママさんパパさん

そして、あの時ベッドでゴロゴロしているのがやっとだったakoちゃんは

スタスタ~~~と歩き回っていました!

Reireiはものすごくしゃべるようになっていて、

そしてコミュニケーションが上手になっていました!

 

勝手にIshiiファミリーに会いたかった私は、

感動のあまり、親戚のおばさんのように二人を見つめては、

成長を実感していました。笑

 

撮影は、前回よりものすごい運動量となりました!笑

(なぜならakoちゃんもReireiも超元気!超パワフル!)

 

撮影自体の空間がとても楽しくて、笑いの絶えない撮影でした。

ママさんパパさんもとても協力していただいて、

私達とお子様で写真を撮影している、というよりは、

 

そこにいる全員が一緒に思い出を作っているような

そんな素敵な空間でした。

 

写真を見て、その時の思い出が蘇ってくるような、

そんな楽しい時間に、少し寂しい気持ちもありながら、

笑顔でまた今度。といつかの約束をして別れました。

 

後日、インスタでもゲストストーリーでも、本当に嬉しい言葉をかけてくれていました!

 

勝手に私が会いたくて、そして関係を繋げたくて。

私は、ママさんの太陽のようなお人柄に、

パパさんの優しくて朗らかなそのお人柄に、

Reireiの無邪気なその笑顔とユーモアに、

akoちゃんのキュートさに、

Ishiiファミリーの人間的な魅力に惹かれ、ファンになり、そして尊敬しています。

 

とても素敵な出会いに対して、私達が何を提供できるのか?

どうすればもっともっと喜んでもらえるのか?を考えて行動し、

そして、今、私が感じている想いをIshiiファミリーに伝えておきたい。

そんな気持ちが今、この文章を構成しています。

 

 

良い写真や笑顔の写真を提供することはもちろんですが、

それ以上に、ご家族さまとの一期一会の縁を大切にして、

 

楽しみの空間を表現していくこと。

 

そんな形があるようで、ないような、

曖昧で儚いものだからこそ、私達の仕事には価値があると思っています。

 

写真は生きる上で、必要不可欠ではありません。

そして、人間は記憶することはできても、

全てを覚えていることはできません。

どんなに美しくて楽しくても

人間が忘れてしまう生き物だからこそ、

写真が確かにその時の感情が存在している

エビデンスになると思っています。

 

そんな感情がよみがえるような、楽しみの空間を表現していくことは、私たちの使命です。

 

そのやり方に、正解はないのかもしれません。

 

それでも、目の前のご家族さまに全力で向き合い、考え、想いを伝え、ご縁を繋いでいくこと。

それが【楽しみの空間を表現していくこと】への第一歩だと、

そんな大切なことを教えてくれたのがIshiiファミリーです。

 

 

 

 

 

この記事をシェアする